144件中 91 - 100件表示
  • 石井丈裕

    石井丈裕から見た渡辺久信渡辺久信

    はシーズン当初より完全に先発投手として起用され、郭の故障や渡辺久信の不調がある中で工藤公康とともにシーズンを通じて安定した働きを見せた。同年は4完封を含む12勝を挙げ、日本シリーズでは第4戦で先発し、1失点ながら4回降板で敗戦投手となった。翌は勝ち数は6勝にとどまったものの、シーズン終盤には郭泰源とともにリリーフに回りチームの11連勝を支えた。9月は1勝0敗4S、防御率1.20と好投し、月間MVPに選ばれている。日本シリーズでも中継ぎを務め、第3戦では敗戦投手となったものの第4戦では9回途中から延長12回までを投げ抜き、勝利投手となった。オフには3,200万円増の1億1,000万円で契約を更改し、1億円プレイヤーとなっている。石井丈裕 フレッシュアイペディアより)

  • 松山秀明

    松山秀明から見た渡辺久信渡辺久信

    初安打:同上、3回裏に渡辺久信から二塁打松山秀明 フレッシュアイペディアより)

  • ガンバレ日本プロ野球!?

    ガンバレ日本プロ野球!?から見た渡辺久信渡辺久信

    2001年度シーズンオフから開始。最初は討論番組、大塚が加わった2002年1月初回放送のゲスト・渡辺久信の回からMC形式となり2013年1月初回放送の最後のゲスト・中島裕之に至る。出演したゲストは歴代で約200人。番組は原則として各シーズン全8回で、そのうち6回はOB・選手をゲストに迎え、最後の2回は各球団の春季キャンプ巡りとなっているが、年によっては以下のように例外もある。ガンバレ日本プロ野球!? フレッシュアイペディアより)

  • ボク達同級生!プロ野球昭和40年会VS48年会

    ボク達同級生!プロ野球昭和40年会VS48年会から見た渡辺久信渡辺久信

    渡辺久信(元西武→ヤクルト→台湾嘉南勇士→現:西武監督)ボク達同級生!プロ野球昭和40年会VS48年会 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本シリーズ

    2008年の日本シリーズから見た渡辺久信渡辺久信

    指揮を執る西武・渡辺久信、巨人・原辰徳両監督は、現役時代3度(1987年、1990年、1994年)日本シリーズで顔合わせしており、このシリーズで初めて監督として対峙することになった。2008年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 平野将光

    平野将光から見た渡辺久信渡辺久信

    シーズン中、岸孝之・石井一久など相次ぐ先発投手の故障により一軍昇格。監督の渡辺久信は『こういう時のために(平野の)ローテーションは崩さないでもらっていた。』とコメントしている。7月15日北海道日本ハムファイターズ戦でプロ2勝目にして、初完投・初完封勝利をあげた。平野将光 フレッシュアイペディアより)

  • 犬飼小次郎

    犬飼小次郎から見た渡辺久信渡辺久信

    1996年4月6日、2年目の山田と初対戦を果たす。この試合では、6回に山田の強烈なピッチャーライナーを胸に受け、肋骨にヒビが入ってしまうが、9回途中まで投げ抜いた。しかし、相手の渡辺久信に完全試合を達成され、山田に許した被安打1で敗れる(山田の三塁打の後、清原和博のピッチャーゴロを肋骨の痛みによって悪送球して失点し降板)。しかし同年の最終戦において、山田を始めとした西武打線を11回2/3完封し、見事最優秀防御率のタイトルを獲得、岩鬼に本塁打王の単独タイトルを獲らせた。犬飼小次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 新人類

    新人類から見た渡辺久信渡辺久信

    学界・言論界では中森明夫、野々村文宏、田口賢司、浅田彰(当時京都大学人文科学研究所助手)など。芸能界では泉麻人、秋元康、石橋貴明、松田聖子、小泉今日子など。野球界では、当時の西武ライオンズの選手が、ファッションや言動などこれまでの球界の常識を打ち破り、当時在籍していた工藤公康、渡辺久信、清原和博が代表的な存在。新人類 フレッシュアイペディアより)

  • 星野智樹

    星野智樹から見た渡辺久信渡辺久信

    2007年に不振から連続50試合登板が途切れて自信を失いかけていた星野に、渡辺久信は2008年春季キャンプで星野を主力組に呼ばず奮起を促し、オープン戦であえて9回裏二死満塁、打者が前田智徳の場面で登板させて自信を付けさせ、63試合に登板して優勝に貢献するまで見事に復活させた。星野智樹 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た渡辺久信渡辺久信

    技術的にも、軸足である右足はプレートの右端に立てた上で左足をインステップすることでリリースポイントは通常より右側にずれ、腕は体幹に巻きつくように振られて遅れて出てくるため、ギリギリまで打者からは見にくくなっている。直球と変化球で腕の振り方が変わらないために球種の見極めが難しいこともよく指摘される。渡辺久信は文化放送解説者時代に「(西口とキャッチボールをするのは)慣れていないと危ない」と語ったことがある。西口文也 フレッシュアイペディアより)

144件中 91 - 100件表示

「渡辺久信」のニューストピックワード