前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
145件中 1 - 10件表示
  • 日本シリーズにおける各種記録

    日本シリーズにおける各種記録から見た渡辺久信渡辺久信

    渡辺久信(西武ライオンズ、1986年)日本シリーズにおける各種記録 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た渡辺久信渡辺久信

    中日ドラゴンズの田尾安志をトレードで獲得、5年目の秋山幸二がホームラン王を争い投手陣では2年目の渡辺久信、4年目の工藤公康が主力投手となるなど若い力が台頭、2年ぶりのリーグ優勝を果たす。しかし、日本シリーズでは阪神タイガースの前に2勝4敗で敗れた。シーズン終了後、広岡監督が自身の健康問題(痛風)などを理由に契約年数を1年残して辞任した。後任には1982年から1984年まで広岡監督の下、バッテリーコーチ(ヘッド格)を務めた森昌彦が就任した。この年のドラフトで、甲子園通算本塁打記録を持つPL学園の清原和博を6球団競合の末、交渉権を獲得している。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 1990年の日本シリーズ

    1990年の日本シリーズから見た渡辺久信渡辺久信

    (西)○渡辺久(1勝)?伊東1990年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 広岡達朗

    広岡達朗から見た渡辺久信渡辺久信

    田淵が1984年限りで引退したことから、広岡は外国人選手の長距離砲を渇望。カリフォルニア・エンゼルスに在籍していたドン・ベイラーを獲得するようフロントに進言したが、球団は打者ではなく台湾球界のエースだった郭泰源を獲得した。当時の外国人選手の登録枠は2人だったが、ジェリー・ホワイトの解雇で空いた枠を野手ではなく投手に振り分けてしまったことで、一軍登録は「野手1人・投手1人」となる(スティーブ・オンティベロスと郭泰源)。これで広岡はますますフロントに対して反感を抱く。は秋山幸二・辻発彦・工藤公康・渡辺久信などの若手選手が台頭し、独走状態でリーグ優勝を果たした。しかし広岡はシーズン終盤に持病の痛風が悪化してチームから離れ病気療養し、優勝決定時には現場に不在だった。同年の日本シリーズでは、現役時代のライバル・吉田義男率いる阪神に2勝4敗で敗れて日本一を逃した。広岡達朗 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤公康

    工藤公康から見た渡辺久信渡辺久信

    1980年代当時の野球選手の普段着は、大き目の襟のゴルフシャツ、ベスト、スラックス、エナメル靴、ヘアスタイルも角刈り、パンチパーマが当たり前であったが、DCブランド、ジーンズ、スニーカーを着こなし、ヒーローインタビューで笑いをとったり、優勝決定時の胴上げに加わらず、カメラに向かってはしゃぐ等のパフォーマンスをよく行っていた。そのため、先輩等に酷評されることもあったが、1986年の新語・流行語大賞では、その年の流行語「新人類」を象徴して清原和博、渡辺久信と共に表彰され、球界に新風を吹かした先駆者であった。また渡辺とは翌1987年ので春季キャンプの頃、テレビ朝日『ニュースステーション』で「クドちゃんナベちゃんのキャンプフライデー」というコーナーを持ったことがある。工藤公康 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た渡辺久信渡辺久信

    クライマックスシリーズでは第1戦と第5戦に先発、計15回を投げ1失点、2勝を挙げた。第5戦は7回二死まで走者を許さず、最終的には3安打無四球完封勝利で胴上げ投手となり、シリーズのMVPに輝く。当初はシーズン後半不調であった涌井を1戦目に起用することには賛否両論あったが、「大舞台に強い」という理由で監督の渡辺久信が登板を決断し、見事期待に応える形となった。読売ジャイアンツとの日本シリーズでは第1戦と第5戦に先発、第1戦では8回を投げ1安打1失点に抑え相手の先発の上原浩治に投げ勝ち、チームに勝利を呼び込んだ。第5戦も上原との投げあいになるが、上原は3回2失点で降板し、自身は6回まで1失点に抑えるも7回に突如乱れ4失点しこの回途中で降板し、チームも敗れ日本一に王手をかけられる。しかし、第7戦に5回から中継ぎで登板すると2イニングをパーフェクトに抑え、第5戦のリベンジに成功する。8回にチームが逆転しそのまま日本一を達成。この試合で西武は先発西口文也以外の投手は自身も含めて1人の走者も出さなかった。アジアシリーズでは決勝の統一ライオンズ戦に先発し6回2/3を無失点に抑え優勝に貢献した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 文化放送ライオンズナイター

