118件中 71 - 80件表示
  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た最多勝利

    1年目から一軍に定着し、快速球とフォークを武器に3年目のは最多勝、最多奪三振の二冠となった。、も最多勝となるなど、東尾修・工藤公康・郭泰源・松沼博久らとともに西武黄金時代の柱としてチームを支えた。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た2008年のアジアシリーズ

    より伊東勤の後任として一軍監督に昇格。球団主導で招聘された黒江透修をヘッドコーチに据え、自ら大久保博元・清家政和・熊澤とおるをコーチとして招聘、チーム力を底上げし前年度Bクラスのチームを就任1年目で優勝に導いた。リーグ優勝時には人目を憚ることなく涙を流し、「こんなに泣いたのはオグリキャップの引退レース(第35回有馬記念)以来だ」とのコメントを残した。ポストシーズンでは、クライマックスシリーズセカンドステージで日本ハムを4勝2敗(アドバンテージ含む)で破って日本シリーズに進出、日本シリーズでは巨人を4勝3敗で破り、チームを4年ぶりの日本一に導いた。さらにアジアシリーズも制覇し、それら功績を評価され2008年の正力松太郎賞に選出された。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見たノーヒットノーラン

    5月9日、対日本ハム戦に先発した渡辺は9回までノーヒットピッチング、だが西武打線も柴田保光投手の前に無得点に抑えられ延長戦になった。10回もノーヒットを続けたが11回ついに小川浩一にヒットを許し、ノーヒットノーラン達成はならなかった。なお、その試合では12回表に西武が先制、渡辺は11回無失点で勝利投手になった。6月11日には対オリックス戦でノーヒットノーランを達成する。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た最多奪三振

    1年目から一軍に定着し、快速球とフォークを武器に3年目のは最多勝、最多奪三振の二冠となった。、も最多勝となるなど、東尾修・工藤公康・郭泰源・松沼博久らとともに西武黄金時代の柱としてチームを支えた。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見たテレビ埼玉

    引退後は、テレビ朝日、テレビ埼玉、文化放送、日刊スポーツなどで野球解説者を務めた。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た10.19

    10月12日、熾烈な優勝争いの最後の天王山の近鉄とのダブルヘッダー第1試合で途中登板したものの、ラルフ・ブライアントに勝ち越しソロ本塁打を打たれた。結局西武は同日のダブルヘッダーを2試合とも落とし、同年の優勝を逃す要因となった(10\.19の項も参照)。渡辺は引退の記者会見で、最も心に残る場面として「後悔しないように一番自信があった直球で勝負を挑んでモノの見事に打たれた」と、この場面をとりあげている。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た群馬県立太田工業高等学校

    前橋工業時代から速球派の大型投手と期待された。中学時代から140km/hに近いストレートを投げており、県の高校野球界でも注目の的だったが、自身は桐生高校を志望していた。当時の桐生高校は、阿久沢毅・木暮洋(共にプロには行けなかった選手)のコンビで甲子園を席巻した直後であり、桐生高校側としても次代のエースとしての期待を込めて、受け入れ態勢を準備。専属の家庭教師をつけて、受験勉強を開始したが、生来の勉強嫌いもあって3日で受験を断念。結局、前橋工業高校に進学した。優勝候補筆頭として出場した、高校3年の夏の選手権大会地方予選(県予選)では、決勝の最終回に押し出しフォアボールで太田工業高校にサヨナラ負けを喫した。渡辺が甲子園に出場したのは1年生の夏(1981年)のみで、この時も準優勝した京都商業高校に初戦でサヨナラ負けを喫している。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た1991年の日本シリーズ

    日本シリーズ優秀選手賞:2回 (1990年、1991年渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た台湾職業棒球大聯盟

    ヤクルトにおける戦力外通告をもって現役引退を決断し、野球解説者としての専属契約を交わしたものの、西武時代の先輩であり、渡辺が戦力外通告を受けた当時の西武監督でもあった東尾の勧めによって、指導者の勉強のため急遽台湾に渡ることとなり、台湾大聯盟・嘉南勇士の投手コーチに就任する。しかし、言葉による意思疎通が困難であったことから当時台湾大聯盟で技術顧問を務めていた郭泰源に通訳を手配してくれるよう要請したところ「言葉が通じないのであれば(渡辺が)自ら投げて身をもって教えればよい」とアドバイスを受けて急遽選手兼任となり、現役に復帰した。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た本塁打

    10月12日、熾烈な優勝争いの最後の天王山の近鉄とのダブルヘッダー第1試合で途中登板したものの、ラルフ・ブライアントに勝ち越しソロ本塁打を打たれた。結局西武は同日のダブルヘッダーを2試合とも落とし、同年の優勝を逃す要因となった(10.19の項も参照)。渡辺は引退の記者会見で、最も心に残る場面として「後悔しないように一番自信があった直球で勝負を挑んでモノの見事に打たれた」と、この場面をとりあげている。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

118件中 71 - 80件表示

「渡辺久信」のニューストピックワード