102件中 31 - 40件表示
  • 北条米

    北条米から見た減反政策減反政策

    第二次世界大戦後は、米の増産に力点が置かれ、農地改革の影響で自作農が増えたことを背景に生産意欲が向上したため、米の収量は伸び続けた。農業の多角化や減反政策が始まってからも、米の最重要生産物としての地位が揺らぐことはなかった。北条米の品質が優れており、日本政府に買い入れ制限をかけられても、販路に困ることがなかったためである。減反とは逆行して、耕地面積に占める田の割合は年々増加し、米作偏重から脱することを企図した筑波町農政はうまく進まなかった。北条米 フレッシュアイペディアより)

  • タカナ

    タカナから見た減反政策減反政策

    減反政策の影響で余った農地で高菜を作り、高菜漬けを積極的に売り込んだことがきっかけで近年では「阿蘇の味」として定着し、現在では高菜漬けは海外にも出荷されている。タカナ フレッシュアイペディアより)

  • テレビの旅

    テレビの旅から見た減反政策減反政策

    稲作のリポートは、穀倉地帯の東北地方・北陸地方を持ち回りで毎年数回に分けて放送された。特殊な例として、1982年度に与那国島での早生水稲栽培が放送されている。1984年度には現新潟市江南区亀田郷の水田開墾史にも触れている。1970年に本格開始された減反政策の余波や後継者不足、「機械化貧乏」などの諸問題にも毎年触れている。テレビの旅 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼茫の大地、滅ぶ

    蒼茫の大地、滅ぶから見た減反政策減反政策

    6月25日、野上は5県知事と共に岩手放送会館のスタジオに入る。野上がマイクを通して、東北を去った150万人の難民に、そして東北中の人々に語りかける。……戊辰戦争では奥羽越大同盟を結んで戦うも、農民の協力が得られず、敗れて中央政府の隷属となった東北諸藩。山林を国有林にされ都会で低賃金で働かざるを得なくなった農民達。東北出身者は郷里で食えるからと解雇される差別。身売り、娘売り。最上婆ァと呼ばれる子買い。満州への移民。やがて東北地方に工場が建てられ経済が成長した半面、稲作は減反が命ぜられ酪農家は輸入飼料を買う。もう中央政府に幻想を抱いてはならない。我々は日本国から独立する。故郷に戻れば食糧を保証する。若者は最寄りの守備隊へ加わるように……。東京都の手前で足止めされていた難民がラジオでこれを聞き、北へ戻り始める。蒼茫の大地、滅ぶ フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫 (佐賀市)

    兵庫 (佐賀市)から見た減反減反政策

    農業は、産業構造の変化を受けて従事者が減少していった。全世帯に占める農家率は1965年(昭和40年)の55%から1975年(昭和50年)には28.5%と半減したものの、佐賀市平均(16%→9%)と比較すると高かった。昭和40年代(1955 - 1964年)以降は減反政策に伴う米作の代替として、ナスやトマト、イチゴなどの園芸作物の栽培が増加し、養蜂農家なども現れた。兵庫 (佐賀市) フレッシュアイペディアより)

  • 水尻池

    水尻池から見た減反政策減反政策

    村では大正時代の干拓事業以来、60年に渡り水田稲作が営まれてきたが、1970年代に国の農政が減反政策に転じると、次第に稲作が放棄される水田が増えた。1980年(昭和55年)には稲作が行われる水田が干拓地の半分以下になった。ちょうどその頃、排水ポンプが故障し、ポンプを修理してでも稲作を継続するかどうかで大きな議論となった。結局、地権者は共同で養魚組合を設立し、稲作から養鯉へ「転作」を行うことと決め、転作補助金を受けることになった。こうして1981年(昭和56年)から排水をやめ、以前のような池に戻った。水尻池 フレッシュアイペディアより)

  • 第11回統一地方選挙

    第11回統一地方選挙から見た減反政策減反政策

    1947年の第1回統一地方選挙からちょうど40年目にあたる選挙である。この時の選挙では当時、国政の最大争点となっていた大型売上税導入の是非が、最大の争点となった。また首長選挙では、自民党や社会党など共産党以外の各政党が推薦・支援する相乗り候補が増えたことで、全体として選挙の無風化傾向が進んだ。しかし、道府県議選では自民党が敗北し、社会党や共産党が躍進するなど、売上税導入、円高不況や減反政策など政府・自民党に対する強い反発が示される結果となった。第11回統一地方選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年北海道知事選挙

    1987年北海道知事選挙から見た減反減反政策

    この時の知事選挙は、前回(1983年)の知事選挙で当選した横路孝弘の革新道政を継続させるか否かが争点となった。また選挙戦に入ると「売上税」問題も争点に浮上して有権者の関心も高まり、激しい選挙戦が展開された。当時の北海道は減反や二百海里減船対策、国の第8次石炭政策による相次ぐ炭鉱閉山など、北海道の基幹産業である農漁業や炭鉱業が産業構造転換を前にして問題に直面している中で行われた選挙となった。横路候補はこれら一連の産業構造転換を「国による地方いじめの時代」とし、「地方の復権」「地方の自立」を訴え、対する松浦候補は元食糧庁長官という経歴から「中央との太いパイプ」を前面に打ち出し、公共事業など国の予算の重点配分による危機打開を提示し、真っ向から対立した。選挙の結果、現職の横路候補が新人の松浦候補と山辺候補を大差で破って再選を果たした。1987年北海道知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 田

    から見た減反政策減反政策

    日本では、減反政策や宅地化により、水田の面積は減少傾向にある。 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県信用農業協同組合連合会

    宮城県信用農業協同組合連合会から見た減反政策減反政策

    農協は信連に、信連は農林中央金庫(農林中金)に出資し、農協は一般組合員から集めた貯金の平均6割強を信連に預け、信連もその貯金の6割強を農林中金に再び預けていた。そして、残りの資金を農協や信連は独自の貸出や投資に回し、収益を得てきた。だが、政府によるコメの減反政策などによって、農協から借金してまで事業を拡大する農家は少なくなり、1980年代以降、農協の貸し出しは低迷。このため運用難となった農協から信連に大量の資金が流入した。宮城県信用農業協同組合連合会 フレッシュアイペディアより)

102件中 31 - 40件表示

「減反政策」のニューストピックワード