118件中 61 - 70件表示
  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た東京ヤクルトスワローズ

    には0勝に終わり、同年の日本シリーズでも、伊東が出した変化球のサインを見間違えストレートを投げた結果、先頭バッターの古田に勝ち越しホームランを打たれ、さらに投手の高津臣吾に適時打を打たれるなど不本意な結果となった。同年オフにはチームの若返りを目指す球団方針によって戦力外通告を受け、複数の球団による勧誘の中から「『野村ID野球』を学んでみたい」との思いから野村克也が監督を務めるヤクルトスワローズに移籍する。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た豆乳

    入団当時の監督であった広岡達朗の『管理野球』には辟易したと語る。選手寮に入って初めての食事の際、ご飯が茶色い玄米であったことと、冷蔵庫に牛乳が入っておらず豆乳のみであったことに驚かされたという。当時の玄米にしても豆乳にしても現在のような味に気を使ったものではなかったことから非常に不味く、おかずだけは美味しかったために何とかなったと回想している。渡辺自身、管理されるのが最も嫌いな性格であったことから、将来「監督になったら絶対に管理はしないぞ」と誓ったという。もっとも、その一方で「今思えばその経験が良かったと思う。『新人類』と騒がれても、道は断じて踏み外していない。最初の上司が放任主義者なら、もう今頃はどうなっているか、何をやっているかすら分からない。そういう意味では広岡さんに礎を作ってもらったのかも知れない」、「蹴飛ばされたこともあったが、若いときに広岡さんと出会えたことは僕にとっては幸運だった」と当時を振り返っている。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た読売ジャイアンツ

    より伊東勤の後任として一軍監督に昇格。球団主導で招聘された黒江透修をヘッドコーチに据え、自ら大久保博元・清家政和・熊澤とおるをコーチとして招聘、チーム力を底上げし前年度Bクラスのチームを就任1年目で優勝に導いた。リーグ優勝時には人目を憚ることなく涙を流し、「こんなに泣いたのはオグリキャップの引退レース(第35回有馬記念)以来だ」とのコメントを残した。ポストシーズンでは、クライマックスシリーズセカンドステージで日本ハムを4勝2敗(アドバンテージ含む)で破って日本シリーズに進出、日本シリーズでは巨人を4勝3敗で破り、チームを4年ぶりの日本一に導いた。さらにアジアシリーズも制覇し、それら功績を評価され2008年の正力松太郎賞に選出された。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た早稲田大学

    一軍監督就任以降、ドラフト会議における抽選では渡辺がくじを引いているが、2009年は6球団競合となった花巻東高の菊池雄星を、2010年は同じく6球団競合となった早稲田大学の大石達也を、それぞれ引き当てている。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た広島東洋カープ

    は前年度オフに黒江が退任し、さらに大久保が自身の不祥事によって更迭されたことから、コーチ陣を刷新して迎えるシーズンとなった。しかしシーズン序盤に抑え投手のアレックス・グラマンが故障で戦線離脱するなど、中継ぎ・抑え投手が軒並み調子を落としたことが主因となって、チーム成績はBクラスとなる4位と低迷した。同シーズンにおいては計14回のサヨナラ負けを記録しているが、これはパ・リーグにおけるワースト記録であり、両リーグを通じては1988年の広島、1993年の中日と並ぶワーストタイ記録であった。オフには球団から続投を要請され、2年契約を結んだ。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た千葉ロッテマリーンズ

    初先発:1984年7月5日、対ロッテオリオンズ14回戦(西武ライオンズ球場)、8回2失点渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見たBMW

    現役時代の愛車は、最初に買った中古のBMWを除き、メルセデス・ベンツ一筋。当時の西武には、土井正博(2軍打撃コーチ)と東尾の名球会コンビ以外は、ベンツに乗ってはならないとする暗黙のルールが存在したが、これを破りプロ入り3年目にベンツを買った。これ以降、多くの同僚選手が相次いでベンツを買ったため、後に「私が“ベンツ解禁”の先駆者になった」と語っている。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た文化放送

    引退後は、テレビ朝日、テレビ埼玉、文化放送、日刊スポーツなどで野球解説者を務めた。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た日刊スポーツ

    引退後は、テレビ朝日、テレビ埼玉、文化放送、日刊スポーツなどで野球解説者を務めた。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見たフォークボール

    1年目から一軍に定着し、快速球とフォークを武器に3年目のは最多勝、最多奪三振の二冠となった。、も最多勝となるなど、東尾修・工藤公康・郭泰源・松沼博久らとともに西武黄金時代の柱としてチームを支えた。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

118件中 61 - 70件表示

「渡辺久信」のニューストピックワード