144件中 111 - 120件表示
  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た渡辺久信渡辺久信

    西武は、伊東前監督の後任に渡辺久信2軍監督の就任を発表。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た渡辺久信渡辺久信

    後年の選手で比較的登場の多い選手(福岡ダイエー、ソフトバンクを除く)のうち、野手では、西武、巨人やオリックスに在籍した清原和博(どのチームの時代にも満遍なく登場)、オリックスのイチロー(マリナーズ移籍後にも登場経験あり)・高橋智、西武・福岡ダイエーなどの石毛宏典(後にオリックス監督)らがいる。投手では日本ハム・西武の西崎幸広、近鉄・巨人などの阿波野秀幸、西武時代の渡辺久信、近鉄時代の野茂英雄なども何度か登場しており、他に伊良部秀輝(当時ロッテ。阪神時代にも登場あり)らも比較的よく登場していた。近年の投手では、松坂大輔や涌井秀章(共に西武)、渡辺俊介(千葉ロッテ)などが印象的な形で登場する。あぶさん フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た渡辺久信渡辺久信

    千葉ロッテの西村監督は新人監督としての日本シリーズ制覇。新人監督によるシリーズ制覇は2008年の渡辺久信監督(埼玉西武)以来2年ぶり9度目で、ロッテ球団(前身球団を含む)に限れば1950年の第1回日本シリーズを制した湯浅禎夫監督以来60年ぶり2度目となる。2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 台湾職業棒球大聯盟

    台湾職業棒球大聯盟から見た渡辺久信渡辺久信

    最高顧問が郭泰源だったことから西武ライオンズとの関係が深く、渡辺久信や石井丈裕などが選手兼任コーチとしてプレーした一方、許銘傑や張誌家、コーリー・ポールなどが台湾大聯盟の球団から西武入りしている。台湾職業棒球大聯盟 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た渡辺久信渡辺久信

    同年のオールスターゲームには遊撃手部門でファン投票選出され、全セの指揮を執る王監督から3試合連続で出場機会を与えられた。西宮球場での第1戦では8回表代打で津野浩からオールスターゲーム初打席初安打、ナゴヤ球場での第2戦では2番・遊撃手で先発出場したが第1打席は先発阿波野秀幸に外野邪飛に仕留められ、第2・3打席も渡辺久信の前に凡退し3打数無安打に終わった。東京ドームでの第3戦3回表2死まで打者8人をパーフェクトに抑えていた先発西崎幸広に三振を喫した。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 文化放送ホームランナイター

    文化放送ホームランナイターから見た渡辺久信渡辺久信

    渡辺久信(現:埼玉西武ライオンズ監督)文化放送ホームランナイター フレッシュアイペディアより)

  • ニュースステーション

    ニュースステーションから見た渡辺久信渡辺久信

    1987年の春季キャンプシーズン、西武ライオンズに当時在籍していた工藤公康と渡辺久信によるコーナー。文字通りキャンプ地からのリポートをするコーナーであったが、まだ一般に馴染みの薄かったパシフィックリーグの若手選手がもつレギュラーコーナーであったため、ある意味、画期的なものであった。ニュースステーション フレッシュアイペディアより)

  • TVSライオンズアワー

    TVSライオンズアワーから見た渡辺久信渡辺久信

    西武グループの近江鉄道が大株主の関係にあるびわ湖放送へのネットは、中継試合数は減少しているものの続いている。しかし、渡辺監督の出身地である群馬の、群馬テレビは2011年以降は野球中継を行わなくなった。TVSライオンズアワー フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た渡辺久信渡辺久信

    、初めて1番打者に定着。選手間投票で選出されオールスターゲームに初出場した。中島が北京オリンピック出場で不在の間は遊撃手に回ることもあった。リーグ最多打数を記録しながら前年より打率を大きく上げ、2番を打った栗山とともに167安打で最多安打のタイトルを獲得した。盗塁は前半戦だけで前年を上回り、12個増やし50盗塁を記録。2位の渡辺直人を16個引き離し2年連続の盗塁王となった(パ・リーグの50盗塁以上は1997年の松井稼頭央以来)。打率は3割に満たず、四球が少ないことから出塁率も.322と、やや物足りない面はあったが、リーグトップの得点圏打率.382と勝負強さを見せた。日本シリーズでは7試合で5盗塁(成功率10割)と大暴れし、特に第7戦の8回表においては先頭打者として越智大祐から死球を受け出塁したが、続く栗山巧の打席の初球でいきなり盗塁を敢行した。この時監督の渡辺久信は、死球の際に片岡がガッツポーズをしたのを見て彼の盗塁意欲を感じ取り、初球での犠打(バント)指示をやめたという。この試合の解説として出演していた赤星憲広からも「僕には出来ない」と言わしめた盗塁だった。その後改めてバントで3塁に進み1死3塁で3番中島裕之を迎えた。1回表の同様の場面では「ゴロゴー(ゴロと判断したらスタート)」で本塁へ突入してタッチアウトになり先制点を逃していたが、この場面では「ギャンブルスタート」指示によりバットに当った瞬間にスタートを敢行。中島の三塁ゴロの間に本塁へ突入して同点に追いつき、逆転日本一の足がかりを作る活躍を見せた。アジアシリーズ初戦のSK戦では風邪のため欠場したが、決勝までの3試合に1番・遊撃手として出場、チームのアジアシリーズ制覇に貢献した。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 平井光親

    平井光親から見た渡辺久信渡辺久信

    初打点:1990年5月16日、対西武ライオンズ5回戦(西武ライオンズ球場)、7回表に渡辺久信から右中間へ決勝2点適時三塁打平井光親 フレッシュアイペディアより)

144件中 111 - 120件表示

「渡辺久信」のニューストピックワード