102件中 11 - 20件表示
  • 斉勝川

    斉勝川から見た減反減反政策

    上流では丘陵地でV字谷を形成し、途中の池二つを抜けると河岸段丘崖下の際を流れる。河岸段丘面は、農地または市街地であるが、近年、減反政策の影響で農地指定が解除され、市街地化が急速に進んでいる。斉勝川 フレッシュアイペディアより)

  • 中木ダム

    中木ダムから見た減反政策減反政策

    中木ダムは、1951年(昭和26年)に着工し、1959年(昭和34年)に完成した。当初はかんがいを主に、副次的に砂防を目的とする群馬県営ダムとして建設されたが、コメの生産調整や、昭和初期の生糸価格暴落によって一時は衰退した養蚕業の再興を背景に、その需要見通しを下方修正せざるを得なくなった。そこで、群馬県は1979年(昭和54年)4月、中木ダムを碓氷上水道企業団(現・安中市上下水道部)に譲渡し、上水道用ダムに転身させた。中木ダムの水は久保井戸浄水場に送水され、地域に配水されている。中木ダム フレッシュアイペディアより)

  • 四捨五入殺人事件

    四捨五入殺人事件から見た減反政策減反政策

    井上ひさしは作中の人物に、農民以外の者にとって、農民の価値は必要に応じて変わるが、一や二の四以下であって五や六ではない、と語らせており、これが題名の由来であると考えられる。その農民に関わる話題として、農業の機械化政策によって、機械製造業・化学工業に国内市場を作り出し、余った農村労働力が高度成長を支え、付加価値の高い農作物への転換を促したとしている。しかし、減反政策により農家の農産収入と農外収入の比が3:7となったこと、工業製品を輸出するために麦を400万トン輸入していること(米は600万トン余っているのに)、付加価値の高い農作物は生産過剰になり易く、やがて貿易自由化される作物であることが現状として紹介されている。そしてその問題の責任者として、1.『国際分業論』を唱える大企業の経営者、2.『米は高い』という日本国民、3.無関心な日本の知識人を挙げている。四捨五入殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 農業政策

    農業政策から見た減反政策減反政策

    このような国家では、農産物の買い上げや輸入の制限、生産量の調整(減反政策など)を行うことで食糧価格を高く維持する政策や、農地の固定資産税などの税負担を低減したり非農業部門で得た税収を補助金などとして農業部門に投入する政策がとられることとなる。農業政策 フレッシュアイペディアより)

  • 転作

    転作から見た減反政策減反政策

    1970年代以降の日本においては、米余り現象への対策として減反政策が採られ、水田からの転作地には転作奨励金を補助する一方、目標面積分の転作を達成することを稲作の補助金の支給の条件とすることなどによって、半ば義務的な転作が進められた。転作 フレッシュアイペディアより)

  • 主食

    主食から見た減反政策減反政策

    日本では、戦後の高度成長期から1970年(昭和45年)以降の米あまりの時代を経て、現在では米が主食の地位を占めている。主食 フレッシュアイペディアより)

  • 農林水産省直轄ダム

    農林水産省直轄ダムから見た減反政策減反政策

    こうした経緯により、現在施工・管理されている農林水産省管理ダムは一部を除き、概ね灌漑専用ダムとなっている。しかし減反政策や第一次産業人口の減少により農業用水の余剰化が問題となっており、永源寺第二ダム(愛知川・滋賀県)のように「ムダな事業」として批判を受けているダム事業や、農業用水の不法転用問題が表面化している。また大蘇ダム(大蘇川・大分県)のように施工ミスが原因の運用問題など、課題も抱えている。さらに中止したダム事業も少なからず存在しており、「公共事業」に近い性格である土地改良事業に基づく農林水産省直轄ダム事業は、他のダム事業と同様に岐路に立たされている。農林水産省直轄ダム フレッシュアイペディアより)

  • 檜垣徳太郎

    檜垣徳太郎から見た減反減反政策

    愛媛県松山市出身。旧制松山高校を経て1941年(昭和16年)東京帝国大学卒業。農林省に入省、畜産局長、官房長、1968年(昭和43年)食糧庁長官を経て、1969年(昭和44年)農林事務次官。官僚時代には自主流通米制度の創設や減反政策に指導力を発揮した。檜垣徳太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 勝沼町

    勝沼町から見た減反減反政策

    江戸時代後期においてブドウ栽培は勝沼の一部でしか行われなかったが、明治初期の山梨県令・藤村紫朗の主導した殖産興業政策においては果樹栽培やワイン醸造業が奨励された。1877年(明治10年)には日本葡萄酒会社が設立され、フランスへも伝習生を派遣して醸造技術やワイン醸造に適した葡萄の栽培や品種改良に取り組んだ。明治20年代から明治30年代にはブドウ栽培農家も増加し、宮光園をははじめ多数の醸造会社も設立された。醸造用品種の品種改良や栽培技術の改良、販売方法など様々な試行錯誤が実施された。戦時下においては減反政策が行われたこともあったが、戦後に飛躍的に発展した。勝沼町 フレッシュアイペディアより)

  • 中池見湿地

    中池見湿地から見た減反政策減反政策

    もともとはスギの巨木が生い茂る湿地だったが、江戸時代の新田開発によりほぼ全域が水田となった。その後の減反政策で休耕田が増えその地を大阪ガスが買収したがほぼ放置状態であった為、現在のような多様なモザイク状の生態系が形作られた。その後2005年に敦賀市に寄付された(詳しくは下記)。中池見湿地 フレッシュアイペディアより)

102件中 11 - 20件表示

「減反政策」のニューストピックワード