59件中 41 - 50件表示
  • 渡り廊下走り隊7

    渡り廊下走り隊7から見たユアエルム

    ユアエルム presents SPRING A GO!GO!(2009年4月29日、bayfm)渡り廊下走り隊7 フレッシュアイペディアより)

  • 渡り廊下走り隊7

    渡り廊下走り隊7から見た上からマリコ

    2012年1月28日、平嶋が渡り廊下走り隊の活動を辞退することを申し出て、2012年2月5日に東京ビッグサイトで行われた『「上からマリコ」劇場盤発売記念大握手会』をもって、AKB48ならびに渡り廊下走り隊での活動を終了した。渡り廊下走り隊7 フレッシュアイペディアより)

  • 渡り廊下走り隊7

    渡り廊下走り隊7から見たうしろゆびさされ組

    前述おニャン子クラブの影響が大きく、ユニット名は、元祖おニャン子クラブの派生ユニットである「うしろゆびさされ組」のデビュー曲「うしろゆびさされ組」の歌詞にちなむ。また、元祖おニャン子クラブの派生ユニット「うしろ髪ひかれ隊」と同じくプロダクション尾木・ポニーキャニオン所属、秋元康プロデュースであるが、島田紳助が「カシアス島田」名義で作詞・プロデュースしている楽曲がある。渡り廊下走り隊7 フレッシュアイペディアより)

  • 渡り廊下走り隊7

    渡り廊下走り隊7から見たBad Friends

    阿久悠トリビュート「Bad Friends」(2009年12月16日)渡り廊下走り隊7 フレッシュアイペディアより)

  • 渡り廊下走り隊7

    渡り廊下走り隊7から見たAKBINGO!

    AKBINGO!(2009年4月22日・29日・11月18日・2010年3月10日、日本テレビ) - LIVEコーナー渡り廊下走り隊7 フレッシュアイペディアより)

  • 渡り廊下走り隊7

    渡り廊下走り隊7から見たうしろゆびさされ組 (曲)

    前述おニャン子クラブの影響が大きく、ユニット名は、元祖おニャン子クラブの派生ユニットである「うしろゆびさされ組」のデビュー曲「うしろゆびさされ組」の歌詞にちなむ。また、元祖おニャン子クラブの派生ユニット「うしろ髪ひかれ隊」と同じくプロダクション尾木・ポニーキャニオン所属、秋元康プロデュースであるが、島田紳助が「カシアス島田」名義で作詞・プロデュースしている楽曲がある。渡り廊下走り隊7 フレッシュアイペディアより)

  • 渡り廊下走り隊7

    渡り廊下走り隊7から見たAKB48 SHOW!

    AKB48 SHOW! (2013年12月14日、NHK BSプレミアム) - 浦野、菊地、渡辺、多田、岩佐に加え平嶋がスタジオで、仲川が中継でコラボした。渡り廊下走り隊7 フレッシュアイペディアより)

  • 渡り廊下走り隊7

    渡り廊下走り隊7から見たGoogle+

    これ以降6人によるユニットとなっていたが、契約の事情などから7人体制に戻す必要が生じたため、2012年3月10日に秋元康がGoogle\+上で、暫定メンバーとして浦野一美(当時・SDN48)を加入させることを発表した。同ユニットへAKB48の現役メンバー以外が加入するのは初となった。なお、平嶋も発表後に秋元へ送ったメールの中で「浦野が入って嬉しい」と浦野の加入を歓迎した。3月23日に開催されたAKB48 コンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! in さいたまスーパーアリーナ』の初日において、10thシングル「少年よ 嘘をつけ!」が初披露され、同時に浦野加入後の初お披露目となったが、このシングルを最後にユニットは休業状態になる。渡り廊下走り隊7 フレッシュアイペディアより)

  • 渡り廊下走り隊7

    渡り廊下走り隊7から見たウルトラセブン

    オープニングテーマは「ウルトラセブンの歌」(ミニ番組時代は冒頭の「セブン」の連呼部分の抜き出し、日曜移動後は「イントロ→2・3番間の間奏の前半(ここまでにナレーションが入る)→みすず児童合唱団による「セブン」の連呼部分」)、エンディングテーマは月代わり。渡り廊下走り隊7 フレッシュアイペディアより)

  • 渡り廊下走り隊7

    渡り廊下走り隊7から見た渡り廊下をゆっくり歩きたい

    2013年11月27日に公式サイトで、ベストアルバム「渡り廊下をゆっくり歩きたい」リリースされ、それと同時に、解散が正式発表された。理由は“女生徒”をコンセプトにしていながらメンバー全員がそれに合わない歳に成長したためという。一部で不仲説が流れたが、これはMVの中の演出で、騒動になったことを謝罪した。渡り廊下走り隊7 フレッシュアイペディアより)

59件中 41 - 50件表示

「渡り廊下走り隊」のニューストピックワード