145件中 41 - 50件表示
  • 1986年の西武ライオンズ

    1986年の西武ライオンズから見た渡辺久信渡辺久信

    このシーズンは、ドラフト1位で入団した清原和博(3割30本以上)、3年目の渡辺久信(投手三冠)、4年目の秋山幸二(41本塁打)、5年目の工藤公康(11勝)と若手の台頭が目立ったシーズンとなった。チームは前半戦で快調に首位を走っていた近鉄を後半戦に捕らえ、9月に8度の首位交代をするなどのデッドヒートを繰り広げた末に、残り1試合を残してパ・リーグ2連覇を決めた。広島との日本シリーズでは第4戦を終わった時点で1分3敗と後のない状態になったが、そこから4連勝して、日本一に輝いた。1986年の西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の西武ライオンズ

    1987年の西武ライオンズから見た渡辺久信渡辺久信

    この年の西武ライオンズは、森祇晶監督の2年目のシーズンである。シーズン序盤は辻、渡辺久を故障で欠き、2年目の清原が不振であったことから、5月7日には最下位に転落するなど出遅れた。しかし、5月16日から不振の清原に代わって、秋山が4番に座ると、チームは復調し始め、前半戦終了時点で首位阪急に1.5差の2位に迫った。さらに、辻、渡辺久が故障から復帰するとチーム状態は完全に復調し、8月以降は34勝14敗6分と貯金を20重ねて、パ・リーグ3連覇を果たした。日本シリーズは読売ジャイアンツを4勝2敗で下し、2年連続日本一となった。また、このシーズンオフ、暴力団絡みの麻雀賭博容疑により、東尾が球団から半年間の出場停止と減俸2,500万円の処分を受けた。1987年の西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の埼玉西武ライオンズ

    2013年の埼玉西武ライオンズから見た渡辺久信渡辺久信

    この年の埼玉西武ライオンズは、渡辺久信監督の6年目のシーズンである。2013年の埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の埼玉西武ライオンズ

    2012年の埼玉西武ライオンズから見た渡辺久信渡辺久信

    この年の埼玉西武ライオンズは、渡辺久信監督の5年目のシーズンである。2012年の埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 小川浩一

    小川浩一から見た渡辺久信渡辺久信

    1990年5月9日の対西武ライオンズ戦(東京ドーム)で、西武先発の渡辺久信が9回まで日本ハム打線をノーヒットに抑えていたが、味方も点を取れず0対0のまま延長に突入。延長11回1アウトから、渡辺のノーヒットノーランの夢を打ち砕くヒットを放った。なお、村田兆治の200勝達成時の最後の打者でもある。オフに戦力外通告を受け、に福岡ダイエーホークスにテスト入団するが、一軍出場は無く、同年限りで現役引退。小川浩一 フレッシュアイペディアより)

  • マット・ウインタース

    マット・ウインタースから見た渡辺久信渡辺久信

    初安打・初本塁打・初打点:同上、4回表に渡辺久信から右越ソロマット・ウインタース フレッシュアイペディアより)

  • 2007年アジア野球選手権大会

    2007年アジア野球選手権大会から見た渡辺久信渡辺久信

    文化放送 実況:飯塚治、上野智広、斉藤一美 解説:渡辺久信(埼玉西武ライオンズ監督)2007年アジア野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 平井光親

    平井光親から見た渡辺久信渡辺久信

    初打点:1990年5月16日、対西武ライオンズ5回戦(西武ライオンズ球場)、7回表に渡辺久信から右中間2点適時三塁打平井光親 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズのタイトルホルダー

    埼玉西武ライオンズのタイトルホルダーから見た渡辺久信渡辺久信

    渡辺久信 (1986年,1988年,1990年)埼玉西武ライオンズのタイトルホルダー フレッシュアイペディアより)

  • 津野浩

    津野浩から見た渡辺久信渡辺久信

    1984年、ドラフト3位で日本ハムに入団(同期に白井一幸がいる)。1年目から活躍し同期の西武・渡辺久信、南海・加藤伸一らと共に「19歳トリオ」と呼ばれた。津野浩 フレッシュアイペディアより)

145件中 41 - 50件表示

「渡辺久信」のニューストピックワード