102件中 71 - 80件表示
  • 日立鉱山

    日立鉱山から見た減反政策減反政策

    1973年(昭和48年)6月、日本鉱業から日立鉱山は経営分離され、日本鉱業の子会社である日立鉱山株式会社となった。ニクソンショック以降の円高によって銅価格が下落し、また石油精製時に水素化脱硫装置、硫黄回収装置を用いることによって副産物として生産されるようになった回収硫黄が急速に市場に出回るようになり、減反政策の影響で化学肥料の国内消費量が減少し、諸外国でも化学肥料の自給が進み輸出も減少したために、銅とともに日立鉱山の主要産物であり、収入の約4割を占めていた硫化鉄鉱の需要が急落したことが原因で、日立鉱山の経営状態は急速に悪化していた。しかし国内鉱山は、諸外国からの鉱石輸入が主流となっても政治情勢などに左右されることが少なく最も安定した資源確保が可能という点と、海外での資源確保のために必要な人材や技術を養成する場所として国内鉱山の存在が望ましいという点から子会社化して日立鉱山は存続されることになった。日立鉱山 フレッシュアイペディアより)

  • 山田川疎水

    山田川疎水から見た減反政策減反政策

    東播用水は淡山疏水の補完目的で整備されたが、その完成の頃には減反政策・転作や離農などにより灌漑用途の意味が薄れていた。そのため導水管水路は神出浄水場まで伸びており水道水としても用いられるほか、神戸市西区押部谷町細目の住吉神社付近で明石川支線を分岐し、西神ニュータウンの西神工業団地で工業用水道にも利用され、松笠峠で分岐し富士見が丘・月が丘から押部谷町西盛の新興住宅地を流れる水路(西盛川・福住川)として現れ、生活環境や緑化景観を形成しつつ明石川へ放水される。山田川疎水 フレッシュアイペディアより)

  • 米価審議会

    米価審議会から見た減反政策減反政策

    だが、米の消費量減少と減反政策、更には諸外国からの米の輸入自由化要求などが絡むようになった1970年代以後になると、農業協同組合などの生産者団体や与党である自由民主党特に「農林族」と呼ばれる族議員の介入が行われ、毎年生産者価格決定の時期になると審議が大混乱に陥り、かつ審議会の答申は無視されて政治判断によって価格が決定されるのが恒例となるようになった(「政治米価」)。米価審議会 フレッシュアイペディアより)

  • 八郎潟

    八郎潟から見た減反政策減反政策

    しかし1970年(昭和45年)、政府が米の生産調整(減反政策)を開始し、大潟村への入植者公募は同年を最後に打ち切られた。このため、最終的に米の増産を目指していた干拓事業は、失敗した計画とする見解もある。環境面でも、魚介類や水生植物が豊かだった湖の面積を大幅に狭め、沿岸の湿地が失われたことを嘆く向きもある。八郎潟 フレッシュアイペディアより)

  • きらら浜

    きらら浜から見た減反政策減反政策

    農地として整備されたが、整備完了後に減反政策が実施されたこともあり、農地として利用されることはなかった。現在、干拓地内には山口きらら博記念公園、山口県立きらら浜自然観察公園、道の駅きらら あじす等の施設がある。きらら浜 フレッシュアイペディアより)

  • カスミサンショウウオ

    カスミサンショウウオから見た減反政策減反政策

    土地開発による生息地の破壊、それに伴う土砂流出による水質汚濁、減反政策による乾田の増加による繁殖地の減少、人為的に移入されたアメリカザリガニ・魚類などによる捕食などにより生息数は減少している。京都府・愛媛県・岐阜県・滋賀県・奈良県では条例により許可のない捕獲が禁止されている。カスミサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • 桃太郎電鉄シリーズ

    桃太郎電鉄シリーズから見た減反政策減反政策

    減反政策カード - 入手と同時にサイコロの出目分の農林物件を選択して処分する。桃太郎電鉄シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 下総町

    下総町から見た減反政策減反政策

    農業中心の町で、北に流れる利根川沿いに水田地帯が開け、水郷早場米の産地としても有名(早場米の出荷は8月中旬から。)。台地では畑作が行われ様々な作物が栽培されている、中でも無漂白なのに真っ白なレンコンは町の特産品で、国の減反政策がきっかけで栽培が始まった。現在ではハウス栽培、二年掘り、筋掘りなど多彩な栽培方法を組み合わせも、一年中市場へ出荷されており、その販売戦略などが高く評価され、平成12年、日本農業賞大賞(集団組織の部)を受賞している。また、サツマイモの生産も多い。利根川河川敷などでは酪農も営まれている。工芸品の下総鬼瓦も重要な産業の一つだったが今では県下唯一の鬼瓦工場がこの町に残るのみとなり、千葉県の伝統的工芸品に指定されている。下総町 フレッシュアイペディアより)

  • 奄美大島

    奄美大島から見た減反政策減反政策

    農業はサトウキビ、サツマイモの生産が主で、タンカン、ポンカン、スモモ、パッションフルーツ、マンゴーなどの果実栽培も盛んである。コメは二期作が可能であるが、減反政策による経済作物への転換によって、神事用を除き、ほとんど稲作は行われていない。漁業はクロマグロ、カンパチ、真珠、クルマエビ、タイ、モズク等の養殖が行われている。奄美大島 フレッシュアイペディアより)

  • 弥富市

    弥富市から見た減反政策減反政策

    台風後は治水設備も大幅に強化され、洪水の危険性は減少した。一方で、縦横に流れていた水路の多くが埋め立てられ、水郷地帯としての風景も様変わりした。高度成長期と並行して耕地整理や道路事業・公共施設建設・団地開発ラッシュが進み、主力産業のひとつであった漁業や海苔養殖はほぼ消滅した。昭和40年代に減反政策が行われると町内多くの農家が弥富金魚の養殖業に転業し、昭和50年代に生産量はピークを迎えた。一方で、産業の発展や人口増加に伴い地下水の揚水量が著しく増加すると、町内で地盤沈下現象を起こし、問題となった。また町北部では、名古屋大都市圏のベッドタウンとしての需要が高まり、田畑や金魚の養殖池を埋め立て宅地開発が行われた。弥富市 フレッシュアイペディアより)

102件中 71 - 80件表示

「減反政策」のニューストピックワード