132件中 91 - 100件表示
  • 渡辺久信

    渡辺久信から見たDCブランド

    現役時代は、私服でDCブランドを着こなし、さらにグラウンド内外でのファッション・アクションが球界や社会に影響を与え、西武時代のチームメイトであった工藤、清原らと共に『新人類』と称された。長身でスリムなことから西崎幸広・阿波野秀幸・星野伸之らと「トレンディエース」と並び称され、女性ファンから絶大な支持を受けていた。入団2年目ごろまではまだ年俸が低かったため、年収の2/3ほどを洋服代に費やし、税金が払えなくなり督促状が届いたこともある。しかし1991年4月頃から頭髪が薄くなり始め、スリムなのに髪が薄いということで、女性ファンからの人気は徐々に減っていってしまったという。さらに台湾へ渡った頃から屋台飯にはまったことが原因で太り気味でも有り、選手達にも「今じゃ信じられないだろうが、昔はこれでも西崎さん・阿波野さんと並んでイケメンと言われていたんだ」と自虐的にジョークを飛ばしている。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た2008年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    より伊東勤の後任として一軍監督に昇格。球団主導で招聘された黒江透修をヘッドコーチに据え、自ら大久保博元・清家政和・熊澤とおるをコーチとして招聘、チーム力を底上げし前年度Bクラスのチームを就任1年目で優勝に導いた。リーグ優勝時には人目を憚ることなく涙を流し、「こんなに泣いたのはオグリキャップの引退レース(第35回有馬記念)以来だ」とのコメントを残した。ポストシーズンでは、クライマックスシリーズセカンドステージで日本ハムを4勝2敗(アドバンテージ含む)で破って日本シリーズに進出、日本シリーズでは巨人を4勝3敗で破り、チームを4年ぶりの日本一に導いた。さらにアジアシリーズも制覇し、それら功績を評価され2008年の正力松太郎賞に選出された。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た牛乳

    入団当時の監督であった広岡達朗の『管理野球』には辟易したと語る。選手寮に入って初めての食事の際、ご飯が茶色い玄米であったことと、冷蔵庫に牛乳が入っておらず豆乳のみであったことに驚かされたという。当時の玄米にしても豆乳にしても現在のような味に気を使ったものではなかったことから非常に不味く、おかずだけは美味しかったために何とかなったと回想している。渡辺自身、管理されるのが最も嫌いな性格であったことから、将来「監督になったら絶対に管理はしないぞ」と誓ったという。もっとも、その一方で「今思えばその経験が良かったと思う。『新人類』と騒がれても、道は断じて踏み外していない。最初の上司が放任主義者なら、もう今頃はどうなっているか、何をやっているかすら分からない。そういう意味では広岡さんに礎を作ってもらったのかも知れない」、「蹴飛ばされたこともあったが、若いときに広岡さんと出会えたことは僕にとっては幸運だった」と当時を振り返っている。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見たプロ野球監督

    渡辺 久信(わたなべ ひさのぶ、1965年8月2日 - )は、群馬県桐生市出身の元プロ野球選手(投手、右投右打)・監督・コーチ。愛称は「ナベ」「ナベQ」。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見たサヨナラゲーム

    前橋工業時代から速球派の大型投手と期待された。中学時代から140km/hに近いストレートを投げており、県の高校野球界でも注目の的だったが、自身は桐生高校を志望していた。当時の桐生高校は、阿久沢毅・木暮洋のコンビで甲子園を席巻した直後であり、桐生高校側としても次代のエースとしての期待を込めて、受け入れ態勢を準備。専属の家庭教師をつけて、受験勉強を開始したが、生来の勉強嫌いもあって3日で受験を断念。結局、前橋工業高校に進学した。優勝候補筆頭として出場、高校3年の時に選手権大会群馬大会では、太田工業高校との決勝で最終回に押し出しフォアボールでサヨナラ負けを喫した。渡辺が甲子園に出場したのは1年生の時で1981年の夏に行われた第63回全国選手権のみで、この時も準優勝した京都商業高校に初戦でサヨナラ負けを喫している。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た1997年の日本シリーズ

    には0勝に終わり、同年の日本シリーズでも、伊東が出した変化球のサインを見間違えストレートを投げた結果、先頭バッターの古田に勝ち越しホームランを打たれ、さらに投手の高津臣吾に適時打を打たれるなど不本意な結果となった。同年オフにはチームの若返りを目指す球団方針によって戦力外通告を受け、複数の球団による勧誘の中から「『野村ID野球』を学んでみたい」との思いから野村克也が監督を務めるヤクルトスワローズへ移籍。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た1986年の日本シリーズ

    6連勝 (1986年第6戦 - 1993年第3戦) ※シリーズ記録渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見たカーブ (球種)

    常時140km/h台の速球(プロ入り後の最高球速は150km/h)を軸に、スライダー・カーブ・フォークボールを交える典型的な力投型投手であり、コントロールの緻密さには欠けるものの球のキレと力で勝負するタイプであった。また、1989年・1990年には2年連続で投球回数が200イニングを突破するなど、体力や回復力にも恵まれた投手であった。なお、その投球スタイル故に奪三振が多かった代償として被安打・被本塁打もまた多く、1989年・1990年には最多被安打を、1989年には最多被本塁打を記録している。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見たダブルヘッダー

    10月12日、熾烈な優勝争いの最後の天王山の近鉄とのダブルヘッダー第1試合で途中登板したものの、ラルフ・ブライアントに勝ち越しソロ本塁打を打たれた。結局西武は同日のダブルヘッダーを2試合とも落とし、同年の優勝を逃す要因となった(10.19の項も参照)。渡辺は引退の記者会見で、最も心に残る場面として「後悔しないように一番自信があった直球で勝負を挑んでモノの見事に打たれた」と、この場面をとりあげている。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た野球解説者

    引退後はテレビ朝日・テレビ埼玉・文化放送解説者、日刊スポーツ評論家を経て、に二軍投手コーチとして西武に復帰。から二軍監督との兼任、からは二軍監督専任となる。在任中は正津英志の復活に尽力した。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

132件中 91 - 100件表示

「渡辺久信」のニューストピックワード