188件中 81 - 90件表示
  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見たキネマ旬報

    1970年(昭和45年)、映画『殺し屋人別帳』の主役としてデビューした。その鋭い顔立ちから数多くの反社会的な役柄で本領を発揮して、主としてアクション映画やヤクザ映画でスクリーン狭しと暴れまくったが、兄の渡とは違った雰囲気を持つことが却って災いして、アクションスターとしては物足りない中途半端な俳優として、デビュー当初に東映が抱いていた期待を裏切ることになった。しかし、その演技力は1978年(昭和53年)に『赤穂城断絶』、松竹映画『事件』で、ブルーリボン賞・日本アカデミー賞・キネマ旬報等助演男優賞を受賞したことで評価を一新し、同年は松竹映画『皇帝のいない八月』でも、狂気を湛えた元エリートの反乱分子を演じている。1979年(昭和54年)には松竹映画『震える舌』『神様のくれた赤ん坊』でキネマ旬報主演男優賞受賞した。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見たおみやさん

    1994年(平成6年)に脳梗塞を起こしていたことを、『徹子の部屋』で明らかにした。『徹子の部屋』には2008年(平成20年)にも出演した際、普段は刑事役で知られる渡瀬であるが、実生活で「振り込め詐欺」の被害に遭いそうになったことを告白した(その後「おみやさん」第6シリーズ最終話では、この振り込め詐欺の手口をリアルに演じた)。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た女と愛とミステリー

    女と愛とミステリー「湯けむり殺人案内 なんにも専務の名推理」(2003年1月、テレビ東京) - 野苔由美夫 役渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た事件

    1970年(昭和45年)、映画『殺し屋人別帳』の主役としてデビューした。その鋭い顔立ちから数多くの反社会的な役柄で本領を発揮して、主としてアクション映画やヤクザ映画でスクリーン狭しと暴れまくったが、兄の渡とは違った雰囲気を持つことが却って災いして、アクションスターとしては物足りない中途半端な俳優として、デビュー当初に東映が抱いていた期待を裏切ることになった。しかし、その演技力は1978年(昭和53年)に『赤穂城断絶』、松竹映画『事件』で、ブルーリボン賞・日本アカデミー賞・キネマ旬報等助演男優賞を受賞したことで評価を一新し、同年は松竹映画『皇帝のいない八月』でも、狂気を湛えた元エリートの反乱分子を演じている。1979年(昭和54年)には松竹映画『震える舌』『神様のくれた赤ん坊』でキネマ旬報主演男優賞受賞した。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た化石の荒野

    化石の荒野 (1982年、東映) - 仁科草介 役渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た月曜ゴールデン

    世直し公務員 ザ・公証人シリーズ(2002年 - 、TBS、月曜ミステリー劇場⇒月曜ゴールデン) - 主演・真山壱成 役渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見たREX 恐竜物語

    REX 恐竜物語 (1993年、松竹) - 立野昭良 役渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た月曜ミステリー劇場

    世直し公務員 ザ・公証人シリーズ(2002年 - 、TBS、月曜ミステリー劇場⇒月曜ゴールデン) - 主演・真山壱成 役渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た三国志 (アニメ映画)

    三国志 完結編・遥かなる大地(曹操役で声を担当、兄渡哲也の病気により交代出演、1994年)渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬 恒彦

    渡瀬恒彦から見た大激闘マッドポリス'80

    大激闘マッドポリス'80(1980年4月?7月、日本テレビ)- 氷室健一 役渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

188件中 81 - 90件表示

「渡瀬恒彦」のニューストピックワード