132件中 71 - 80件表示
  • 西川右近

    西川右近から見た渡辺えり渡辺えり

    9月、名古屋をどりで、種田山頭火を題材にした、渡辺えり作「風の中、ゆく」で渡辺えりと夫婦役で共演。西川右近 フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺 丈

    小野寺丈から見た渡辺えり子渡辺えり

    JOE Companyは10年間の活動休止後、現在はプロデュースユニットとしてプロデュースシステムに移行しているが、旗揚げした当初は所属劇団員を抱えた劇団システムであった。運営などはワンマンであったが、野田秀樹主宰の夢の遊民社や、渡辺えり子主宰の劇団300、つかこうへい事務所のつかこうへいなど、一人の主宰者のエネルギーで座員を引っ張っていくスタイルは他劇団を見ても、小劇団を維持していくには必要なシステムであった。旗揚げしてから3年後『PLUSTIC-ILLUSION』という作品を契機に、所属劇団員の向上心と競争心を触発させることと作品のレベルアップを目的に、外部からキャリア豊かな実力のある客演を呼び始めた。小野寺自身もメインの役を張ることは多かったが、演技経験の浅い劇団員とは、少なからず実力の差が明らかなため、芯を張らざるを得なかった。その後、番外公演と称して、小野寺以外の劇団員だけによる創作と出演の舞台を、小野寺自身が企画し、二度ほど(キッドアイラックホールと旧・シアターグリーンにて)、提供したことがある。その最初の公演のパンフレットに、小野寺自身が《親獅子が子供を谷底に突き落とすような心境(中略)劇団員たちの自主性や実力の向上を願い、勉強してもらいたい》というような主旨のコメントを寄せていた。そして、客演を呼んだ際も、劇団員にもチャンスを与え、メインの役を与えることも多かった。劇団というスタイルを捨て、近年のプロデュースシステムに移行してからは、実力のある役者を集め、一般オーディションも敢行し、自身はほぼ全作、脇役に撤している。小野寺丈 フレッシュアイペディアより)

  • 石田 えり

    石田えりから見た渡辺えり渡辺えり

    逢魔が恋暦(1988年、新橋演舞場、 脚本:唐十郎、演出:渡辺えり子石田えり フレッシュアイペディアより)

  • 木村裕一

    木村裕一から見た渡辺えり子渡辺えり

     井筒和幸・井上ひさし・香山リカ・姜尚中・黒柳徹子・猿谷要・品川正治・辛酸なめ子・田島征三・中村哲・半藤一利・ピーコ・松本侑子・美輪明宏・森永卓郎・吉永小百合・渡辺えり子との共著木村裕一 フレッシュアイペディアより)

  • 嵐山光三郎

    嵐山光三郎から見た渡辺えり子渡辺えり

    南伸坊、松村友視、中沢新一、渡辺えり子、中村えい子、橋本治、糸井重里など嵐山光三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井幸博

    荒井幸博から見た渡辺えり渡辺えり

    1:田中邦衛、浅丘ルリ子、柴田恭兵、高橋英樹、淡路恵子、西田敏行、栗原小巻、赤塚真人、松坂慶子、永島敏行、松原智恵子、大杉漣、役所広司、竹中直人、渡辺えり、竹野内豊、水野美紀、小泉今日子、柳沢慎吾、東山紀之、田中麗奈、舘ひろし、仲村トオル 他   荒井幸博 フレッシュアイペディアより)

  • TEAM NACS

    TEAM NACSから見た渡辺えり渡辺えり

    公演を重ねるごとに力をつけており、その演技力は劇作家で女優の渡辺えりや演劇集団キャラメルボックス制作総指揮の加藤昌史ら、東京の演劇界からも注目されている。TEAM NACS フレッシュアイペディアより)

  • 湾岸署婦警物語 初夏の交通安全スペシャル

    湾岸署婦警物語 初夏の交通安全スペシャルから見た渡辺えり渡辺えり

    桑野冴子(勝どき署交通課・巡査部長、湾岸署に出向) - 渡辺えり子(現・渡辺えり湾岸署婦警物語 初夏の交通安全スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • コミック雑誌なんかいらない!

    コミック雑誌なんかいらない!から見た渡辺えり子渡辺えり

    渡辺えり子 (キナメリの妻)コミック雑誌なんかいらない! フレッシュアイペディアより)

  • テレビ朝日・ABC金曜9時枠の連続ドラマ

    テレビ朝日・ABC金曜9時枠の連続ドラマから見た渡辺えり渡辺えり

    原作:西原理恵子、出演:山田優、陣内孝則、渡辺えり、塚地武雅、小泉孝太郎、大杉漣ほかテレビ朝日・ABC金曜9時枠の連続ドラマ フレッシュアイペディアより)

132件中 71 - 80件表示

「渡辺えり」のニューストピックワード