161件中 81 - 90件表示
  • 岸田國士戯曲賞

    岸田國士戯曲賞から見た渡辺えり子渡辺えり

    第27回(1983年) - 野田秀樹『野獣降臨(のけものきたりて)』、山元清多『比野置(ピノッキオ)ジャンバラヤ』、渡辺えり子『ゲゲゲのげ』岸田國士戯曲賞 フレッシュアイペディアより)

  • 金曜プレステージ

    金曜プレステージから見た渡辺えり渡辺えり

    第2作 銭女(2014年4月11日 主演:渡辺えり金曜プレステージ フレッシュアイペディアより)

  • 理由 (小説)

    理由 (小説)から見た渡辺えり渡辺えり

    義文の妻 片倉幸恵:渡辺えり理由 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 梅沢昌代

    梅沢昌代から見た渡辺えり渡辺えり

    瞼の母(2008年、シス・カンパニー 作:長谷川伸 演出:渡辺えり梅沢昌代 フレッシュアイペディアより)

  • 姓名判断

    姓名判断から見た渡辺えり渡辺えり

    このほかにも野球の山本浩二や歌手の石田燿子、加山雄三、渡辺えりなどが姓名判断を元に改名した経験を持つ。姓名判断 フレッシュアイペディアより)

  • 田島征三

    田島征三から見た渡辺えり子渡辺えり

    (井筒和幸・井上ひさし・香山リカ・姜尚中・木村裕一・黒柳徹子・猿谷要・品川正治・辛酸なめ子・中村哲・半藤一利・ピーコ・松本侑子・美輪明宏・森永卓郎・吉永小百合・渡辺えり子)『憲法を変えて戦争に行こう―という世の中にしないための18人の発言』(岩波書店[岩波ブックレット],2005年,ISBN 4000093576)田島征三 フレッシュアイペディアより)

  • 日本映画プロフェッショナル大賞

    日本映画プロフェッショナル大賞から見た渡辺えり子渡辺えり

    特別賞:渡辺えり子『忠臣蔵外伝 四谷怪談』、『怖がる人々』日本映画プロフェッショナル大賞 フレッシュアイペディアより)

  • ひるブラ

    ひるブラから見た渡辺えり渡辺えり

    寺脇康文、渡辺えり - 朝ドラ『おひさま』ロケ地(安曇野)の回のゲスト。寺脇は中継ゲスト(帯広競馬場から)でも出演している。ひるブラ フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺 丈

    小野寺丈から見た渡辺えり子渡辺えり

    JOE Companyは10年間の活動休止後、現在はプロデュースユニットとしてプロデュースシステムに移行しているが、旗揚げした当初は所属劇団員を抱えた劇団システムであった。運営などはワンマンであったが、野田秀樹主宰の夢の遊眠社や、渡辺えり子主宰の劇団3○○、つかこうへい事務所のつかこうへいなど、一人の主宰者のエネルギーで座員を引っ張っていくスタイルは他劇団を見ても、小劇団を維持していくには必要なシステムであった。旗揚げしてから3年後『PLUSTIC-ILLUSION』という作品を契機に、所属劇団員の向上心と競争心を触発させることと作品のレベルアップを目的に、外部からキャリア豊かな実力のある客演を呼び始めた。小野寺自身もメインの役を張ることは多かったが、演技経験の浅い劇団員とは、少なからず実力の差が明らかなため、芯を張らざるを得なかった。その後、番外公演と称して、小野寺以外の劇団員だけによる創作と出演の舞台を、小野寺自身が企画し、二度ほど(キッドアイラックホールと旧・シアターグリーンにて)、提供したことがある。その最初の公演のパンフレットに、小野寺自身が《親獅子が子供を谷底に突き落とすような心境(中略)劇団員たちの自主性や実力の向上を願い、勉強してもらいたい》というような主旨のコメントを寄せていた。そして、客演を呼んだ際も、劇団員にもチャンスを与え、メインの役を与えることも多かった。劇団というスタイルを捨て、近年のプロデュースシステムに移行してからは、実力のある役者を集め、一般オーディションも敢行し、自身はほぼ全作、脇役に撤している。小野寺丈 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日山裕子

    朝日山裕子から見た渡辺えり渡辺えり

    ・女優渡辺えりの付き人をしていたが2日でクビになる。朝日山裕子 フレッシュアイペディアより)

161件中 81 - 90件表示

「渡辺えり」のニューストピックワード

  • タップアート 〜数字で塗り絵〜

  • 新興国でインフラ投資が積極的に行われていることなどから、建機需要は全体的に需要が高い

  • コール・オブ・クトゥルフ(Call of Cthulhu)