減反政策 ニュース&Wiki etc.

減反政策(げんたんせいさく)とは、戦後の日本における、米の生産調整を行うための農業政策である。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「減反政策」のつながり調べ

  • 自脱型コンバイン

    自脱型コンバインから見た減反政策

    また、1970年(昭和45年)頃より始まった減反政策により、水稲から大豆・小麦・ソバ等への転作が増え、それら多種類に対応可能な汎用型コンバインも開発され、利用されている。(自脱型コンバイン フレッシュアイペディアより)

  • 日高支庁における競走馬の生産

    日高支庁における競走馬の生産から見た減反政策

    日高振興局が日本一の馬産地として認識されるようになったのは戦後のことである。1970年に減反政策が開始され、その後まもなく第一次競馬ブームが起こると、それまで零細な規模で稲作を行っていた農家の多くが水田を牧草地に転作し、競走馬の生産を行うようになった。一方、戦前に軍馬や農業馬の産地として有名であった他の馬産地は宅地開発や土地高騰の影響による牧場用地の確保困難や、馬産の大部分を占めていた軍馬・農耕馬の需要の消滅によって衰退した。日高振興局における農業生産額に占める競走馬の割合は1965年には22%であったが、1970年には63%に上昇し、それ以降60?70%を維持し続けている。(日高支庁における競走馬の生産 フレッシュアイペディアより)

「減反政策」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「減反政策」のニューストピックワード