118件中 91 - 100件表示
  • 渡辺久信

    渡辺久信から見たベストナイン (日本プロ野球)

    ベストナイン:1回 (1986年)渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た引退試合

    指導という名目もあり、日本時代のような速球中心のプライドがプレイの邪魔をしなかった。ヤクルト時代に野村から覚えるように言われていた、緩いカーブやシュート等緩急を駆使した投球の結果、入団1年目から18勝を挙げて最多勝を記録するなど台湾球界を代表するエースとして活躍した。また、西武在籍当時の同僚であった郭・後に台湾に来た石井丈裕らとともに台湾球界の発展に努め、日本で活躍の場に恵まれない選手にも道を開いた。限りで現役引退。この結果、日本球界において、有名選手あるいは所属球団への貢献度の高い選手の現役引退に際して恒例となっている引退試合が行われることなく現役を引退することとなった。台湾での経験について、渡辺は自著『寛容力』の冒頭で「指導者としての原点は台湾での3年間にある」と語っている。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た新人類

    現役時代は、私服でDCブランドを着こなし、さらにグラウンド内外でのアクションが球界や社会に影響を与え、西武時代のチームメイトであった工藤、清原らと共に『新人類』と称された。長身でスリムなことから西崎幸広・阿波野秀幸・星野伸之らと「トレンディエース」と並び称され、女性ファンから絶大な支持を受けていた。しかし1991年頃から頭髪が薄くなり始め、女性ファンからの人気は徐々に減っていってしまったという。今では太り気味でも有り、選手達にも「今じゃ信じられないだろうが、昔はこれでも西崎さん・阿波野さんと並んでイケメンと言われていたんだ」と自虐的にジョークを飛ばしている。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た家庭教師

    前橋工業時代から速球派の大型投手と期待された。中学時代から140km/hに近いストレートを投げており、県の高校野球界でも注目の的だったが、自身は桐生高校を志望していた。当時の桐生高校は、阿久沢毅・木暮洋(共にプロには行けなかった選手)のコンビで甲子園を席巻した直後であり、桐生高校側としても次代のエースとしての期待を込めて、受け入れ態勢を準備。専属の家庭教師をつけて、受験勉強を開始したが、生来の勉強嫌いもあって3日で受験を断念。結局、前橋工業高校に進学した。優勝候補筆頭として出場した、高校3年の夏の選手権大会地方予選(県予選)では、決勝の最終回に押し出しフォアボールで太田工業高校にサヨナラ負けを喫した。渡辺が甲子園に出場したのは1年生の夏(1981年)のみで、この時も準優勝した京都商業高校に初戦でサヨナラ負けを喫している。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見たDCブランド

    現役時代は、私服でDCブランドを着こなし、さらにグラウンド内外でのアクションが球界や社会に影響を与え、西武時代のチームメイトであった工藤、清原らと共に『新人類』と称された。長身でスリムなことから西崎幸広・阿波野秀幸・星野伸之らと「トレンディエース」と並び称され、女性ファンから絶大な支持を受けていた。しかし1991年頃から頭髪が薄くなり始め、女性ファンからの人気は徐々に減っていってしまったという。今では太り気味でも有り、選手達にも「今じゃ信じられないだろうが、昔はこれでも西崎さん・阿波野さんと並んでイケメンと言われていたんだ」と自虐的にジョークを飛ばしている。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た2008年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    より伊東勤の後任として一軍監督に昇格。球団主導で招聘された黒江透修をヘッドコーチに据え、自ら大久保博元・清家政和・熊澤とおるをコーチとして招聘、チーム力を底上げし前年度Bクラスのチームを就任1年目で優勝に導いた。リーグ優勝時には人目を憚ることなく涙を流し、「こんなに泣いたのはオグリキャップの引退レース(第35回有馬記念)以来だ」とのコメントを残した。ポストシーズンでは、クライマックスシリーズセカンドステージで日本ハムを4勝2敗(アドバンテージ含む)で破って日本シリーズに進出、日本シリーズでは巨人を4勝3敗で破り、チームを4年ぶりの日本一に導いた。さらにアジアシリーズも制覇し、それら功績を評価され2008年の正力松太郎賞に選出された。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    はリリーフ陣の崩壊で接戦を落とした前年度の反省から、ロッテより移籍したブライアン・シコースキーを抑え投手に据え、岡本篤志・藤田太陽・長田秀一郎らをセットアッパーとして起用する継投パターンを確立した。9月16日時点では2位ソフトバンクに3.5ゲーム差の首位に立ち、優勝マジック4が点灯していた。しかし、9月18日 - 20日の対ソフトバンク戦において同一カード3連敗を喫し0.5ゲーム差に迫られ、9月23日の対楽天戦で敗れて2位に転落した。9月26日の対日本ハム戦で敗れたことでソフトバンクの優勝が決定し、監督3年目は2位で終えた。また、チーム防御率は前身クラウンライター時代以来、33年ぶりのリーグ最下位に転落した。その後クライマックスシリーズファーストステージでロッテと対戦するが、2試合連続で延長戦に突入した末に2連敗しシーズンを終えた。その後、進退伺を提出したと報道されたが、「負けっぱなしではいられない」との本人の意向から、2011年シーズンの続投が決定した。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見たプロ野球監督

