188件中 71 - 80件表示
  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た日活

    その後電通PRセンターに勤務していた。兄の渡哲也は日活の青春スターとして地位を確立していた一方で、渡瀬は芸能界に興味がなく、入る意思はまったくなかった。しかし、第二の渡哲也を求める映画界では、デビュー前から兄よりスケールの大きい逸材として知られており、その芸能界入りを嘱望されていた。当時の東映は隆盛を誇った時代劇から、任侠映画やアクション映画に転換を図っており、渡瀬は社長の岡田茂に三顧の礼をもって口説き落とされ、エリートサラリーマン生活にピリオドを打って、1969年(昭和44年)に東映と契約した。兄が芸名で活動しているのに対し、本名で活動し始めたのは、入社した際、人気の高い高倉健を意識した会社側に「大倉純」という芸名を付けられそうになったが気に入らず、それなら本名の方が良いと申し出たことに由来している。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た角川春樹事務所

    時をかける少女 (1997年、角川春樹事務所) - 骨董屋の主人 役渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た皇帝のいない八月

    1970年(昭和45年)、映画『殺し屋人別帳』の主役としてデビューした。その鋭い顔立ちから数多くの反社会的な役柄で本領を発揮して、主としてアクション映画やヤクザ映画でスクリーン狭しと暴れまくったが、兄の渡とは違った雰囲気を持つことが却って災いして、アクションスターとしては物足りない中途半端な俳優として、デビュー当初に東映が抱いていた期待を裏切ることになった。しかし、その演技力は1978年(昭和53年)に『赤穂城断絶』、松竹映画『事件』で、ブルーリボン賞・日本アカデミー賞・キネマ旬報等助演男優賞を受賞したことで評価を一新し、同年は松竹映画『皇帝のいない八月』でも、狂気を湛えた元エリートの反乱分子を演じている。1979年(昭和54年)には松竹映画『震える舌』『神様のくれた赤ん坊』でキネマ旬報主演男優賞受賞した。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た天と地と

    天と地と (1990年、東映) - 宇佐美定行 役渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た赤穂城断絶

    1970年(昭和45年)、映画『殺し屋人別帳』の主役としてデビューした。その鋭い顔立ちから数多くの反社会的な役柄で本領を発揮して、主としてアクション映画やヤクザ映画でスクリーン狭しと暴れまくったが、兄の渡とは違った雰囲気を持つことが却って災いして、アクションスターとしては物足りない中途半端な俳優として、デビュー当初に東映が抱いていた期待を裏切ることになった。しかし、その演技力は1978年(昭和53年)に『赤穂城断絶』、松竹映画『事件』で、ブルーリボン賞・日本アカデミー賞・キネマ旬報等助演男優賞を受賞したことで評価を一新し、同年は松竹映画『皇帝のいない八月』でも、狂気を湛えた元エリートの反乱分子を演じている。1979年(昭和54年)には松竹映画『震える舌』『神様のくれた赤ん坊』でキネマ旬報主演男優賞受賞した。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た日本アカデミー賞

    1970年(昭和45年)、映画『殺し屋人別帳』の主役としてデビューした。その鋭い顔立ちから数多くの反社会的な役柄で本領を発揮して、主としてアクション映画やヤクザ映画でスクリーン狭しと暴れまくったが、兄の渡とは違った雰囲気を持つことが却って災いして、アクションスターとしては物足りない中途半端な俳優として、デビュー当初に東映が抱いていた期待を裏切ることになった。しかし、その演技力は1978年(昭和53年)に『赤穂城断絶』、松竹映画『事件』で、ブルーリボン賞・日本アカデミー賞・キネマ旬報等助演男優賞を受賞したことで評価を一新し、同年は松竹映画『皇帝のいない八月』でも、狂気を湛えた元エリートの反乱分子を演じている。1979年(昭和54年)には松竹映画『震える舌』『神様のくれた赤ん坊』でキネマ旬報主演男優賞受賞した。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た十津川警部シリーズ (渡瀬恒彦)

    2004年(平成16年)の『十津川警部シリーズ 東北新幹線「はやて」殺人事件』では、最初の妻だった大原と26年ぶりの共演を果たした。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た震える舌

    1970年(昭和45年)、映画『殺し屋人別帳』の主役としてデビューした。その鋭い顔立ちから数多くの反社会的な役柄で本領を発揮して、主としてアクション映画やヤクザ映画でスクリーン狭しと暴れまくったが、兄の渡とは違った雰囲気を持つことが却って災いして、アクションスターとしては物足りない中途半端な俳優として、デビュー当初に東映が抱いていた期待を裏切ることになった。しかし、その演技力は1978年(昭和53年)に『赤穂城断絶』、松竹映画『事件』で、ブルーリボン賞・日本アカデミー賞・キネマ旬報等助演男優賞を受賞したことで評価を一新し、同年は松竹映画『皇帝のいない八月』でも、狂気を湛えた元エリートの反乱分子を演じている。1979年(昭和54年)には松竹映画『震える舌』『神様のくれた赤ん坊』でキネマ旬報主演男優賞受賞した。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た時代屋の女房

    時代屋の女房 (1983年、松竹)- 主演・安 役渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見たまむしの兄弟

    まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯 (1972年、東映) - リキ 役渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

188件中 71 - 80件表示

「渡瀬恒彦」のニューストピックワード