80件中 21 - 30件表示
  • 転作

    転作から見た減反政策減反政策

    1970年代以降の日本においては、米余り現象への対策として減反政策が採られ、水田からの転作地には転作奨励金を補助する一方で、目標面積分の転作を達成することを稲作の補助金の支給の条件とすることなどによって、半ば義務的な転作が進められた。転作 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲そば

    出雲そばから見た減反減反政策

    松江市には玄丹そば(げんたんそば)と呼ばれるそばがあるが、これは1997年(平成9年)より減反によって休耕していた松江市郊外の田(減反田)を用いて育てられたそばで、基本的には出雲そばから派生したものである。名前は江戸時代の末期に松江藩を救った玄丹(げんたん)お加代という女性にあやかってつけられた。出雲そば フレッシュアイペディアより)

  • 蒼茫の大地、滅ぶ

    蒼茫の大地、滅ぶから見た減反政策減反政策

    6月25日、野上は5県知事と共に岩手放送会館のスタジオに入る。野上がマイクを通して、東北を去った150万人の難民に、そして東北中の人々に語りかける。……戊辰戦争では奥羽越大同盟を結んで戦うも、農民の協力が得られず、敗れて中央政府の隷属となった東北諸藩。山林を国有林にされ都会で低賃金で働かざるを得なくなった農民達。東北出身者は郷里で食えるからと解雇される差別。身売り、娘売り。最上婆ァと呼ばれる子買い。満州への移民。やがて東北地方に工場が建てられ経済が成長した半面、稲作は減反が命ぜられ酪農家は輸入飼料を買う。もう中央政府に幻想を抱いてはならない。我々は日本国から独立する。故郷に戻れば食糧を保証する。若者は最寄りの守備隊へ加わるように……。東京都の手前で足止めされていた難民がラジオでこれを聞き、北へ戻り始める。蒼茫の大地、滅ぶ フレッシュアイペディアより)

  • ため池

    ため池から見た減反政策減反政策

    明治以降は先進的な西洋技術が大量に導入され、それまでよりも長い水路や巨大なダムが造られはじめたことでため池の中でも小さなものは必要性が薄れて放置される例が多くなった。また減反政策や農業従事者の高齢化の進行は必要とする池をさらに減らし埋め立てられて学校や住宅地、工場用地、ゴルフ場などへと変わっていった。農業に従事する人が減り、ため池を管理する人間がいなくなったことで放置され整理されたところもある。しかし灌漑以外での池の価値も見直され、貯水機能を農業以外に転用したり文化遺産と位置づけて維持される例も見られるようになった。ため池 フレッシュアイペディアより)

  • 中止したダム事業

    中止したダム事業から見た減反政策減反政策

    ダム事業は1950年(昭和25年)の国土総合開発法に基づく「河川総合開発事業」や1962年(昭和37年)の水資源開発促進法に基づく「河川水資源開発基本計画」に沿っている場合も多く、そのためこれらの法律が施行された1950年代?1960年代のいわゆる高度経済成長期に計画されたダムも多い。こうしたダムでは当時の水需要に沿った計画がなされたまま事業を進めているダムも多く、水需要の変化した現在ではかえって不要・過剰な供給であることも指摘されている。かんがい用ダムについても、減反政策や第一次産業人口の減少、農業施設合理化等に伴う耕地面積の縮小により当初予測より農業用水の需要が減少する傾向が見られた。こうしたことから現在の需要と照らし合わせて実情にそぐわない事業に関しては、計画見直しに伴う事業中止もある。中止したダム事業 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本農民組合連合会

    全日本農民組合連合会から見た減反減反政策

    かつては生産者米価引き上げ交渉や減反交渉・空港や高速道路・新幹線などの建設にともなう農地収用をめぐって農民団体の一つとして反対闘争を率いた。最近では、米のミニマムアクセス廃止や環境直接支払い制度創設・農業課税や土地改良費用の軽減・農業資材価格引き下げに取り組んでいる。また、高圧送電線下農地の被害補償の獲得では環境保護団体と、出稼ぎや賃労働兼業農民の労働問題では労働組合などと協力関係にある。食料自給率引き上げを求め、産地直送や直売の拡大といった、商業者・流通業者を介さない販路の開拓も行っている。全日本農民組合連合会 フレッシュアイペディアより)

  • 仁井田 (秋田市)

    仁井田 (秋田市)から見た減反減反政策

    その名の通り、江戸時代の新田開発によってできた穀倉地帯で、米どころ秋田が誇る農業地域であった。米のほかに大根や秋田蕗の名産地でもあり、地元の学校の校章には蕗の葉が使われている。近年は減反や農業不況から農地は年々減り、宅地化が進んでいる。一部はスプロール現象的な開発によってできているところもある。ニュータウンやベッドタウンの色合いも強い。仁井田 (秋田市) フレッシュアイペディアより)

  • 河北潟

    河北潟から見た減反政策減反政策

    第二次世界大戦後、内灘試射場問題で内灘村(現在の内灘町)は見返りとして河北潟の干拓事業を要求。1963年から農林水産省による国営事業として行われ、約1100haの農地が1985年に完成した。しかし既に農業は減反政策の時代に移っており、このため現在も未入植地が多く残る。河北潟 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤淳

    斉藤淳から見た減反政策減反政策

    これは、新幹線など社会インフラは、完成後は公共財として投票行動や自民党議員への支援と関係なく誰でも利用できるからである。反対に、土地改良事業利権・ダム建設(土地改良事業の一つである農林水産省直轄ダム含み、業者の選定に影響力を及ぼすことができる)・減反政策などでは、単年度毎に補助金等分配金に裁量を発揮することが可能なため、(新幹線延長と異なり)自民党の集票を実現するものだと主張した。斉藤淳 フレッシュアイペディアより)

  • 戦後開拓

    戦後開拓から見た減反政策減反政策

    と同時に、1975年(昭和50年)度からいわゆる減反政策が開始された。戦後開拓 フレッシュアイペディアより)

80件中 21 - 30件表示

「減反政策」のニューストピックワード