145件中 111 - 120件表示
  • ウンナンの桜吹雪は知っている

    ウンナンの桜吹雪は知っているから見た渡辺久信渡辺久信

    原告:渡辺久信(西武ライオンズ投手・当時) 被告:水島新司(漫画家)ウンナンの桜吹雪は知っている フレッシュアイペディアより)

  • 杉下茂

    杉下茂から見た渡辺久信渡辺久信

    1981年から1992年までTBSの野球解説者を経て、最後にユニフォームを着た1993年から1994年まで西武ライオンズで一軍投手コーチを務め、「選手をというより森繁和投手コーチを一人前にするのが仕事で、郭泰源、渡辺久信、工藤公康、潮崎哲也、鹿取義隆らが主力だから、コーチなんかいらないよ。いろいろな球団に行ったけど、一番楽だった」と述べている。1993年、1994年とリーグ優勝している。フォークボールの指導にあたった。杉下茂 フレッシュアイペディアより)

  • 1992年の日本シリーズ

    1992年の日本シリーズから見た渡辺久信渡辺久信

    ヤクルトの先発はエースの岡林洋一、西武の先発は渡辺久信。西武が2回表にデストラーデのソロ本塁打で先制。デストラーデは3年連続日本シリーズの初打席で本塁打となる。ヤクルトは3回裏、笘篠賢治がヒット、飯田哲也のタイムリー二塁打で同点。続く荒井幸雄の安打で、走者の飯田が捕手伊東勤のタッチを巧妙に掻い潜くスライディングで生還した。6回裏には古田敦也がソロ本塁打で追加点。西武は7回表にデストラーデのこの試合2本目のソロ本塁打で1点差。そして、9回表一死から清原、デストラーデが連続ヒット一死一,三塁となる。ここで石毛宏典がライトにフライを上げる、ライトの秦真司が好返球を見せたが、三塁ランナーの清原和博は古田を突き飛ばさんばかりのスライディングを見せ、同点。試合は延長戦に入る。1992年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 森繁和

    森繁和から見た渡辺久信渡辺久信

    杉下茂とは指導者としての師弟関係であり、西武ライオンズで共に一軍投手コーチを務めていた時のことを杉下は「選手をというより森繁和投手コーチを一人前にするのが仕事で、郭泰源、渡辺久信、工藤公康、潮崎哲也、鹿取義隆らが主力だから、コーチなんかいらないよ。いろいろな球団に行ったけど、一番楽だった」と述べている。なお、中日ドラゴンズのOBである杉下は毎年中日の春季キャンプを訪れ、臨時コーチを務めている。森繁和 フレッシュアイペディアより)

  • 新人類

    新人類から見た渡辺久信渡辺久信

    学界・言論界では中森明夫、野々村文宏、田口賢司、浅田彰(当時京都大学人文科学研究所助手)など。芸能界では泉麻人、秋元康、石橋貴明、松田聖子、小泉今日子など。野球界では、当時の西武ライオンズの選手が、ファッションや言動などこれまでの球界の常識を打ち破り、当時在籍していた工藤公康、渡辺久信、清原和博が代表的な存在。新人類 フレッシュアイペディアより)

  • 栄村隆康

    栄村隆康から見た渡辺久信渡辺久信

    球審を務めた2009年7月14日の西武対楽天10回戦(西武ドーム)で、無死満塁の場面で中村剛也が放ったゴロを三塁手・中村紀洋がホームに送球。捕手の中谷仁が一度、球を落としたが「完全捕球をした」と栄村球審はアウトを宣告した。しかし、捕手が落球しているのでセーフだと西武の渡辺久信監督は9分間に及ぶ抗議をしたが結局判定は覆らず、得点は認められなかった。西武はコミッショナーに質問状を提出した。栄村隆康 フレッシュアイペディアより)

  • 山本和範

    山本和範から見た渡辺久信渡辺久信

    100本塁打:1990年6月16日、対西武ライオンズ13回戦(西武ライオンズ球場)、1回表に渡辺久信からソロ ※史上160人目山本和範 フレッシュアイペディアより)

  • 1965年

    1965年から見た渡辺久信渡辺久信

    8月2日 - 渡辺久信、元プロ野球選手、元埼玉西武ライオンズ監督1965年 フレッシュアイペディアより)

  • ニュースステーション

    ニュースステーションから見た渡辺久信渡辺久信

    1987年の春季キャンプシーズン、西武ライオンズに当時在籍していた工藤公康と渡辺久信によるキャンプ地からのリポートをするコーナー。ニュースステーション フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立野球場

    秋田県立野球場から見た渡辺久信渡辺久信

    2009年7月29日、3年ぶりとなる対埼玉西武ライオンズ戦が組まれ、同年以降は楽天野球団と秋田朝日放送が共同で主催する運営形式が取られることになった。当日は強い雨に見舞われたが、主催者側は天候の回復を待って強行開催する策を取り、予定通り開場してスタンドに観客を入場させた。ところがグラウンドは雨水が浮くなど状態が劣悪な上、雨は降り止むどころか雨脚が一層強くなるなど開催は困難と判断され、結局午後6時12分に中止となった。中止決定後、楽天監督の野村克也は「(試合が)出来る訳が無いのに待たされて、選手が怪我するかもしれないし、お客さんも気の毒。50年プロでやってきて、こんなのは初めてや。金儲けの事しか考えていない」と苛立ちをあらわにし、西武監督の渡辺久信も「20数年やってきて初めてのこと。(開始を待つ間)現場は文句を言っていればいいが、ファンはそういうわけにはいかない」と地元ファンに同情した。秋田県立野球場 フレッシュアイペディアより)

145件中 111 - 120件表示