145件中 91 - 100件表示
  • 星野伸之

    星野伸之から見た渡辺久信渡辺久信

    タイトル獲得は多くないものの、11年連続二桁勝利を記録するなど、パ・リーグを代表する投手として活躍した。その実績と端正な顔立ち、およそ野球選手らしくない細身な体型から同リーグの西崎幸広・阿波野秀幸・渡辺久信らと共に「トレンディエース」と呼ばれ、「星の王子さま」の愛称で親しまれた(「トレンディエース」の時代背景等は西崎の項を参照)。星野伸之 フレッシュアイペディアより)

  • 大石大二郎

    大石大二郎から見た渡辺久信渡辺久信

    100本塁打:1990年4月22日、対西武ライオンズ5回戦(西武ライオンズ球場)、4回表に渡辺久信から先制ソロ ※史上158人目大石大二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 八木沢荘六

    八木沢荘六から見た渡辺久信渡辺久信

    引退後はロッテに残りは二軍投手コーチ、からまで西武ライオンズ一軍投手コーチ、は西武二軍投手コーチ、から西武一軍投手コーチ、にロッテの監督に就任。同年は昨年に続き最下位、は5位、8月2日に休養した。は横浜ベイスターズ一軍投手コーチ、はフジテレビ・ニッポン放送野球解説者、からまで読売ジャイアンツ二軍投手コーチ、からまで阪神タイガース一軍投手コーチ、からまでラジオ日本解説者、はオリックスブルーウェーブ一軍投手コーチ、四国アイランドリーグ巡回コーチ、からまで東京ガス投手コーチ、からまで東京ヤクルトスワローズ二軍投手コーチ、からBCリーグ・群馬ダイヤモンドペガサス投手コーチ、は群馬の特別アドバイザーを務めた。コーチ時代は中西太・山内一弘・水谷実雄・高畠康真(いずれも打撃コーチ)などと並び「12球団巡回コーチ」と呼ばれた渡辺久信(西武)、伊良部秀輝・河本育之・成本年秀(ロッテ)、福原忍・井川慶(阪神)を育て上げた。、同年2月6日に死去した森徹の後を受けて2月11日に日本プロ野球OBクラブ理事長に就任。八木沢荘六 フレッシュアイペディアより)

  • 松山秀明

    松山秀明から見た渡辺久信渡辺久信

    初安打:同上、3回裏に渡辺久信から二塁打松山秀明 フレッシュアイペディアより)

  • 新谷博

    新谷博から見た渡辺久信渡辺久信

    入団当時の西武は黄金期を迎えており、登板機会が得られないのではないと不安があったという。しかし社会人野球を経験して肉体が鍛えられており、キャンプで一軍投手陣に負けない球を投げられた事で自信を得た。また、渡辺久信や鹿取義隆の気づかいでチームに溶けこんでいった。開幕2戦目の4月7日の対オリックス戦で早くも初登板を果たし、渡辺智男の不振などから8月2日には初めて先発を任され、初勝利を挙げた。同年は9月中旬まで計8試合に先発し、2完投を含む2勝を記録している。同年の日本シリーズでは第5戦で初登板して5回途中から1回2/3を投げ5安打を浴びて1失点したものの、第6戦では4回途中から1回1/3を1安打無失点に抑えた。新谷博 フレッシュアイペディアより)

  • ライオンズ・クラシック

    ライオンズ・クラシックから見た渡辺久信渡辺久信

    6月28日の始球式は、西武の渡辺監督がピッチャー、西武OBで対戦相手・ソフトバンクの秋山監督がバッターで行った。ライオンズ・クラシック フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺智男

    渡辺智男から見た渡辺久信渡辺久信

    新人時代は渡辺久信や村田兆治を目標の選手に挙げ、本格派として長く活躍する事を目指していた。高校時代から続く腰痛には気功療法を行っていたが、に起きた投球イップスの影響により身体のバランスを失い、以降右ひじ痛や右肩痛、足首故障など度重なる故障により、プロでの活躍期間は短かった。渡辺智男 フレッシュアイペディアより)

  • 石井丈裕

    石井丈裕から見た渡辺久信渡辺久信

    はシーズン当初より完全に先発投手として起用され、郭の故障や渡辺久信の不調がある中、工藤公康とともに安定した働きを見せる。このシーズンも4完封を含む12勝を挙げたが、その12勝目を挙げた後は4連敗とやや尻つぼみな形で終える。ヤクルトスワローズとの日本シリーズでは第4戦で先発し、1失点ながら4回降板で敗戦投手となった。オフには2,800万円増の1億1,000万円で契約を更改し、1億円プレイヤーとなっている。石井丈裕 フレッシュアイペディアより)

  • 黒江透修

    黒江透修から見た渡辺久信渡辺久信

    引退後は、指導者として主に名参謀として活躍し、長嶋茂雄、近藤貞雄、広岡達朗、森祇晶、江尻亮、王貞治、渡辺久信を支えた。引退後は巨人に残り一軍守備・走塁コーチ補佐, からまで一軍守備・走塁コーチを務めたが1978年に解任。巨人を退任する際に長嶋から「片腕としてよくやってくれたけど、球団の考えなんだ。申し訳ないが辞めてくれ」と言われ、黒江は涙ながらに長嶋に「片腕の黒江を切るなら私も辞めますと、なぜ言ってくれなかったのですかと訴えました。」と言ったと言う 。からまでは日本テレビ・ラジオ日本解説者・日刊スポーツ評論家、からまで中日ドラゴンズ一軍打撃・走塁コーチ、西武ライオンズ二軍総合コーチ, 一軍総合コーチ, からまでテレビ東京・文化放送解説者・東京中日スポーツ評論家からまでヘッドコーチ(から打撃コーチ兼任)、二軍監督を務めた後監督の森と共に退団。はテレビ朝日・文化放送解説者・東京中日スポーツ評論家、千葉ロッテマリーンズ二軍監督、はNHK-BS1解説者・東京中日スポーツ評論家、からまで福岡ダイエーホークス一軍助監督兼打撃コーチ、からは長年西武でコンビを組んだ森が横浜ベイスターズの監督就任に伴い同球団のヘッドコーチに就任。は打撃コーチを兼任したが開幕からチームは最下位に低迷しシーズン途中休養(事実上の解任)となった森の後を受けて最終戦まで監督代行を務めた。からまで東海ラジオ・J SPORTS(主に西武、ロッテの本拠地ゲームの試合)解説者・東京中日スポーツ評論家を務めた。2008年は球団主導の人事で西武のヘッドコーチに就任したが、監督の渡辺がミスを責めない伸び伸び野球を推進していた。根本的にチーム方針と合わなかった為、チームはリーグ優勝・日本一になったが同年限りで辞任 。指導者としては4球団(巨人、中日、西武、ダイエー)でリーグ優勝、2球団(西武、ダイエー)で日本一に貢献している。からはJ SPORTS(ロッテ戦、同年のみ)・東京中日スポーツの解説者・評論家を務めている。黒江透修 フレッシュアイペディアより)

  • 松永浩美

    松永浩美から見た渡辺久信渡辺久信

    100本塁打:1987年4月14日、対西武ライオンズ1回戦(阪急西宮球場)、1回裏に渡辺久信から ※史上147人目松永浩美 フレッシュアイペディアより)

145件中 91 - 100件表示

「渡辺久信」のニューストピックワード