188件中 51 - 60件表示
  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た阪神・淡路大震災

    故郷の兵庫県が阪神・淡路大震災で壊滅的な被害を受けた時に、兄の哲也ら石原軍団と共に被災地を訪れ、炊き出しを行い、被災者達に勇気を与えた。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た連続テレビ小説

    ちりとてちん(2007年10月1日?2008年3月29日、NHK、連続テレビ小説) - 徒然亭草若 役渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見たバスクリン

    ツムラバスクリン(裸の王様篇)渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た南極大陸 (テレビドラマ)

    南極大陸(2011年10月16日?12月、TBS、日曜劇場)- 倉持岳志の父 役渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た水曜ミステリー9

    北アルプス山岳救助隊・紫門一鬼シリーズ(2001年 - 2009年、テレビ東京、水曜ミステリー9) - 小室康平(白馬北警察署主任) 役渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た李元昊

    敦煌 (1988年、東宝) - 李元昊渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た芸能界

    その後電通PRセンターに勤務していた。兄の渡哲也は日活の青春スターとして地位を確立していた一方で、渡瀬は芸能界に興味がなく、入る意思はまったくなかった。しかし、第二の渡哲也を求める映画界では、デビュー前から兄よりスケールの大きい逸材として知られており、その芸能界入りを嘱望されていた。当時の東映は隆盛を誇った時代劇から、任侠映画やアクション映画に転換を図っており、渡瀬は社長の岡田茂に三顧の礼をもって口説き落とされ、エリートサラリーマン生活にピリオドを打って、1969年(昭和44年)に東映と契約した。兄が芸名で活動しているのに対し、本名で活動し始めたのは、入社した際、人気の高い高倉健を意識した会社側に「大倉純」という芸名を付けられそうになったが気に入らず、それなら本名の方が良いと申し出たことに由来している。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た石原莞爾

    226 (1989年、松竹富士) - 石原莞爾渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た脚本家

    また、普段はとても温厚だが、脚本家に対してけんか腰で議論することもあり、『炎立つ』に北大路欣也の代役として出演した際、脚本家の中島丈博と意見を対立させている。この経緯については、中島の著書『シナリオ無頼』に詳しい。また、松方弘樹が語ったところによると、映画『せんせい』で共演した際、先輩の千葉真一のことを「バーシー」と呼び捨てにしたりする我の強い一面もあったという。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見たNHK新大型時代劇

    真田太平記(1985年4月?1986年3月、NHK、NHK新大型時代劇) - 真田信之 役渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

188件中 51 - 60件表示

「渡瀬恒彦」のニューストピックワード