42件中 11 - 20件表示
  • 減反政策

    減反政策から見た戦後

    減反政策(げんたんせいさく)とは、戦後の日本における、米の生産調整を行うための農業政策である。減反政策 フレッシュアイペディアより)

  • 減反政策

    減反政策から見た凶作

    戦前の日本における米の反収は、300kg/10a前後と現在の約半分であり、またしばしば凶作に見舞われていた。1933年には作況指数120を記録し、米の在庫が増加したことにより「減反」方針が打ち出された事があるが、翌年東北地方において、冷害から凶作・飢饉が発生したこと、以後は、戦時体制の突入や敗戦による植民地などからの米の移入途絶も相俟って、米の生産調整が行われることは無かった。減反政策 フレッシュアイペディアより)

  • 減反政策

    減反政策から見た家の光協会

    『アメリカ小麦戦略―日本侵攻』(NHK農林資産番組班 高嶋光雪著 1979年 家の光協会減反政策 フレッシュアイペディアより)

  • 減反政策

    減反政策から見た平成の米騒動

    一方で、米の消費量減少には歯止めがかからず、1985年と1994年(それぞれ凶作により米の緊急輸入があった翌年。1993年はいわゆる平成の米騒動の年)を除いては、一貫して転作面積は増加(生産調整の強化)し続けた。減反政策 フレッシュアイペディアより)

  • 減反政策

    減反政策から見たISBN

    「アメリカ小麦戦略」と日本人の食生活(鈴木猛夫著 2003年 藤原書店)ISBN-10: 4894343231ISBN-13: 978-4894343238減反政策 フレッシュアイペディアより)

  • 減反政策

    減反政策から見た干拓

    一方、国内各地で生産拡大のための基盤整備事業が行われている最中でもあったため、稲作農家の意欲低下、経営の悪化につながるとして強い反発が各方面であった。その中でも、国の干拓事業によって誕生した秋田県大潟村の入植者が、生産可能面積の取り扱いを巡って長年にわたり国と対立した事件などは特に有名である。減反政策 フレッシュアイペディアより)

  • 減反政策

    減反政策から見た飢饉

    戦前の日本における米の反収は、300kg/10a前後と現在の約半分であり、またしばしば凶作に見舞われていた。1933年には作況指数120を記録し、米の在庫が増加したことにより「減反」方針が打ち出された事があるが、翌年東北地方において、冷害から凶作・飢饉が発生したこと、以後は、戦時体制の突入や敗戦による植民地などからの米の移入途絶も相俟って、米の生産調整が行われることは無かった。減反政策 フレッシュアイペディアより)

  • 減反政策

    減反政策から見た植民地

    戦前の日本における米の反収は、300kg/10a前後と現在の約半分であり、またしばしば凶作に見舞われていた。1933年には作況指数120を記録し、米の在庫が増加したことにより「減反」方針が打ち出された事があるが、翌年東北地方において、冷害から凶作・飢饉が発生したこと、以後は、戦時体制の突入や敗戦による植民地などからの米の移入途絶も相俟って、米の生産調整が行われることは無かった。減反政策 フレッシュアイペディアより)

  • 減反政策

    減反政策から見た飼料

    元々、買取価格よりも売渡価格が安い逆ザヤ制度であったことに加え、過剰となった在庫米を家畜の飼料などに処分した結果、歳入が不足し赤字が拡大した。減反政策 フレッシュアイペディアより)

  • 減反政策

    減反政策から見た自主流通米

    米の在庫が増加の一途をたどったため、政府は、新規の開田禁止、政府米買入限度の設定と自主流通米制度の導入、一定の転作面積の配分を柱とした本格的な米の生産調整を1970年に開始した。減反政策 フレッシュアイペディアより)

42件中 11 - 20件表示

「減反政策」のニューストピックワード