前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
152件中 1 - 10件表示
  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た渡瀬恒彦渡瀬 恒彦

    東映はこの年、東急グループを離脱した。一方で映画では、京都でも任侠路線に転換し北島三郎の『兄弟仁義』、藤純子の『緋牡丹博徒』などを大ヒットさせた。俊藤プロデューサーの娘・藤純子を映画界入りさせたのも岡田である。1966年、借金で松竹をクビになった藤山寛美を一時東映に籍を置かせる。1967年、松竹にいた菅原文太を東映に移籍させ、安藤昇を東映出演させた。1969年、渡瀬恒彦をスカウト。1966年常務。「近い将来、東映の映画部門を担って大川社長を支える両輪となるの人物は、製作は岡田茂、営業は今田智憲を措いてほかにいない」とかねて呼び声が高かったが1968年5月、共に44歳の若さで岡田が製作の最高責任者・企画製作本部長兼京都撮影所長、今田は営業の最高責任者・営業本部長兼興行部長に就任。次いで同年秋、製作から営業までを一貫して統括するべく新編成された映画本部長に就任した。岡田が音頭を取った所謂「エログロ路線」「好色路線」が、この前後から本格化した。1971年テレビ本部長を兼務し映像製作部門の全権を掌握。また33歳の若さで専務になっていた大川の息子・毅がボウリング、タクシー、ホテルなどの事業拡大に失敗。大川親子は斜陽化する映画事業から、ボウリングを主体とする娯楽会社に脱皮させようとしていた。これに労組が硬化し、部課長連合が大川社長に反旗を掲げ六・七十人が株を所有。毅は労組の吊るし上げを恐れ出社しない等、のっぴきならない状況となって竹井博友ら、労使問題のプロも断るような労組担当も引き受ける。この窮地をロックアウトを決行し何とか乗り切った。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • 久松真一 (脚本家)

    久松真一 (脚本家)から見た渡瀬恒彦渡瀬 恒彦

    2011年、渡哲也、渡瀬恒彦の兄弟が40年ぶりに共演した話題のドラマ、ドラマ特別企画2011「帰郷」(TBS)を執筆。久松真一 (脚本家) フレッシュアイペディアより)

  • 殺し屋人別帳

    殺し屋人別帳から見た渡瀬恒彦渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦の映画初出演であり、初主演でもある。殺し屋人別帳 フレッシュアイペディアより)

  • ボクの就職

    ボクの就職から見た渡瀬恒彦渡瀬 恒彦

    融通が利かない頑固者の浩一郎の息子の浩介が、浩一郎の親友の松郎が経営する会社に入社をし、さまざまな困難を乗り越えていくドラマ。緒形直人の正義感が溢れる演技と渡瀬恒彦の筋が通っている演技や忌野清志郎の飄々たる演技も受けた。また、かたせ梨乃扮するガミガミ言う上司の演技も度肝を抜いた。新人だった竹野内豊もこの作品でデビューする。ボクの就職 フレッシュアイペディアより)

  • 村橋明郎

    村橋明郎から見た渡瀬恒彦渡瀬 恒彦

    出演 渡瀬恒彦、風間杜夫、有森也実、哀川翔、真田麻垂美、六平直政、天宮良、中西良太、大久保貴光、鈴木清順、山田辰夫、伊武雅刀村橋明郎 フレッシュアイペディアより)

  • TBS水曜10時枠の連続ドラマ

    TBS水曜10時枠の連続ドラマから見た渡瀬恒彦渡瀬 恒彦

    人情紙風船(4月?5月)出演:渡瀬恒彦、関根恵子、芦屋雁之助TBS水曜10時枠の連続ドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 草壁署迷宮課おみやさん

    草壁署迷宮課おみやさんから見た渡瀬恒彦渡瀬 恒彦

    草壁署資料課(通称・迷宮課)の課長である鳥居勘三郎(おみやさん)が、部下である草壁署署長の娘・七尾洋子と未解決事件を解決する。1980年代に緒形拳主演でテレビドラマ化され、2002年から渡瀬恒彦主演で現在まで続くテレビドラマシリーズが制作されている。草壁署迷宮課おみやさん フレッシュアイペディアより)

  • 船越 英一郎

    船越英一郎から見た渡瀬恒彦渡瀬 恒彦

    刑事物語'85(1985年4月14日 - 9月29日、日本テレビ系、【主演:渡瀬恒彦】) - 青木紀信(巡査) 役船越英一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 月曜ドラマスペシャル

    月曜ドラマスペシャルから見た渡瀬恒彦渡瀬 恒彦

    十津川警部シリーズ (原作:西村京太郎、主演:渡瀬恒彦月曜ドラマスペシャル フレッシュアイペディアより)

  • きうちかずひろ

    きうちかずひろから見た渡瀬恒彦渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦/成瀬正孝 他] 脚本・監督を担当きうちかずひろ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
152件中 1 - 10件表示

「渡瀬恒彦」のニューストピックワード