80件中 41 - 50件表示
  • 檜垣徳太郎

    檜垣徳太郎から見た減反減反政策

    愛媛県松山市出身。旧制松山高校を経て1941年(昭和16年)東京帝国大学卒業。農林省に入省、畜産局長、官房長、1968年(昭和43年)食糧庁長官を経て、1969年(昭和44年)農林事務次官。官僚時代には自主流通米制度の創設や減反政策に指導力を発揮した。檜垣徳太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 陸前落合駅

    陸前落合駅から見た減反減反政策

    宮城町が仙台市と合併して政令指定都市化した後は、特定都区市内駅に加えられた。国道48号沿い住宅地と丘陵地の住宅地の間に残っていた農地が、減反政策の中で農地指定が解除されて急速に住宅地や商業地に転換が進み、当駅の利用圏内の人口は今も増加中である。開業以来の小さな駅舎は2005年に建て替えられ、仙台におけるオムニバスタウン政策(アクセス30分構想)により、南口に駅前広場が整備された。陸前落合駅 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター

    ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクターから見た減反政策減反政策

    本来は水田に住む大人しい妖怪だったが、田が少なくなった為ヘドロに住む様になり凶暴化した(田を奪われた理由は原作で基地建設、アニメ第2・4作で減反政策、第3作で新幹線開通、第5作で宅地造成とシリーズにより様々)。口から粘着性の熱い泥を吐く。真水によって再生するらしく、一度は鬼太郎により粉々にされたが、雨が降った際に復活した。逆に乾燥には弱い。原作では基地建設で弾圧された農民達の怨霊だった為その慰霊碑を建て直し、アニメでは住む水田を人間の有志が確保する事で鎮まった。ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • 蜷川虎三

    蜷川虎三から見た減反減反政策

    農業・漁業などに関しては、国が推し進める稲作減反に反対の姿勢を取り、独自の「京都食管」と呼ばれる価格保障制度や育成策をだす。その事で第一次産業の人たちが安心して京都に住めるような環境もつくった。観光客が京都の観光でお金を落としてくれるような施策もうち、京都ブランドを全国に売り出していく。蜷川虎三 フレッシュアイペディアより)

  • カスミサンショウウオ

    カスミサンショウウオから見た減反政策減反政策

    開発による生息地の破壊、水質汚染、減反政策による乾田の増加による繁殖地の減少、人為的に移入されたアメリカザリガニ、魚類などによる捕食などにより生息数は減少している。カスミサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • 二期作

    二期作から見た減反政策減反政策

    米の二期作については、高知県や宮崎県、鹿児島県、沖縄県など年間を通じて平均気温が16℃以上の温暖な太平洋側の地方で多く見られる。台風の影響を避け、多くの収穫を上げる目的で行われてきた。1970年代以降は、米の生産量がその需要に対して過剰となり生産調整(減反政策)が行われている状況から、それほど盛んに行われなくなっている。二期作 フレッシュアイペディアより)

  • 農業政策

    農業政策から見た減反政策減反政策

    このような国家では、農産物の買い上げや輸入の制限、生産量の調整(減反政策など)を行うことで食糧価格を高く維持する政策や、農地の固定資産税などの税負担を低減したり非農業部門で得た税収を補助金などとして農業部門に投入する政策がとられることとなる。農業政策 フレッシュアイペディアより)

  • 魚沼コシヒカリ

    魚沼コシヒカリから見た減反減反政策

    減反合計 約3,000ha (本地?作付面積)魚沼コシヒカリ フレッシュアイペディアより)

  • 福島の原子力発電所と地域社会

    福島の原子力発電所と地域社会から見た減反政策減反政策

    このメリットの一つは1970年代初頭よりスタートした減反政策に適応出来たことであり、大熊町は1970年代、毎年常に割り当ての百数十%の水田を自主減反し、政策による強制減反の実施を1982年度まで遅らせることに成功した。また、950haの水田を基盤整備することで農業の機械化を促進し、労働力に余剰を生じさせ発電所関連の雇用による農外所得に回すことができた。このため、冷害の激しかった1980年にも町民への所得の打撃は僅少で済んだという。福島の原子力発電所と地域社会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の農業

    日本の農業から見た減反政策減反政策

    1970年 - コメ余りが表面化し、減反政策が始まる。日本の農業 フレッシュアイペディアより)

80件中 41 - 50件表示

「減反政策」のニューストピックワード