132件中 81 - 90件表示
  • 渡辺久信

    渡辺久信から見たテレビ埼玉

    引退後はテレビ朝日・テレビ埼玉・文化放送解説者、日刊スポーツ評論家を経て、に二軍投手コーチとして西武に復帰。から二軍監督との兼任、からは二軍監督専任となる。在任中は正津英志の復活に尽力した。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た群馬県立太田工業高等学校

    前橋工業時代から速球派の大型投手と期待された。中学時代から140km/hに近いストレートを投げており、県の高校野球界でも注目の的だったが、自身は桐生高校を志望していた。当時の桐生高校は、阿久沢毅・木暮洋のコンビで甲子園を席巻した直後であり、桐生高校側としても次代のエースとしての期待を込めて、受け入れ態勢を準備。専属の家庭教師をつけて、受験勉強を開始したが、生来の勉強嫌いもあって3日で受験を断念。結局、前橋工業高校に進学した。優勝候補筆頭として出場、高校3年の時に選手権大会群馬大会では、太田工業高校との決勝で最終回に押し出しフォアボールでサヨナラ負けを喫した。渡辺が甲子園に出場したのは1年生の時で1981年の夏に行われた第63回全国選手権のみで、この時も準優勝した京都商業高校に初戦でサヨナラ負けを喫している。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た1991年の日本シリーズ

    日本シリーズ優秀選手賞:2回 (1990年、1991年渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た高校野球

    前橋工業時代から速球派の大型投手と期待された。中学時代から140km/hに近いストレートを投げており、県の高校野球界でも注目の的だったが、自身は桐生高校を志望していた。当時の桐生高校は、阿久沢毅・木暮洋のコンビで甲子園を席巻した直後であり、桐生高校側としても次代のエースとしての期待を込めて、受け入れ態勢を準備。専属の家庭教師をつけて、受験勉強を開始したが、生来の勉強嫌いもあって3日で受験を断念。結局、前橋工業高校に進学した。優勝候補筆頭として出場、高校3年の時に選手権大会群馬大会では、太田工業高校との決勝で最終回に押し出しフォアボールでサヨナラ負けを喫した。渡辺が甲子園に出場したのは1年生の時で1981年の夏に行われた第63回全国選手権のみで、この時も準優勝した京都商業高校に初戦でサヨナラ負けを喫している。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た本塁打

    10月12日、熾烈な優勝争いの最後の天王山の近鉄とのダブルヘッダー第1試合で途中登板したものの、ラルフ・ブライアントに勝ち越しソロ本塁打を打たれた。結局西武は同日のダブルヘッダーを2試合とも落とし、同年の優勝を逃す要因となった(10.19の項も参照)。渡辺は引退の記者会見で、最も心に残る場面として「後悔しないように一番自信があった直球で勝負を挑んでモノの見事に打たれた」と、この場面をとりあげている。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た群馬県立桐生高等学校

    前橋工業時代から速球派の大型投手と期待された。中学時代から140km/hに近いストレートを投げており、県の高校野球界でも注目の的だったが、自身は桐生高校を志望していた。当時の桐生高校は、阿久沢毅・木暮洋のコンビで甲子園を席巻した直後であり、桐生高校側としても次代のエースとしての期待を込めて、受け入れ態勢を準備。専属の家庭教師をつけて、受験勉強を開始したが、生来の勉強嫌いもあって3日で受験を断念。結局、前橋工業高校に進学した。優勝候補筆頭として出場、高校3年の時に選手権大会群馬大会では、太田工業高校との決勝で最終回に押し出しフォアボールでサヨナラ負けを喫した。渡辺が甲子園に出場したのは1年生の時で1981年の夏に行われた第63回全国選手権のみで、この時も準優勝した京都商業高校に初戦でサヨナラ負けを喫している。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た1993年の日本シリーズ

    6連勝 (1986年第6戦 - 1993年第3戦) ※シリーズ記録渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た第63回全国高等学校野球選手権大会

    前橋工業時代から速球派の大型投手と期待された。中学時代から140km/hに近いストレートを投げており、県の高校野球界でも注目の的だったが、自身は桐生高校を志望していた。当時の桐生高校は、阿久沢毅・木暮洋のコンビで甲子園を席巻した直後であり、桐生高校側としても次代のエースとしての期待を込めて、受け入れ態勢を準備。専属の家庭教師をつけて、受験勉強を開始したが、生来の勉強嫌いもあって3日で受験を断念。結局、前橋工業高校に進学した。優勝候補筆頭として出場、高校3年の時に選手権大会群馬大会では、太田工業高校との決勝で最終回に押し出しフォアボールでサヨナラ負けを喫した。渡辺が甲子園に出場したのは1年生の時で1981年の夏に行われた第63回全国選手権のみで、この時も準優勝した京都商業高校に初戦でサヨナラ負けを喫している。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見たベストナイン (日本プロ野球)

    ベストナイン:1回 (投手部門:1986年)渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た引退試合

    指導という名目もあり、日本時代のような速球中心のプライドがプレイの邪魔をしなかった。ヤクルト時代に野村から覚えるように言われていた、緩いカーブやシュート等緩急を駆使した投球の結果、入団1年目から18勝で最多勝、奪三振、防御率の三冠を記録するなど台湾球界を代表するエースとして活躍した。また、西武在籍当時の同僚であった郭・後に台湾に来た石井丈裕らとともに台湾球界の発展に努め、日本で活躍の場に恵まれない選手にも道を開いた。限りで現役引退。この結果、日本球界において、有名選手あるいは所属球団への貢献度の高い選手の現役引退に際して恒例となっている引退試合が行われることなく現役を引退することとなった。台湾での経験について、渡辺は自著『寛容力』の冒頭で「指導者としての原点は台湾での3年間にある」と語っている。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

132件中 81 - 90件表示

「渡辺久信」のニューストピックワード