90件中 11 - 20件表示
  • 渡辺博史

    渡辺博史から見た輿石東

    4月8日、民主党国会同意人事検討小委員会が開催され、小委員長の仙谷由人は「小委員会の意見としては、白川総裁に同意、渡辺副総裁も同意が可能というのが大勢だった」と公表した。しかし、小沢代表の強い意向を背景に、国会対策委員長の山岡賢次と参院議員会長の輿石東の2名が強硬に不同意を主張したことから、民主党役員会にて副総裁人事案への不同意が決まった。民主党幹事長の鳩山由紀夫は「努力が実らず申し訳ない思い」と謝罪した。渡辺博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺博史

    渡辺博史から見た鳩山由紀夫

    2007年度末ころから、日本銀行総裁候補や副総裁候補として名前が度々挙がっており、民主党幹事長の鳩山由紀夫は渡辺の名が挙がった際に「財務官の方が世界が広い。国際金融に詳しいことは間違いない。財務省(出身)だからすべてだめと言っているわけではない」と評し、容認する姿勢を見せていた。内閣総理大臣の福田康夫も、渡辺の能力、経験、人物が副総裁に相応しいと語っており、ねじれ国会の下で日銀正副総裁が欠ける異常事態の中で2008年4月7日、内閣から衆議院、参議院に対し、日本銀行副総裁候補として提示された。渡辺副総裁案は日銀出身と財務省出身が交互に総裁職を務めるたすきがけ人事などの慣行的人事を崩すという一方で、財務官僚の中で過去2回提示された財政寄りとされた武藤敏郎や田波耕治と異なり金融寄りの渡辺博史ということに参議院野党にアピールをする形で日本銀行政策委員会のメンバーに財務省出身の人間を入れることを目的とした妥協案でもあった。渡辺博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺博史

    渡辺博史から見た斎藤弘

    民主党は渡辺の副総裁就任に同意しなかった理由について、財務省からの天下りを規制するためと説明した。そのため、日本銀行出身で山形県知事を務める斎藤弘から「(道路特定財源問題に続き)『政争の具にする愚』再び、としか言いようがない」と強い口調で批判された。斎藤は、1998年の日本銀行法改正により日銀の独立性が保障されていることに触れたうえで「天下りと言うなら、日銀の上に何かがあるということになるが、何があるのか」と指摘し「天下り規制というのは旧日銀法の考えで、おっしゃっているのでは。法律の趣旨を理解いただければ、そんな考え方はできないと思う」と述べ、財務省財務官から日本銀行副総裁への転身を天下りと規定するのは「(日銀の独立性を明確にした)日銀法の趣旨を踏みにじることになる」と指摘した。渡辺博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺博史

    渡辺博史から見た武藤敏郎

    2007年度末ころから、日本銀行総裁候補や副総裁候補として名前が度々挙がっており、民主党幹事長の鳩山由紀夫は渡辺の名が挙がった際に「財務官の方が世界が広い。国際金融に詳しいことは間違いない。財務省(出身)だからすべてだめと言っているわけではない」と評し、容認する姿勢を見せていた。内閣総理大臣の福田康夫も、渡辺の能力、経験、人物が副総裁に相応しいと語っており、ねじれ国会の下で日銀正副総裁が欠ける異常事態の中で2008年4月7日、内閣から衆議院、参議院に対し、日本銀行副総裁候補として提示された。渡辺副総裁案は日銀出身と財務省出身が交互に総裁職を務めるたすきがけ人事などの慣行的人事を崩すという一方で、財務官僚の中で過去2回提示された財政寄りとされた武藤敏郎や田波耕治と異なり金融寄りの渡辺博史ということに参議院野党にアピールをする形で日本銀行政策委員会のメンバーに財務省出身の人間を入れることを目的とした妥協案でもあった。渡辺博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺博史

    渡辺博史から見た東京大学

    1968年に東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業し、東京大学に入学。渡辺博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺博史

    渡辺博史から見た中央経済社

    小川和男・渡辺博史著『変わりゆくロシア・東欧経済――市場化の試練と西側の対応』(中央経済社、1994年)ISBN 4502621218渡辺博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺博史

    渡辺博史から見た北脇保之

    大蔵省国際金融局での経験が長く、財務官としても活動したことから、国際金融畑に明るく、ヨーロッパを中心とした金融市場についての研究書を多数上梓している。吉野直行(後の金融庁金融研究研修センター長)や北脇保之(後の浜松市市長)らとの共著もある。渡辺博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺博史

    渡辺博史から見た吉野直行

    大蔵省国際金融局での経験が長く、財務官としても活動したことから、国際金融畑に明るく、ヨーロッパを中心とした金融市場についての研究書を多数上梓している。吉野直行(後の金融庁金融研究研修センター長)や北脇保之(後の浜松市市長)らとの共著もある。渡辺博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺博史

    渡辺博史から見た糸川正晃

    2008年4月8日、衆議院と参議院の議院運営委員会にて、日本銀行正副総裁候補として白川、渡辺の所信聴取が行われた。衆議院議院運営委員会では両者の所信聴取と質疑が終了すると、与野党の出席委員たちから大きな拍手が起こった。仙谷由人は「50歳代後半の2人は、これまでの惰性的な財務省・政府・政治の言動をおもんばかった政策から(転換し)、毅然とした透明性の高い説明ができ、組織改革ができると好印象を持った」としたうえで「これまで(過去2回提示された財務次官経験者)と違うのは、国際金融で(海外を)飛び回っていた人。財務省でも財政担当者出身と感覚が違うと感じた」と述べている。国民新党国会対策委員長の糸川正晃も「国際社会の中でも評価が高いと感じている」と指摘しており、与野党から高い評価を得た。渡辺博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺博史

    渡辺博史から見た犬塚直史

    4月9日の参議院本会議では、渡辺の副総裁人事案に対し、自由民主党や公明党だけでなく、民主党と統一会派を構成する国民新党の全議員が賛成した。さらに、民主党からは渡辺秀央、大江康弘、藤原正司が賛成し、犬塚直史、風間直樹は棄権、桜井充、木俣佳丈は欠席するなど、造反議員が相次いだため、票差は6票差にまで迫ったものの不同意となった。2007年から2009年までのねじれ国会下の中で参議院で不同意となった人事案件の中では票差が最小となったが、民主党内では渡辺副総裁案に賛成する議員が多く出る中で、最終的に反対という方針を決定したことにおいて党内意思決定過程の問題を露呈し、3人の造反議員の招くことになった(後述)。それに対し、衆議院では渡辺の人事案は同意された。両院から同意されなかったことで、渡辺の副総裁就任は不可となった。渡辺博史 フレッシュアイペディアより)

90件中 11 - 20件表示

「渡辺博史」のニューストピックワード