144件中 21 - 30件表示
  • 10.19

    10.19から見た渡辺久信渡辺久信

    10月10日、西武対近鉄戦。西武が敗れオリックスがロッテに勝利すれば、オリックスにマジック4が点灯する状況だった。試合は西武先発渡辺久信と近鉄先発山崎慎太郎の緊迫した投手戦となったが、8回表、リベラの勝ち越しソロ本塁打により3-2で近鉄が勝利した。山崎は「負けたら終わりなんだと思えば自然と力が抜けて気負いが無くなった」とコメント。10.19 フレッシュアイペディアより)

  • 郭泰源

    郭泰源から見た渡辺久信渡辺久信

    西武退団後は、かねてからの計画通り台湾で1、2年プレーして引退する予定だったが、台湾大聯盟設立など台湾球界の混乱もあってそのまま現役を引退。台湾大聯盟の技術顧問として渡辺久信を台湾に呼び寄せるなどの活動を経て、からにかけては中華職棒・誠泰コブラズの監督を務めた。郭泰源 フレッシュアイペディアより)

  • 清原和博

    清原和博から見た渡辺久信渡辺久信

    清原はそのまま西武に入団、背番号は3。ルーキーイヤーの、開幕2戦目の南海ホークス戦の6回表の守備から途中出場すると、第1打席では四球、第2打席には藤本修二からプロ初安打となる初本塁打を打つ。試合は2対4で負けたがなおも大喜びしていたため、「味方の負け試合でそんなに天真爛漫に喜ぶやつがあるか」と怒られてしまったという。打たれた藤本は試合後のインタビューで「ホームランよりもその前の打席で誘い球にも手を出さず、ベテランのようにきっちり四球を選んだことのほうが驚きだった」という内容の言葉を残している。その後はスタメンに定着して打ち続け、後半戦だけで20本塁打をマークし、9月には高卒新人初となる月間MVPを受賞した。10月7日のロッテ戦で初の4番に抜擢され、その試合で1点ビハインドの6回、田子譲治から高卒新人史上最多の31本目の本塁打を放って1959年の桑田武三に並ぶ新人本塁打記録の最多タイ記録を達成。桑田は達成時は23歳、清原は19歳であった。同点で迎えた7回には二死二塁の場面でプロ初の敬遠も経験した。打率.304及び打点78も同じく高卒新人の歴代最高記録で、新人王に選出された。その年の日本シリーズには8試合全てに4番・一塁で先発出場し、日本一に貢献している。この年流行語大賞を獲った「新人類」の代表のように言われ、工藤公康、渡辺久信と表彰式に出席した。清原和博 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の日本シリーズ

    2002年の日本シリーズから見た渡辺久信渡辺久信

    実況:中山貴雄 解説:東尾修、栗山英樹 ネット裏球種解説:渡辺久信2002年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 嘉南勇士

    嘉南勇士から見た渡辺久信渡辺久信

    渡辺久信 (渡邊久信、現埼玉西武ライオンズ監督)嘉南勇士 フレッシュアイペディアより)

  • ナベQ

    ナベQから見た渡辺久信渡辺久信

    ナベQ フレッシュアイペディアより)

  • 打撃妨害

    打撃妨害から見た渡辺久信渡辺久信

    西武の渡辺久信監督には監督の選択権が発生し、打撃妨害として一死満塁とするか、成り行きの通り1点を取って二死二塁とするかを選択することとなり、後者を選択して再開した。打撃妨害 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保博元

    大久保博元から見た渡辺久信渡辺久信

    引退後は、フジテレビ、ニッポン放送、サンケイスポーツの解説者となり、その傍ら「デーブ大久保」名でのタレント業、プロゴルファーとしても活動。より、渡辺久信監督の強い要望により埼玉西武ライオンズ1軍打撃コーチに就任。実に16年ぶりに古巣のユニホームを着ることとなった。なおコーチ就任後の彼のユニフォームのバックネームは「D.OHKUBO」となっている。大久保博元 フレッシュアイペディアより)

  • ダリル・モトリー

    ダリル・モトリーから見た渡辺久信渡辺久信

    1992年、千葉ロッテマリーンズにマイク・ディアズにかわる新外国人選手として入団し、6月に来日。7月は4試合連続本塁打を記録し、期待通りの活躍だったが、8月9日の西武戦で渡辺久信の投球が左手を直撃し骨折、残りのシーズンを棒に振った。ダリル・モトリー フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズプレイヤーズきっぷ

    埼玉西武ライオンズプレイヤーズきっぷから見た渡辺久信渡辺久信

    パート1(8月5日発売) - 渡辺久信、小野寺力、中島裕之、片岡易之、中村剛也、栗山巧埼玉西武ライオンズプレイヤーズきっぷ フレッシュアイペディアより)

144件中 21 - 30件表示

「渡辺久信」のニューストピックワード