    文化放送ライオンズナイターから見た渡辺久信渡辺久信

    2007年からは、文化放送の組織改革により、アナウンサーが実況アナウンサーと技術スタッフも兼任する「アナデユースナイター」の放送体制となっている。これにより番組のキャッチコピーも14年ぶりに一新。キャッチコピーは「生西武やってます。」但し、遠征試合は従来どおり、NRN系列局(下記参照)が技術スタッフを担当する。また、試合開始直前に放送される「プロ野球直前情報」では、主に監督へのインタビューが、試合中の1回表(ビジターの場合は1回裏)終了直後には「中島裕之の今日も一発、やったるで!!」と題して同選手へのインタビューが放送されている。さらに2007年からの試みとして、監督もしくは球団にゆかりのある人物によるタイトルコールを番組冒頭に使いはじめた(2007年は伊東勤監督の双子の子供が、2008・2009年は渡辺久信監督がそれぞれ務めた)2009年は若手選手のインタビュー「ピックアップライオンズ」ほか、選手自身の肉声による選手紹介(事前収録したテープを流す。例えばアナウンサーが「一番・セカンド」とコールしたあと、「片岡易之」と片岡自身によるコールの音声を流す)およびジングルを流している。文化放送ライオンズナイター フレッシュアイペディアより)

  • 清原和博

    清原和博から見た渡辺久信渡辺久信

    1986年シーズンは本塁打31の他、打率.304及び打点78も1955年・榎本の打率.298・67打点を更新する高卒新人の歴代最高記録を残し、新人選手の二桁本塁打は27年ぶり、5人目の快挙であり、新人王に選出された。同年の日本シリーズには8試合全てに4番・一塁でフル出場を果たし、初戦で自打球を左足に当てて親指を骨折するというアクシデントに見舞われたものの、打率.355(31打数11安打)でシリーズ首位打者および最多安打を記録して、チームの日本一に貢献。シリーズ優秀選手賞を獲得した。この年は流行語大賞を獲った「新人類」の代表として、工藤公康、渡辺久信と表彰式に出席した。清原和博 フレッシュアイペディアより)

  • 定詰雅彦

    定詰雅彦から見た渡辺久信渡辺久信

    4月6日、西武ライオンズとの開幕戦で一軍公式戦初出場を果たす。同時に渡辺久信からプロ入り初打席で初安打を記録。同年は53試合に出場した。そして頃からチームの正捕手としてチームを引っ張る。は正捕手に定着しチームリーグ2位の躍進に貢献した。また強肩であったため、チームのエース的存在だった伊良部秀輝との相性が良く彼のタイトル獲得に貢献した。しかし毎年バッティングの課題が克服できず、に日本ハムファイターズから移籍した田村藤夫に正捕手の座を奪われ(しかし田村は翌年FAで退団)、出場試合数も100試合を切った。定詰雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • ハーマン・リベラ

    ハーマン・リベラから見た渡辺久信渡辺久信

    1989年10月5日、当時の近鉄球団のオーナーであった佐伯勇が逝去、また同日の対オリックス戦に敗れた近鉄は自力優勝が消滅し、チームの空気が沈んでいた。しかし翌10月6日の対オリックス戦、延長10回、リベラはその重苦しい空気を振り払うサヨナラ3ラン本塁打を放ち、快勝した。試合後のコメント「このホームランを、妻とおなかの中の子と、きのう亡くなった佐伯オーナーにささげる」。10月10日、西武ライオンズとの直接対決3連戦の第1戦。西武・渡辺久信と近鉄・山崎慎太郎の息詰まる投手戦は、8回表のリベラのソロ本塁打が決勝点となり、大事な初戦に勝利した(この試合、リベラだけが先発野手でただ一人、渡辺から三振を奪われていなかった)。ハーマン・リベラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
145件中 1 - 10件表示

「渡辺久信」のニューストピックワード