1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示
  • 本田悦朗

    本田悦朗から見た渡邊博史渡邊博史

    また、国際政治経済システム研究会では、竹中平蔵、冨田俊基、渡邊博史らとともに専門委員を務めていた。本田悦朗 フレッシュアイペディアより)

  • ブラウン大学

    ブラウン大学から見た渡辺博史渡邊博史

    渡辺博史(日本政策金融公庫副総裁、元一橋大学教授、元財務官):1975年 経済学修士ブラウン大学 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の経済

    2008年の経済から見た渡辺博史渡邊博史

    4月9日 - 3月19日に参議院本会議で不同意になった事に伴う、日本銀行総裁・副総裁の人事案として、総裁に白川方明日本銀行副総裁(総裁代行)、副総裁に渡辺博史一橋大学大学院教授(前財務官)を充てる人事案が採決され、白川総裁は両院で同意されたが、渡辺副総裁は参議院が反対多数で否決、不同意となった。2008年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た渡辺博史渡邊博史

    一橋大学大学院商学研究科教授の渡辺博史が日本銀行副総裁候補として取り沙汰されるなか、山岡が渡辺の留守番電話に「民主党は反対するとお伝えしておく」との伝言を残し、間接的に辞退を促していたことが明らかになった。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 越川和彦

    越川和彦から見た渡辺博史渡邊博史

    中南米局にある二つの課の両方の課長、経済局政策課長や、渡辺博史、篠原尚之財務官の下で副財務官を務めたのち、2008年、北海道洞爺湖サミットで政府がアフリカ重視の姿勢を示したことから、通常より若い年次でアフリカに大使を赴任させようという日本・アフリカ連合(AU)友好議員連盟会長の森喜朗(元総理大臣)の発案を受け、アフリカ最大の産油国のひとつである駐アンゴラ大使に就任した。同様に、同年英語研修の片上慶一(欧州局参事官)が英語圏の駐ガーナ大使に、最年少のフランス語研修の岡村善文(ウィーン国際機関政府代表部公使)が、フランス語圏の駐コートジボワール大使に就任した。越川和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 北脇保之

    北脇保之から見た渡辺博史渡邊博史

    渡辺博史・北脇保之共編『新利子課税制度関係法令集――国税・地方税最新法令収録――法律・政令・省令三段対照』大蔵財務協会、1988年。北脇保之 フレッシュアイペディアより)

  • 奥田碩

    奥田碩から見た渡辺博史渡邊博史

    岡田克也副総理及び安住淳財務大臣から要請を受け、2012年3月30日に開催された株式会社国際協力銀行創立総会で取締役に選任されるとともに、国際協力銀行代表取締役総裁に内定する。会社設立に伴い4月1日総裁に就任した。同日付でトヨタ自動車相談役を退任。総裁就任後の会見で「日本の政治、経済は世界の変化に2周も3周も遅れた。体力があるうちに国のために貢献したい。」と述べた。また渡辺博史副総裁との関係については「仕事の丸投げはしない。」とした。2013年12月26日に退任し、2014年1月1日付でトヨタ自動車相談役に復帰した。公益財団法人トヨタ財団会長等も務める。奥田碩 フレッシュアイペディアより)

  • 輿石東

    輿石東から見た渡辺博史渡邊博史

    2007年の第21回参議院議員通常選挙で民主党が大勝し「ねじれ国会」が発生すると、党参議院議員会長の輿石の存在がにわかに注目され、政治的影響力を増大させていった。輿石は当時の党代表だった小沢一郎との関係を重視し、小沢の肝煎りの法案であるアフガニスタン復興支援特別措置法案を対自民への共闘対象となる野党としての日本共産党や社会民主党と対立してまでも参議院で可決させたり、財務省出身の渡辺博史を日銀副総裁とする人事案では小沢の意向をふまえて党内の同意論を抑えて不同意を主導した。同じく2007年には菅直人ともに代表代行に就任(兼任)。小沢、菅、鳩山のトロイカに並ぶ実力者となる。その後も常に執行部の中心にあり続け、政局を大きく左右するほどの力をもつキーマンとなる。2009年に小沢が代表を辞任するが、鳩山由紀夫新代表の下でも代表代行兼参院議員会長に留任。輿石東 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見た渡辺博史渡邊博史

    4月9日 - 白川方明日本銀行副総裁の総裁昇格案が衆参両議院で可決。午後に任命され、福井俊彦前総裁の任期満了以降の空席状態が解消されるも、渡辺博史一橋大学教授の副総裁任命案は参議院で否決。採決において民主党内に造反議員が出る。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 篠原尚之

    篠原尚之から見た渡辺博史渡邊博史

    山梨県出身。1975年に大蔵省入省。2007年から2年間、渡辺博史の後任として財務官を歴任。財務省退官の後、2010年から5年間、IMF(国際通貨基金)副専務理事。2015年7月、東京大学政策ビジョン研究センター教授。篠原尚之 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示

「渡辺博史」のニューストピックワード