102件中 51 - 60件表示
  • 自脱型コンバイン

    自脱型コンバインから見た減反政策減反政策

    また、1970年(昭和45年)頃より始まった減反政策により、水稲から大豆・小麦・ソバ等への転作が増え、それら多種類に対応可能な汎用型コンバインも開発され、利用されている。自脱型コンバイン フレッシュアイペディアより)

  • 戦後開拓

    戦後開拓から見た減反政策減反政策

    1969年(昭和44年)10月、農林省は開拓行政の一般農政への統合の方針を示し、これ以降開拓営農指導員の農業改良普及員への統合、開拓保健婦の保健所保健婦への統合、開拓者資金に係る負債対策、開拓農業協同組合の解散等の施策を進めたうえで、1975年(昭和50年)度をもって開拓行政は一般農政に統合され、戦後開拓は終了した。それと同時に、1975年(昭和50年)度からいわゆる減反政策が開始された。戦後開拓 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本農民組合連合会

    全日本農民組合連合会から見た減反減反政策

    かつては生産者米価引き上げ交渉や減反交渉・空港や高速道路・新幹線などの建設にともなう農地収用をめぐって農民団体の一つとして反対闘争を率いた。最近では、米のミニマムアクセス廃止や環境直接支払い制度創設・農業課税や土地改良費用の軽減・農業資材価格引き下げに取り組んでいる。また、高圧送電線下農地の被害補償の獲得では環境保護団体と、出稼ぎや賃労働兼業農民の労働問題では労働組合などと協力関係にある。食料自給率引き上げを求め、産地直送や直売の拡大といった、商業者・流通業者を介さない販路の開拓も行っている。全日本農民組合連合会 フレッシュアイペディアより)

  • 二期作

    二期作から見た減反政策減反政策

    米の二期作については、高知県や宮崎県、鹿児島県、沖縄県など年間を通じて平均気温が16℃以上の温暖な太平洋側の地方で多く見られる。台風の影響を避け、多くの収穫を上げる目的で行われてきた。1970年代以降は、米の生産量がその需要に対して過剰となり生産調整(減反政策)が行われている状況から、それほど盛んに行われなくなっている。二期作 フレッシュアイペディアより)

  • 町村信孝

    町村信孝から見た減反政策減反政策

    米の減反政策の見直しを「食糧不足や価格高騰が起きている。日本だけの問題ではなく、世界の食糧不足という文脈で考えなければならない」として突然表明し、自民党内から「何の根回しもない」と強く批判された。農林水産大臣経験者である谷津義男は「減反をやめれば農家が大赤字になる。差額補償など約8000億円の補助金が必要だが、できるわけがない」と反論した。町村信孝 フレッシュアイペディアより)

  • 夏子の酒

    夏子の酒から見た減反減反政策

    原作では、減反や農薬一斉散布など、米作農家が直面している諸問題を細かくとりあげているが、ドラマではあまり掘り下げられていない。夏子の酒 フレッシュアイペディアより)

  • 柵原鉱山

    柵原鉱山から見た減反政策減反政策

    1960年代、全盛期を迎えた柵原鉱山であったが、その衰えは急速であった。その最大の原因は石油精製時に水素化脱硫装置、硫黄回収装置を用いることによって副産物として生産される回収硫黄が急速に市場に出回るようになったためであった。また減反政策の影響で化学肥料の国内消費量が減少し、諸外国でも化学肥料の自給が進み輸出も減少するなどといった事態が重なり、1970年までは年産70万トン台を維持していた柵原鉱山の硫化鉄鉱生産量は激減して、1972年にはほぼ半分の36万トンにまで落ち込んだ。そして1970年代半ばには硫酸の原料としての硫化鉄鉱の利用がほぼ途絶え、松尾鉱山など他の硫化鉄鉱の鉱山が次々と閉山に追い込まれる中、柵原鉱山は酸化鉄、重量骨材や重量コンクリートの原料用の硫化鉄鉱を採掘する鉱山として生き残りを図ることになった。1978年には深部鉱床の採掘を中止し、柵原鉱山は最大の下部鉱体の採掘に集中することになり、採掘量を大幅に減らし、人員の削減など大規模な経営の合理化も断行した。柵原鉱山 フレッシュアイペディアより)

  • モエレ沼

    モエレ沼から見た減反減反政策

    明治の頃は沼の水域はさらに北側まで伸びており、辺り一帯が低湿地帯であった。大正時代に入ると沼の周りを乾燥させるために排水路の「アカンボ川」(現在の赤坊川)が掘られ、現在の大きさにまで縮小した。大正から昭和40年代までは周囲の水田へ農業用水を送っていたが、1966年以降、減反による影響で水田は姿を消した。モエレ沼 フレッシュアイペディアより)

  • 稲作

    稲作から見た減反政策減反政策

    戦後、国内生産が軌道に乗ってからは、政府が米を主食として保護政策を行ってきた。不作を除いて輸入を禁止し、流通販売を規制した。自主流通米は量を制限し、政府買い上げについては、買い上げ価格より安く赤字で売り渡す逆ザヤにより農家の収入を維持しつつ、価格上昇を抑制する施策をとってきた。農閑期に行われていた出稼ぎは、稲作に機械化が進み人手が余り要らなくなったため、「母ちゃん、爺ちゃん、婆ちゃん」のいわゆる「三ちゃん農業」が多くなり、通年出稼ぎに行く一家の主が増え、専業農家より兼業農家の方が多くなった。1960年代以降、食生活の多様化により一人当たりの米の消費量の減少が進み、1970年を境に米の生産量が消費量を大きく越え、米余りの時代に突入。政府によって減反政策などの生産調整が行われるようになった。稲作 フレッシュアイペディアより)

  • コムギ

    コムギから見た減反政策減反政策

    明治時代に入り、欧米からパンなど様々なコムギ料理が伝わってくるとコムギの消費も増大した。明治時代初期には36万haだった栽培面積は、大正時代には50万ha、最も栽培面積の大きくなった第二次世界大戦中には70万から80万haにのぼるようになった。第二次世界大戦後には学校給食がはじまり、パン主体の給食と食の欧米化、多様化はコムギの消費をさらに拡大させた。一方で、アメリカなどから安いコムギが大量に入ってくるようになったことや二毛作自体の衰退、そして1963年の三八豪雪と夏の多雨により小麦生産が大打撃を受けたことにより、栽培面積は急速に減少して、1963年には栽培面積60万ha、自給率20%前後だったものが、1973年には栽培面積は7.5万haにまで減少し、自給率はわずか4%となった。その後、減反政策によってコムギの生産が奨励され、生産はやや復調傾向にある。2005年には栽培面積は21万ha、自給率は14%となっている。コムギ フレッシュアイペディアより)

102件中 51 - 60件表示

「減反政策」のニューストピックワード