118件中 51 - 60件表示
  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た中日ドラゴンズ

    は前年度オフに黒江が退任し、さらに大久保が自身の不祥事によって更迭されたことから、コーチ陣を刷新して迎えるシーズンとなった。しかしシーズン序盤に抑え投手のアレックス・グラマンが故障で戦線離脱するなど、中継ぎ・抑え投手が軒並み調子を落としたことが主因となって、チーム成績はBクラスとなる4位と低迷した。同シーズンにおいては計14回のサヨナラ負けを記録しているが、これはパ・リーグにおけるワースト記録であり、両リーグを通じては1988年の広島、1993年の中日と並ぶワーストタイ記録であった。オフには球団から続投を要請され、2年契約を結んだ。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た戦力外通告

    には0勝に終わり、同年の日本シリーズでも、伊東が出した変化球のサインを見間違えストレートを投げた結果、先頭バッターの古田に勝ち越しホームランを打たれ、さらに投手の高津臣吾に適時打を打たれるなど不本意な結果となった。同年オフにはチームの若返りを目指す球団方針によって戦力外通告を受け、複数の球団による勧誘の中から「『野村ID野球』を学んでみたい」との思いから野村克也が監督を務めるヤクルトスワローズに移籍する。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見たプレーオフ制度 (日本プロ野球)

    伊東の場合はレギュラーシーズン2位でプレーオフ・日本シリーズを制しての日本一であったため、西武でシーズン1位と日本シリーズ優勝を両方達成したのは森祇晶監督時代の以来。また、前年Bクラスのチームを新人監督が日本一に導いたのは史上初である。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た群馬県立前橋工業高等学校

    前橋工業時代から速球派の大型投手と期待された。中学時代から140km/hに近いストレートを投げており、県の高校野球界でも注目の的だったが、自身は桐生高校を志望していた。当時の桐生高校は、阿久沢毅・木暮洋(共にプロには行けなかった選手)のコンビで甲子園を席巻した直後であり、桐生高校側としても次代のエースとしての期待を込めて、受け入れ態勢を準備。専属の家庭教師をつけて、受験勉強を開始したが、生来の勉強嫌いもあって3日で受験を断念。結局、前橋工業高校に進学した。優勝候補筆頭として出場した、高校3年の夏の選手権大会地方予選(県予選)では、決勝の最終回に押し出しフォアボールで太田工業高校にサヨナラ負けを喫した。渡辺が甲子園に出場したのは1年生の夏(1981年)のみで、この時も準優勝した京都商業高校に初戦でサヨナラ負けを喫している。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た正力松太郎賞

    より伊東勤の後任として一軍監督に昇格。球団主導で招聘された黒江透修をヘッドコーチに据え、自ら大久保博元・清家政和・熊澤とおるをコーチとして招聘、チーム力を底上げし前年度Bクラスのチームを就任1年目で優勝に導いた。リーグ優勝時には人目を憚ることなく涙を流し、「こんなに泣いたのはオグリキャップの引退レース(第35回有馬記念)以来だ」とのコメントを残した。ポストシーズンでは、クライマックスシリーズセカンドステージで日本ハムを4勝2敗(アドバンテージ含む)で破って日本シリーズに進出、日本シリーズでは巨人を4勝3敗で破り、チームを4年ぶりの日本一に導いた。さらにアジアシリーズも制覇し、それら功績を評価され2008年の正力松太郎賞に選出された。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た日本選手権シリーズ

    日本シリーズ優秀選手賞:2回 (1990年、1991年)渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た頭髪

    現役時代は、私服でDCブランドを着こなし、さらにグラウンド内外でのアクションが球界や社会に影響を与え、西武時代のチームメイトであった工藤、清原らと共に『新人類』と称された。長身でスリムなことから西崎幸広・阿波野秀幸・星野伸之らと「トレンディエース」と並び称され、女性ファンから絶大な支持を受けていた。しかし1991年頃から頭髪が薄くなり始め、女性ファンからの人気は徐々に減っていってしまったという。今では太り気味でも有り、選手達にも「今じゃ信じられないだろうが、昔はこれでも西崎さん・阿波野さんと並んでイケメンと言われていたんだ」と自虐的にジョークを飛ばしている。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見たゴールデングラブ賞

    ゴールデングラブ賞:1回 (1990年)渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た花巻東高等学校

    一軍監督就任以降、ドラフト会議における抽選では渡辺がくじを引いているが、2009年は6球団競合となった花巻東高の菊池雄星を、2010年は同じく6球団競合となった早稲田大学の大石達也を、それぞれ引き当てている。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た入学試験

    前橋工業時代から速球派の大型投手と期待された。中学時代から140km/hに近いストレートを投げており、県の高校野球界でも注目の的だったが、自身は桐生高校を志望していた。当時の桐生高校は、阿久沢毅・木暮洋(共にプロには行けなかった選手)のコンビで甲子園を席巻した直後であり、桐生高校側としても次代のエースとしての期待を込めて、受け入れ態勢を準備。専属の家庭教師をつけて、受験勉強を開始したが、生来の勉強嫌いもあって3日で受験を断念。結局、前橋工業高校に進学した。優勝候補筆頭として出場した、高校3年の夏の選手権大会地方予選(県予選)では、決勝の最終回に押し出しフォアボールで太田工業高校にサヨナラ負けを喫した。渡辺が甲子園に出場したのは1年生の夏(1981年)のみで、この時も準優勝した京都商業高校に初戦でサヨナラ負けを喫している。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

118件中 51 - 60件表示