    渡辺 久信(わたなべ ひさのぶ、1965年8月2日 - )は、群馬県出身の元プロ野球選手(投手)。より埼玉西武ライオンズ監督。愛称は「ナベ」、「ナベQ」。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    は投手陣の不振が主因となって、前半戦を球団史上15年ぶりの最下位で折り返すこととなった。また、球団史上32年ぶりとなる最大15の負け越しを記録し、7月12日から25日にかけては球団史上初の3カード連続の同一カード3連敗を喫するなどチーム成績は低迷した。後半戦以降、新人の牧田和久を抑え投手として抜擢し、セットアッパーとして起用したミンチェ・岡本篤志の2人と併せて勝ち試合における継投パターンを確立して投手陣をてこ入れし、さらに中心選手の中島裕之をキャプテンに任命してチームの建て直しを図った。また、3年目の浅村栄斗や新人の秋山翔吾といった若手野手を辛抱強く起用した結果、9月14日から27日にかけて2つの引き分けを挟んで10連勝を記録するなど9月の月間成績を19勝5敗とし、クライマックスシリーズ出場へ望みを繋いだ。3位のオリックスと1ゲーム差の4位で迎えた10月18日のシーズン最終戦(対日本ハム戦)に勝利、同日オリックスが敗れたことから、わずか勝率1毛差で3位に浮上しクライマックスシリーズ出場を決めるとともに、最大15あった借金を完済し勝率5割以上の成績で公式戦全日程を終了した。また同日試合終了後、球団からの来季続投要請を受諾し、1年契約で2012年シーズンも指揮を執ることを表明した。クライマックスシリーズファーストステージにおいては日本ハムを2連勝で破りファイナルステージ進出を決めたが、ファイナルステージにおいてソフトバンクに0勝4敗で敗退した。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見たサヨナラゲーム

    前橋工業時代から速球派の大型投手と期待された。中学時代から140km/hに近いストレートを投げており、県の高校野球界でも注目の的だったが、自身は桐生高校を志望していた。当時の桐生高校は、阿久沢毅・木暮洋(共にプロには行けなかった選手)のコンビで甲子園を席巻した直後であり、桐生高校側としても次代のエースとしての期待を込めて、受け入れ態勢を準備。専属の家庭教師をつけて、受験勉強を開始したが、生来の勉強嫌いもあって3日で受験を断念。結局、前橋工業高校に進学した。優勝候補筆頭として出場した、高校3年の夏の選手権大会地方予選(県予選)では、決勝の最終回に押し出しフォアボールで太田工業高校にサヨナラ負けを喫した。渡辺が甲子園に出場したのは1年生の夏(1981年)のみで、この時も準優勝した京都商業高校に初戦でサヨナラ負けを喫している。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

118件中 91 - 100件表示

「渡辺久信」のニューストピックワード