前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
204件中 1 - 10件表示
  • 久松真一 (脚本家)

    久松真一 (脚本家)から見た渡瀬恒彦渡瀬恒彦

    1991年、日本テレビの連続ドラマ「助教授一色麗子 法医学教室の女」(主演篠ひろ子)の最終回を執筆してデビュー。2004年、NHKのドラマ「玄海〜わたしの海へ〜」で、放送文化基金賞テレビドラマ部門本賞を受賞。2011年、WOWOWのドラマ「再生巨流」で、ATP賞テレビグランプリ2011、ドラマ部門優秀賞を受賞。同年、渡哲也、渡瀬恒彦の兄弟が40年ぶりに共演した話題のドラマ、ドラマ特別企画2011「帰郷」(TBS)を執筆。また俳優座劇場にて『贋作・水滸伝』(演出・宇治川まさなり)を上演、シアターコレドで上演した『ザ・ドライバー』(演出・水谷俊之)では、福島原発の問題に全く独自の視点、発想で切り込み、衝撃を与えた。また2016年佐藤浩市主演の映画「64─ロクヨン 前編後編」の脚本を執筆、前後編合わせて観客動員270万人を超える大ヒットとなり、同作前編で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞。久松真一 (脚本家) フレッシュアイペディアより)

  • 狂走セックス族

    狂走セックス族から見た渡瀬恒彦渡瀬恒彦

    『狂走セックス族』(きょうそうせっくすぞく)は、1973年公開の日本映画。渡瀬恒彦主演、皆川隆之監督。『仁義なき戦い 広島死闘篇』の併映作。狂走セックス族 フレッシュアイペディアより)

  • 青春の門

    青春の門から見た渡瀬恒彦渡瀬恒彦

    金山 朱烈 - 渡瀬恒彦 - 作中の在日朝鮮人のリーダー的存在。昔重蔵に助けられたことからタエと信介に恩を返そうとする。青春の門 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た渡瀬恒彦渡瀬恒彦

    東映はこの年、東急グループを離脱した。一方で映画では、京都でも任侠路線に転換し北島三郎の『兄弟仁義』、藤純子の『緋牡丹博徒』などを大ヒットさせた。俊藤プロデューサーの娘・藤純子を映画界入りさせたのも岡田である。1966年、42歳の若さで東映常務取締役。これについて大川博は「私は岡田茂と今田智憲の二人の才能を買い、30代で東映の取締役に登用し、40歳を越すや常務に昇格させ、思う存分に腕を振るわせた」と述べている。同年借金で松竹をクビになった藤山寛美を一時東映に籍を置かせる。1967年、松竹にいた菅原文太を東映に移籍させ、安藤昇を東映出演させた。1969年、渡瀬恒彦をスカウト。「近い将来、東映の映画部門を担って大川社長を支える両輪となる人物は、製作は岡田茂、営業は今田智憲を措いてほかにいない」とかねて呼び声が高かったが1968年5月、共に44歳の若さで岡田が製作の最高責任者・企画製作本部長兼京都撮影所長、今田は営業の最高責任者・営業本部長兼興行部長に就任。次いで同年秋、製作から営業までを一貫して統括するべく新編成された映画本部長に就任した。大川博は「大衆が求める刺激の強い映画を作ることで企業を安定させることが先決命題で、岡田映画本部長がその命題に沿って徹底した企画を立てている。岡田本部長の権限は、いわば一つの映画会社の社長の立場に匹敵する。自分の思い通りに意思統一ができるわけで大変な権限です」と述べている。岡田が音頭を取った所謂「東映ポルノ/エログロ路線、好色路線」が、この前後から本格化した。1971年テレビ本部長を兼務し映像製作部門の全権を掌握。また33歳の若さで専務になっていた大川の息子・毅がボウリング、タクシー、ホテルなどの事業拡大に失敗。大川親子は斜陽化する映画事業から、ボウリングを主体とする娯楽会社に脱皮させようとしていた。これに労組が硬化し、部課長連合が大川社長に反旗を掲げ六・七十人が株を所有。毅は労組の吊るし上げを恐れ出社しない等、のっぴきならない状況となって竹井博友ら、労使問題のプロも断るような労組担当も引き受ける。この窮地をロックアウトを決行し何とか乗り切った。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のテレビドラマ (日本)

    2017年のテレビドラマ (日本)から見た渡瀬恒彦渡瀬恒彦

    TBS系『月曜名作劇場』はこの日から20:00 - 21:50に枠移動・縮小。渡瀬恒彦主演で人気を博した西村京太郎原作のトラベルミステリードラマ『十津川警部シリーズ』が枠移動後初回放送のこの日、『新・十津川警部シリーズ 伊豆・下田殺人ルート』から「十津川省三」役が渡瀬から内藤剛志に、「亀井定雄」役が伊東四朗から石丸謙二郎にそれぞれ交代するなど“十津川班”のキャスティングを大幅に入れ替えてリニューアル、制作会社も、これまでのテレパックからオスカープロモーションに変更される。2017年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 暴走パニック 大激突

    暴走パニック 大激突から見た渡瀬恒彦渡瀬恒彦

    暴走パニック 大激突(ぼうそうパニックだいげきとつ)は1976年2月28日に公開された日本映画。主演:渡瀬恒彦、監督:深作欣二。制作は東映京都撮影所、配給は東映。併映『横浜暗黒街 マシンガンの竜』(主演:菅原文太、監督:岡本明久)。暴走パニック 大激突 フレッシュアイペディアより)

  • 渡 哲也

    渡哲也から見た渡瀬恒彦渡瀬恒彦

    兵庫県淡路島出身。株式会社石原プロモーション相談取締役。俳優の渡瀬恒彦は実弟。渡哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 志賀高原殺人事件

    志賀高原殺人事件から見た渡瀬恒彦渡瀬恒彦

    2011年10月10日にTBS「月曜ゴールデン」で渡瀬恒彦主演で実写化されている。志賀高原殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 医師・円城寺修

    医師・円城寺修から見た渡瀬恒彦渡瀬恒彦

    『医師・円城寺修』(いし・えんじょうじしゅう)は、TBS系の2時間ドラマ「月曜ゴールデン」(毎週月曜日21:00 - 22:54)で2011年から放送されているテレビドラマシリーズ。主演は渡瀬恒彦医師・円城寺修 フレッシュアイペディアより)

  • 刑事・鳴沢了シリーズ

    刑事・鳴沢了シリーズから見た渡瀬恒彦渡瀬恒彦

    『警部補・鳴沢了〜破弾〜』は、テレビ東京系列・BSジャパン共同制作の2時間ドラマ「女と愛とミステリー」(毎週水曜日20:54 - 22:48)で2005年3月16日に放送された。主演は渡瀬恒彦刑事・鳴沢了シリーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
204件中 1 - 10件表示

「渡瀬恒彦」のニューストピックワード