144件中 31 - 40件表示
  • 小川浩一

    小川浩一から見た渡辺久信渡辺久信

    1990年5月9日の対西武ライオンズ戦(東京ドーム)で、西武先発の渡辺久信が9回まで日本ハム打線をノーヒットに抑えていたが、味方も点を取れず0対0のまま延長に突入。延長11回1アウトから、渡辺のノーヒットノーランの夢を打ち砕くヒットを放った。なお、村田兆治の200勝達成時の最後の打者でもある。オフに戦力外通告を受け、に福岡ダイエーホークスにテスト入団するが、一軍出場は無く、同年限りで現役引退。小川浩一 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のアジアシリーズ

    2005年のアジアシリーズから見た渡辺久信渡辺久信

    ゲスト:渡辺久信(西武ライオンズ二軍インボイス監督)・初芝清(ロッテ この年で引退のためアジアシリーズ出場せず)・三浦大輔(横浜ベイスターズ)2005年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のアジアシリーズ

    2006年のアジアシリーズから見た渡辺久信渡辺久信

    実況:椎野茂 解説:田淵幸一、牛島和彦(横浜監督を退任) ゲスト解説:渡辺久信(西武二軍監督) 2006年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 村越茶美雄

    村越茶美雄から見た渡辺久信渡辺久信

    若い頃から一軍出場を果たし、小柄ながら看板審判員の一人であったが、1997年、西武の渡辺久信の投球を「ボール」と判定した際、イニングの合間に西武の東尾修監督に対して「ストライクと言うべきところをボールと言ってしまった」と、審判員としてはあるまじき発言をしてしまう。この事件により二軍降格を言い渡され、その後も一軍出場機会が明らかに減り、晩年には一軍出場がほとんどない年が続き、2002年のイースタンリーグ最終戦での球審を最後に、2003年1月7日に「技術不足」により解雇された。村越茶美雄 フレッシュアイペディアより)

  • 馬場敏史

    馬場敏史から見た渡辺久信渡辺久信

    初安打:1990年4月14日、対西武ライオンズ1回戦(平和台球場)、6回裏に渡辺久信から馬場敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 魔球

    魔球から見た渡辺久信渡辺久信

    「ブルースカイフォーク」(『ドカベン プロ野球編』山田太郎が考案した、渡辺久信の(三振をとったフォークはすべて魔球だと言い張る)、「ドリームボール」(『野球狂の詩」本当にあるのかどうかで球界全体を煙に巻いた、心理的魔球の要素が大きい)魔球 フレッシュアイペディアより)

  • みんなのケイバ

    みんなのケイバから見た渡辺久信渡辺久信

    渡辺久信、DAIGO、エドはるみ(12月28日、左記3名は全員VTRでの出演)みんなのケイバ フレッシュアイペディアより)

  • 1989年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1989年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た渡辺久信渡辺久信

    (パ) ○村田(ロ)、阿波野(近)、牛島(ロ)、渡辺(西)?田村(日)、伊東(西)1989年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た渡辺久信渡辺久信

    (パ) 山田(急)、村田辰(近)、津野(日)、東尾(西)、渡辺(西)?伊東(西)、袴田(ロ)1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • スーパーファミスタ

    スーパーファミスタから見た渡辺久信渡辺久信

    本作より日本野球機構(NPB)から球団名・選手名について実名使用のライセンスが受けられるようになり、球団名についてはシリーズで初めて、選手名については『プロ野球ワールドスタジアム』(PCエンジン版)以来となる実名化が図られた。但し、選手名は最大で平仮名・片仮名5文字(濁点・半濁点は、従来と異なり1文字にカウントせず)のため、一部の外国人選手は完全に再現されずパチョレック(阪神)が「パチョレク」、ブライアント(近鉄)が「ブライアン」のようになっている。西武の渡辺久信と渡辺智男については「ひさのぶ」「とみお」と下の名前のみで表記された。一方、ナムコスターズはファミコン版などから引き続いて「ぴの」「ぱっくまん」のように全員、平仮名で表記されている。スーパーファミスタ フレッシュアイペディアより)

144件中 31 - 40件表示

「渡辺久信」のニューストピックワード