減反政策 ニュース&Wiki etc.

減反政策(げんたんせいさく)とは、戦後の日本における、米の生産調整を行うための農業政策である。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「減反政策」のつながり調べ

  • 弥富市

    弥富市から見た減反政策

    台風後は治水設備も大幅に強化され、洪水の危険性は減少した。一方で、縦横に流れていた水路の多くが埋め立てられ、水郷地帯としての風景も様変わりした。高度成長期と並行して耕地整理や道路事業・公共施設建設・団地開発ラッシュが進み、主力産業のひとつであった漁業や海苔養殖はほぼ消滅した。昭和40年代に減反政策が行われると町内多くの農家が弥富金魚の養殖業に転業し、昭和50年代に生産量はピークを迎えた。一方で、産業の発展や人口増加に伴い地下水の揚水量が著しく増加すると、町内で地盤沈下現象を起こし、問題となった。また町北部では、名古屋大都市圏のベッドタウンとしての需要が高まり、田畑や金魚の養殖池を埋め立て宅地開発が行われた。(弥富市 フレッシュアイペディアより)

  • 大迫ダム

    大迫ダムから見た減反政策

    1950年(昭和25年)紀の川の利水に関する奈良県と和歌山県両知事によるプルニエ協定が成立し、現地点にダムを建設し水源とする事で調整が図られた。だが、実施計画調査におけるダム堤高・貯水容量は様々な思惑もあって迷走を続けた。1953年(昭和28年)の当初計画では89.0mであったが翌1954年(昭和29年)には58.0mに低減。その後1958年(昭和33年)には68.0mと10m高くなり、更に翌1954年(昭和34年)には伊勢湾台風による紀の川の大水害を受けて洪水調節機能の付加が論じられ、それに伴って87.0mと更に高くなり、貯水容量も前年計画の4倍に膨れ上がった。この様に計画が迷走した背景には、治水・利水目的の加除に対する農林省・建設省の連携不備や伊勢湾台風による緊急的治水対策、減反政策による農地灌漑面積の変更など複雑な要因が絡み合っていた。(大迫ダム フレッシュアイペディアより)

「減反政策」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「減反政策」のニューストピックワード