414件中 81 - 90件表示
  • 渡瀬恒彦

    渡瀬恒彦から見た桂吉弥

    桂吉弥が3月16日所属事務所を通じてコメント発表、17日独演会取材会の席上で思い出を振り返った。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬恒彦

    渡瀬恒彦から見た室田日出男

    ダウンタウン司会による『ダウンタウンDX』で川谷拓三がゲストの時(1995年8月17日放送)に同番組のクイズコーナー「芸能人イメージレース」で『仁義なき戦い』の映像を基に元極道で富士山を描く放浪画家・山本集に「次の5人のうち誰が最も本物に見えるか?」として松方弘樹(坂井鉄也役『仁義なき戦い』)、室田日出男(早川英男役『代理戦争』)、梅宮辰夫(岩井信一役『代理戦争』)、渡瀬恒彦(有田俊雄役『仁義なき戦い』)、川谷拓三(西条勝治役『代理戦争』)のなかから選んでもらったところまず、松方弘樹は育ちのよさが見えることから外され、次に梅宮辰夫も(眉毛を剃っているものの)ムリしてる感じがあり、室田も同様の理由で外され、最終的に川谷と渡瀬が残ったが、川谷も本職らしく見えると評価するものの最終的には渡瀬が選ばれ、山本曰く「渡瀬だったら極道として通用すると思う」とお墨付きのコメントをする。同コーナーの解答者としてゲストの川谷拓三と志賀勝が渡瀬を言い当てており、司会の浜田から「なんでわかったんですか?」と訊ねられたところ「そりゃ、やっぱり渡瀬さんは…なあ」と川谷と志賀が互いに顔を見合わせながら口ごもるのを見て司会のダウンタウンも「きっとお二人にしかわからん事もあるんでしょうね」と察していた。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬恒彦

    渡瀬恒彦から見た伊吹吾郎

    「現代やくざ 血桜三兄弟」(1971年)、高田宏治に「あんなハチャメチャなヒロポン中毒の殺人鬼は彼しかできない」と言わしめた「実録・私設銀座警察」(1973年)、小林旭と壮絶で悲劇的な兄弟の殺し合いを繰り広げた『唐獅子警察』(1974年)、梶芽衣子と日本版ボニー&クライドを演じた「ジーンズ・ブルース 明日なき無頼派」(1974年)などデビュー以来渡瀬は底辺でもがくアウトローを演じ続けてきた。しかし、1977年「北陸代理戦争」の撮影中渡瀬が運転ミスでオープンジープから投げ出されて、ジープに足を潰され生死の淵をさまよう大怪我を負い降板(代役は伊吹吾郎)。監督・深作欣二と脚本家・高田宏治は責任を感じ、渡瀬の病室を見舞った。麻酔が効いて眠り目が覚めるとその度に枕元に深作がいた。「こうなっちゃ仕方ないよ」と逆に深作と高田を慰めた という。自分の人生を考えるというよりも、振り返る感覚もなく、ただ「久しぶりに何もない時間があった」 この時の大怪我が元でアクション俳優から性格俳優へと転向する。渡瀬自身も後年「結果的には役の幅が広かった」と述懐した。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬恒彦

    渡瀬恒彦から見た岩尾正隆

    「無類の酒好きなのに、忘年会などどこからも声がかからないから自分たちで飲み会をやろう」というのが結成のきっかけだった という。映画にクレジットされることもない大部屋役者たちと、東映のやくざ映画やアクション映画などに出演した際に親交を深めた志賀勝、川谷拓三、片桐竜次、野口貴史、岩尾正隆、小林稔侍らが17名で結成した「ピラニア軍団」の発起人となったことでも知られている。破天荒な役者たちをおもしろがり、村長役を買って出たのが深作欣二、中島貞夫、倉本聰。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬恒彦

    渡瀬恒彦から見た徳重聡

    徳重聡(女優 麗子〜炎のように、2013年3月6日)渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬恒彦

    渡瀬恒彦から見た中西良太

    3月17日 生前派手なことを嫌った本人と家族との間で話しあって、希望していた通りの家族葬が営まれた。遺影は昨年1月、妻の誕生日に撮影された写真。渡瀬が好きなオンシジュームをメインとした花で棺を取り囲み、棺の中には家族からの手紙や家族写真が納められた。葬儀には家族の他に渡夫妻、親しい俳優仲間である片桐竜次、不破万作、中西良太、木村栄、成瀬正孝ら約30人が参列(舘ひろしは葬儀の前に線香をあげに訪れた)。葬儀終了後、自宅に戻った渡哲也が取材に応じ、亡くなる間際まで出演へ執念を見せた「警視庁捜査一課9係 Season12」に出演できない無念を代弁した。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬恒彦

    渡瀬恒彦から見た原田龍二

    2006年と2012年にゲスト出演した原田龍二が3月16日ブログを通じてコメントを発表した。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬恒彦

    渡瀬恒彦から見た梶芽衣子

    「現代やくざ 血桜三兄弟」(1971年)、高田宏治に「あんなハチャメチャなヒロポン中毒の殺人鬼は彼しかできない」と言わしめた「実録・私設銀座警察」(1973年)、小林旭と壮絶で悲劇的な兄弟の殺し合いを繰り広げた『唐獅子警察』(1974年)、梶芽衣子と日本版ボニー&クライドを演じた「ジーンズ・ブルース 明日なき無頼派」(1974年)などデビュー以来渡瀬は底辺でもがくアウトローを演じ続けてきた。しかし、1977年「北陸代理戦争」の撮影中渡瀬が運転ミスでオープンジープから投げ出されて、ジープに足を潰され生死の淵をさまよう大怪我を負い降板(代役は伊吹吾郎)。監督・深作欣二と脚本家・高田宏治は責任を感じ、渡瀬の病室を見舞った。麻酔が効いて眠り目が覚めるとその度に枕元に深作がいた。「こうなっちゃ仕方ないよ」と逆に深作と高田を慰めた という。自分の人生を考えるというよりも、振り返る感覚もなく、ただ「久しぶりに何もない時間があった」 この時の大怪我が元でアクション俳優から性格俳優へと転向する。渡瀬自身も後年「結果的には役の幅が広かった」と述懐した。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬恒彦

    渡瀬恒彦から見た荒木一郎

    中島貞夫は渡瀬が演技に開眼したのは「現代やくざ 血桜三兄弟」(1971年)における荒木一郎との出会いと話している。ある三兄弟の末弟を演じた渡瀬が、もぐらと仇名される気弱な男を演じる荒木一郎と不思議な友情で結ばれるあるシーン。2人には長回しするからと事前に伝えてあったが、どちらが言い出したのか2人だけでリハーサルを行っていた。妙にウマも合ったのか、演技にはうるさい荒木の影響を受けて、それまでのただ生身をぶつけるような演技から変貌を遂げた。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬恒彦

    渡瀬恒彦から見た岩城滉一

    不良が売りだった岩城滉一や舘ひろしが在籍していたクールスのメンバーが調子に乗りすぎて挨拶もできなかったのをボコボコにして川に投げ込んだ。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

414件中 81 - 90件表示