145件中 81 - 90件表示
  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た渡辺久信渡辺久信

    その後は日本一監督を代表監督とする案が浮上し、当初現役監督の起用に反対していた西武が渡辺久信の起用に反対しない考えを表明したほか、巨人も原の起用を容認するなど、現役監督の起用が濃厚となった。日本シリーズを控えた段階で日本一となる可能性のあった巨人の原と西武の渡辺に事実上候補は絞られたが、渡辺がこの年就任一年目であったため経験不足が指摘され(渡辺本人も「百戦錬磨の監督が良いと思う」と自身の就任には否定的な立場を取った)、10月27日にセ・リーグを連覇した原へ監督就任の要請を行うことを検討会議で決定し、翌28日に原が監督就任を受諾した。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 8月2日

    8月2日から見た渡辺久信渡辺久信

    1965年 - 渡辺久信、プロ野球選手8月2日 フレッシュアイペディアより)

  • 西崎幸広

    西崎幸広から見た渡辺久信渡辺久信

    は松浦宏明(日本ハム)・渡辺久信(西武)と並んで最多勝を獲得し、エースの座を不動のものにした。ファン投票選出された1988年のオールスターゲームでは開場間もない本拠地東京ドームにおける第3戦で同僚田村藤夫と先発し、打者9人をパーフェクトに抑えた。西崎幸広 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の日本シリーズ

    1994年の日本シリーズから見た渡辺久信渡辺久信

    巨人が桑田真澄、西武が渡辺久信の先発投手であった。西武は2回、先頭打者の清原和博のソロ本塁打で先制し、3回には伊東勤の安打、辻発彦の四球、大塚光二の安打による一死満塁から、佐々木誠、清原の連続適時打で3点を追加し、4-0と西武が優位に立った。渡辺久は6回途中まで無失点だったが、西武は、一死一・二塁で迎えた松井秀喜に対して投入した左投手・橋本武広が松井を三振に仕留めると、右打者が多い巨人打線に対して潮崎哲也を投入した。1994年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1989年のオリックス・ブレーブス

    1989年のオリックス・ブレーブスから見た渡辺久信渡辺久信

    7月5日 - ブーマーが対西武戦で渡辺久信から通算1000本安打。781試合目での達成は当時の日本プロ野球史上最速。1989年のオリックス・ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • 郭俊麟

    郭俊麟から見た渡辺久信渡辺久信

    登録名が日本語読みの『かく しゅんりん』となった事について西武の渡辺久信シニアディレクターは、「泰源も郭源治さん(元中日)も『かく』だったんだから。グォじゃインパクトがない」と述べた。郭俊麟 フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た渡辺久信渡辺久信

    後年の選手で比較的登場の多い選手(ダイエー、ソフトバンクを除く)のうち、野手では、西武、巨人やオリックスに在籍した清原和博(どのチームの時代にも満遍なく登場)、オリックスのイチロー(マリナーズ移籍後にも登場経験あり)・高橋智、西武・ダイエーなどの石毛宏典(後にオリックス監督)らがいる。投手では日本ハム・西武の西崎幸広、近鉄・巨人などの阿波野秀幸、西武時代の渡辺久信、近鉄時代の野茂英雄なども何度か登場しており、他に伊良部秀輝(当時ロッテ。阪神時代にも登場あり)らも比較的よく登場していた。近年の投手では、松坂大輔や涌井秀章(共に西武)、渡辺俊介(ロッテ)などが印象的な形で登場する。あぶさん フレッシュアイペディアより)

  • 伊原春樹

    伊原春樹から見た渡辺久信渡辺久信

    2013年シーズンオフ、11月3日に辞任した渡辺久信の後を受けて再び埼玉西武ライオンズの監督として指揮を執ることになった。背番号は73。伊原春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂健太

    松坂健太から見た渡辺久信渡辺久信

    、新監督の渡辺久信に「若手で一番成長したのは(松坂)健太」と賞賛され、オープン戦で全試合に出場しチームトップの打率.310をマーク。9番左翼手で初の開幕スタメンの座をつかんだ。出場試合数も飛躍的に増えたものの、目立った活躍は残せず、佐藤友亮、赤田将吾、大島裕行らの復活もあって後半は二軍暮らしが多くなってしまった。松坂健太 フレッシュアイペディアより)

  • ドカベン スーパースターズ編

    ドカベン スーパースターズ編から見た渡辺久信渡辺久信

    投手。CS第1ステージ3戦の延長12回に登板。2死満塁で山田という状況で渡辺久信監督が勝負か敬遠か迷う中、カウント0-3になり敬遠かと思われたが実際には勝負しに行っており1-3からの内角低めのボール気味の球を右翼への満塁本塁打を打たれて敗戦投手になった。ドカベン スーパースターズ編 フレッシュアイペディアより)

145件中 81 - 90件表示

「渡辺久信」のニューストピックワード