145件中 71 - 80件表示
  • 王柏融

    王柏融から見た渡辺久信渡辺久信

    シーズンでは5月9日の富邦戦には阪神タイガースのスカウトが王の視察に訪れ、5月13日の統一戦には埼玉西武ライオンズの渡辺久信シニアディレクター兼編成部長が視察に訪れ、5月18日の中信戦には再び多数のメジャーリーグのスカウトが訪れ、5月26日の同カードには読売ジャイアンツの大森剛スカウトらも視察に訪れるなど、海外挑戦も期待されている。最終的にリーグ史上2人目、台湾人選手としては初の三冠王と、最多安打で打撃4タイトルを獲得した。王柏融 フレッシュアイペディアより)

  • エースナンバー

    エースナンバーから見た渡辺久信渡辺久信

    41も1980?1990年代の西武黄金時代にエースとして活躍した渡辺久信がいたり、前述の斎藤雅樹が11番に変更する前に41番を付けて1989年に「11連続完投勝利(日本記録)をマーク」「20勝を挙げて最多勝」「チームの日本一に貢献」と大活躍したことでエースナンバーのイメージを持たれるようになった。現在では若干イメージが薄まったものの、次代のエースを期待して獲得した新人投手などに贈られるケースがある。エースナンバー フレッシュアイペディアより)

  • 島田誠

    島田誠から見た渡辺久信渡辺久信

    1500本安打:1990年9月22日、対西武ライオンズ22回戦(西武ライオンズ球場)、2回表に渡辺久信から中前安打 ※史上60人目島田誠 フレッシュアイペディアより)

  • 正津英志

    正津英志から見た渡辺久信渡辺久信

    当時、二軍監督だった渡辺久信が一軍へ正津を推薦し、復活を手助けした。その後は、サイドスローからスライダー・シンカーを投げ分ける投球に磨きをかける。正津英志 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年の日本シリーズ

    1989年の日本シリーズから見た渡辺久信渡辺久信

    両チームの先発投手(近鉄阿波野秀幸 - 巨人斎藤雅樹)は、1988年の日本シリーズ、西武渡辺久信 - 中日小野和幸以来の「リーグ最多勝同士」となった。1989年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県立前橋工業高等学校

    群馬県立前橋工業高等学校から見た渡辺久信渡辺久信

    渡辺久信 - 元埼玉西武ライオンズ監督、パ・リーグ最多勝・ノーヒットノーラン達成群馬県立前橋工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た渡辺久信渡辺久信

    同年のオールスターゲームには遊撃手部門でファン投票選出され、全セの指揮を執る王監督から3試合連続で出場機会を与えられた。西宮球場での第1戦では8回表代打で津野浩からオールスターゲーム初打席初安打、ナゴヤ球場での第2戦では2番・遊撃手で先発出場したが第1打席は先発阿波野秀幸に外野邪飛に仕留められ、第2・3打席も渡辺久信の前に凡退し3打数無安打に終わった。東京ドームでの第3戦3回表2死まで打者8人をパーフェクトに抑えていた先発西崎幸広に三振を喫した。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・ブライアント

    ラルフ・ブライアントから見た渡辺久信渡辺久信

    第1試合、ブライアントは0-4のビハインドから4回表に郭泰源からチーム初得点となる46号ソロ本塁打、6回表にも郭泰源から47号同点満塁本塁打を放つ。8回表には来日以来ブライアントに対し被本塁打0と抑えていた渡辺久信がスクランブル登板するも、物ともせずに48号勝ち越しソロ本塁打を放ち、近鉄が6-5で勝利した。本人はこの時点で「アンビリーバブル」と叫んでいた。ブライアントの1試合3本塁打は通算6回(シーズン4回)となり、王貞治の持っていた通算5回を上回る新記録となった。渡辺は、引退会見で「一番思い出に残る一球」とし、西武監督在任中2008年刊行の自著で「予想以上の集中力とパワー」と書いている。ラルフ・ブライアント フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の埼玉西武ライオンズ

    2010年の埼玉西武ライオンズから見た渡辺久信渡辺久信

    この年の埼玉西武ライオンズは、渡辺久信監督の3年目のシーズンである。2010年の埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 1997年の日本シリーズ

    1997年の日本シリーズから見た渡辺久信渡辺久信

    (西)石井丈、石井貴、デニー、杉山、●渡辺久(1敗)?伊東1997年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

145件中 71 - 80件表示

「渡辺久信」のニューストピックワード