102件中 41 - 50件表示
  • 下川町

    下川町から見た減反政策減反政策

    酪農業が盛んである。稲作の北限地帯に近く、かつての水田は減反政策により大部分が転作された。主な農産物は、地元で加工されるジュース用や高糖度栽培のトマト、絹さやえんどう等の野菜、小麦、ソバ、もち米などである。下川町 フレッシュアイペディアより)

  • 地産地消

    地産地消から見た減反減反政策

    このように、当時の地産地消は、伝統的な食生活による栄養素・ミネラルバランスの偏りの是正によって健康的な生活を送るため(医療費削減圧力)、余剰米を解消する減反政策の一環として、他品目農産物の生産を促すため(食糧管理制度の維持)、気候変動に弱い稲作モノカルチャーから栽培農産物の種類の多様化によってリスクヘッジをするため(農家の収入安定)など、多様な経済的インセンティブによって推進された。地産地消 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井比早之

    藤井比早之から見た減反政策減反政策

    地元の声を受け、酒米を減反政策の対象から外すことに取り組んだ結果、地元の酒米「山田錦」の増産につながったと語っている。藤井比早之 フレッシュアイペディアより)

  • 奄美料理

    奄美料理から見た減反政策減反政策

    1745年に薩摩藩が米ではなく砂糖を年貢として納めるように命じた「換糖上納」の歴史から、サトウキビの栽培が盛んとなったことと、戦後の減反政策の影響で稲作は現在ほとんど行われなくなっているが、主食は粳米(さく)である。九州地方などから輸送されたものを利用している。奄美料理 フレッシュアイペディアより)

  • 日本型食生活

    日本型食生活から見た減反政策減反政策

    さらに、小麦粉が自由販売になった1952年(昭和27年)には栄養改善法が公布されたが、そのねらいは食生活洋風化の推進にあった。それは、GHQ公衆衛生福祉局長のクロフォード・F・サムス准将が「太平洋戦争はパン食民族と米食民族との対決であったが、結論はパン食民族が優秀だということだった」とのべていることからみても、うたがいない。そして厚生省は、栄養改善法に基づいて国民栄養調査を実施し栄養改善運動を始めた。そのため当時の栄養教育は、欧米流の栄養学を基礎とし、栄養改善運動ではパンを重視するなど欧米追随指向が顕著であり、欧米風の食生活を理想としていた。米偏重の是正が叫ばれ、日本人の主食とされてきた米は遠ざけられ、米は市場にだぶつき過剰時代に入り、1970年(昭和45年)には減反と米の買い入れ制限が始められた。日本人1人あたりの米の年間消費量は、戦後のピークの1962年(昭和37年)には118.3キログラムだったものが、その後一本調子で減少し1990年代後半には、ひと頃の半分の60キログラム台に落ち込んだ。日本型食生活 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台市地下鉄東西線

    仙台市地下鉄東西線から見た減反減反政策

    一方の東西線は、計画当初は南北線と同様な思想であったが、市街地の機能転換と人口減少時代・都市間競争の時代に対応した沿線計画・構想がなされている。東西線の経路は多くの高校・大学を繋ぐ形に計画され、他の既存交通機関とも接続するため、移動の高速化や自由度の拡大と宮城県の高校の「全県一学区構想」との関係で仙台の高校の学力向上・競争力向上とも関連している(→学都仙台)。また、東北大学の新キャンパス構想も東西線開通が前提であり、六丁の目駅周辺の工場と東北大学サイエンスパークとが繋がれることから、産学連携も期待されている(→学都仙台広域交通計画等協議会)。東北最大の流通地区である卸町駅周辺では、価格破壊によって「中抜き流通」が顕在化して機能低下したため、都心回帰に対応した住宅の供給や、長年、市がバックアップしてきた演劇のさらなる活性化の拠点にしようとし、市のキャッチコピーの一つである劇都仙台と関連している。また、国の減反政策に伴う農地の市街化(荒井駅周辺)、仙台の戦後処理と仙台城の公園化、仙台城・仙台駅・陸奥国分寺などが結ばれることによる観光路線の面など、人口増があまり期待できない時代に交流人口増大を狙った沿線計画も多い。都心では、都心の業務・商業における2つの極である仙台駅西口(仙台駅。東京資本が多い)と一番町・国分町(青葉通一番町駅。地元資本が多い)を結び、また、区画の大小混在のために各種の業務機能集積と繁華街形成が始まっている仙台駅東口南東部(宮城野通駅)が結ばれ、都心の拡大と業務地の多様性増大が期待されている。東西線の経路における住宅地が、人口の少ない若林区の下町地区や山の上の太白区八木山などであるため、利用客の中心である通勤・通学客の見込みが少なく、また、商機能低下が著しいサンモール一番町に隣接して青葉通一番町駅ができるため、東西線は単なる商店街活性化策とも言われることが多いが、実際は仙台の機能転換や都市間競争における戦略と密接に関係している。仙台市地下鉄東西線 フレッシュアイペディアより)

  • ミルトン・フリードマン

    ミルトン・フリードマンから見た減反政策減反政策

    商品やサービスの産出規制(生産調整・減反政策など)。ミルトン・フリードマン フレッシュアイペディアより)

  • 双葉町 (山梨県)

    双葉町 (山梨県)から見た減反減反政策

    1951年(昭和26年)には下今井に中央本線の塩崎駅が開業する。1959年(昭和34年)に宇津谷・志田に私立日本航空学園が開校し、昭和47年(1972年)には山梨県農業試験場が甲府から下今井へ移転する。これにより塩崎駅付近の地域は発展し、登美団地は甲府近郊の住宅地となった。戦後には養蚕業の衰退や米の減反政策、モータリゼーションの影響を受け兼業農家が増え、産業構造は変化している。双葉町 (山梨県) フレッシュアイペディアより)

  • 生活クラブ事業連合生活協同組合連合会

    生活クラブ事業連合生活協同組合連合会から見た減反政策減反政策

    1970年5月 - 山形県遊佐町農協(現:庄内みどり農業協同組合)とササニシキ3,000俵で取組開始。政府による本格的な米の生産調整(減反政策)が始まった年である。生活クラブ事業連合生活協同組合連合会 フレッシュアイペディアより)

  • 品井沼

    品井沼から見た減反政策減反政策

    2011年現在、沼は完全に消滅し、鹿島台小学校付近が緊急遊水地地域として指定されている以外は、痕跡は全く見当たらなくなっている。旧品井沼付近は、宮城県中部の重要穀倉地帯となっているが、減反政策に拠る休耕田や耕作放棄地域が出ている。宮城県は稲作の代替手段として大豆等の転作を推進している。また、東日本大震災で被災した宮城県沿岸部の農地の代替地として、品井沼付近の休耕地、耕作放棄地域の再活用を検討している。品井沼 フレッシュアイペディアより)

102件中 41 - 50件表示

「減反政策」のニューストピックワード