2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
102件中 91 - 100件表示
  • 宍道湖

    宍道湖から見た減反政策減反政策

    水質の悪化により1959年以降遊泳禁止となっている。1974年に中浦水門建設が始まり淡水化事業が始まったが、アオコの発生被害やシジミの減少などの報告を受けて環境破壊を懸念する声が多かったこと、また、減反政策が進む中、淡水化を実施しても淡水の用途に疑問があることから1988年に淡水化が延期され、2009年に一度も水門として機能することなく撤去された。宍道湖 フレッシュアイペディアより)

  • ため池

    ため池から見た減反政策減反政策

    明治以降は先進的な西洋技術が大量に導入され、それまでよりも長い水路や巨大なダムが造られはじめたことでため池の中でも小さなものは必要性が薄れて放置される例が多くなった。また減反政策や農業従事者の高齢化の進行は必要とする池をさらに減らし埋め立てられて学校や住宅地、工場用地、ゴルフ場などへと変わっていった。農業に従事する人が減り、ため池を管理する人間がいなくなったことで放置され整理されたところもある。しかし灌漑以外での池の価値も見直され、貯水機能を農業以外に転用したり文化遺産と位置づけて維持される例も見られるようになった。ため池 フレッシュアイペディアより)

  • 光明池

    光明池から見た減反減反政策

    堤防は2箇所あり、北側の本堤防は高さ約26m、長さ約350m、南西側の副堤防は高さ約18m、長さ約130mある。水深は最深部で約20mある。最盛期には約1,700haの灌漑を担ったが、減反政策等により現在の灌漑面積は約300ha程度。上水道の水源としても利用されている。光明池 フレッシュアイペディアより)

  • 中止したダム事業

    中止したダム事業から見た減反政策減反政策

    ダム事業は1950年(昭和25年)の国土総合開発法に基づく「河川総合開発事業」や1962年(昭和37年)の水資源開発促進法に基づく「河川水資源開発基本計画」に沿っている場合も多く、そのためこれらの法律が施行された1950年代?1960年代のいわゆる高度経済成長期に計画されたダムも多い。こうしたダムでは当時の水需要に沿った計画がなされたまま事業を進めているダムも多く、水需要の変化した現在ではかえって不要・過剰な供給であることも指摘されている。かんがい用ダムについても、減反政策や第一次産業人口の減少、農業施設合理化等に伴う耕地面積の縮小により当初予測より農業用水の需要が減少する傾向が見られた。こうしたことから現在の需要と照らし合わせて実情にそぐわない事業に関しては、計画見直しに伴う事業中止もある。中止したダム事業 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋市

    船橋市から見た減反減反政策

    近郊農業。谷津田が少なく、平地は商業地や宅地化が進み、丘陵地での畑作中心となる。農産物産出額のうち、野菜・梨の産出額がほとんどを占める。千葉県は北海道に次いで全国第2位のにんじんの生産量を誇るが、船橋市におけるにんじんの生産量は県内第1位である。稲作については東京近郊であることもあり、農家の高齢化と共に稲作の重労働、米価の下落により、減反でなく休耕田化するケースが増えている。船橋市 フレッシュアイペディアより)

  • 2018年の日本

    2018年の日本から見た減反政策減反政策

    2017年に終了した日本の減反政策により、2018年以降の減反参加では国から補助金が降りなくなる。2018年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 田瀬ダム

    田瀬ダムから見た減反政策減反政策

    田瀬ダムでは当時の稗貫郡と和賀郡、いわゆる稗和地区および江刺地区の北上川・猿ヶ石川流域に対して、最大で毎秒9トン、平均で毎秒5トンの農業用水を農繁期に供給。新規開墾分を含めて9,440.96ヘクタールに対して灌漑を行う。用水はダム本体傍の猿ヶ石北部取水施設と貯水池上流部の猿ヶ石南部取水施設より各地域へと送水される。現在は減反政策などによる農地面積縮小などにより5,950ヘクタールの農地に用水を供給しているが、石淵ダムに次いで灌漑補給面積が広く現在においても花巻市、北上市および奥州市江刺区に広がる農地の重要な水がめとなっている。田瀬ダム フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター

    ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクターから見た減反政策減反政策

    本来は水田に住む大人しい妖怪だったが、田が少なくなった為ヘドロに住む様になり凶暴化した(田を奪われた理由は原作で基地建設、アニメ第2,4作で減反政策、第3作で新幹線開通、第5作で宅地造成とシリーズにより様々)。口から粘着性の熱い泥を吐く。真水によって再生するらしく、一度は鬼太郎により粉々にされたが、雨が降った際に復活した。逆に乾燥には弱い。原作では基地建設で弾圧された農民達の怨霊だった為その慰霊碑を建て直し、アニメでは住む水田を人間の有志が確保する事で鎮まった。ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • 日本の農業

    日本の農業から見た減反政策減反政策

    1970年 - コメ余りが表面化し、減反政策が始まる。日本の農業 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松広隆

    赤松広隆から見た減反政策減反政策

    2009年12月8日の閣議後の記者会見で、農家に対する農業者戸別所得補償制度について「今までの仕組みと180度違うということが地方では理解されていない」として、佐竹敬久秋田県知事や自民党所属の秋田県議会議員を名指しで批判したうえで、農水省の減反政策に協力せずに米を生産している農家が多い秋田県南秋田郡大潟村については「秋田県などが2010年産米の生産割り当てで大潟村にペナルティーを科した場合、秋田県全体を戸別所得補償制度の対象から外す」と発言し、物議を醸した。赤松広隆 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
102件中 91 - 100件表示

「減反政策」のニューストピックワード