94件中 11 - 20件表示
  • 渡邊博史

    渡邊博史から見た宮澤喜一

    1998年7月 大蔵大臣秘書官事務取扱(-2001年4月、宮澤喜一蔵相、財務相)渡邊博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊博史

    渡邊博史から見た武藤敏郎

    2007年度末ころから、日本銀行総裁候補や副総裁候補として名前が度々挙がっており、民主党幹事長の鳩山由紀夫は渡辺の名が挙がった際に「財務官の方が世界が広い。国際金融に詳しいことは間違いない。財務省(出身)だからすべてだめと言っているわけではない」と評し、容認する姿勢を見せていた。内閣総理大臣の福田康夫も、渡辺の能力、経験、人物が副総裁に相応しいと語っており、ねじれ国会の下で日銀正副総裁が欠ける異常事態の中で2008年4月7日、内閣から衆議院、参議院に対し、日本銀行副総裁候補として提示された。渡辺副総裁案は日銀出身と財務省出身が交互に総裁職を務めるたすきがけ人事などの慣行的人事を崩すという一方で、財務官僚の中で過去2回提示された財政寄りとされた武藤敏郎や田波耕治と異なり金融寄りの渡辺博史ということに参議院野党にアピールをする形で日本銀行政策委員会のメンバーに財務省出身の人間を入れることを目的とした妥協案でもあった。渡邊博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊博史

    渡邊博史から見た伊吹文明

    自由民主党幹事長の伊吹文明らは「鳩山由紀夫民主党幹事長の意見も入れて民主党内が収まることを条件にして渡辺さんを(候補に)入れた」として反発した。渡邊博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊博史

    渡邊博史から見た仙谷由人

    この人事案に対し、鳩山は「(財務省から日銀への)天下りとは考えない」と明言した。武藤や田波の総裁就任に強く反対した民主党同意人事検討小委員長の仙谷由人も、渡辺の副総裁就任について「財務省出身だから即不同意という機械的な話はあり得ない」として同意を示唆した。民主党副代表の前原誠司も「渡辺さんは立派な方。私はいいと思う」と発言しており、民主党では「容認論が大勢となりつつあった」とされる。渡邊博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊博史

    渡邊博史から見た東京大学

    1968年に東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業し、東京大学に入学。渡邊博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊博史

    渡邊博史から見た中央経済社

    小川和男・渡辺博史著『変わりゆくロシア・東欧経済――市場化の試練と西側の対応』(中央経済社、1994年)ISBN 4502621218渡邊博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊博史

    渡邊博史から見た吉野直行

    大蔵省国際金融局での経験が長く、財務官としても活動したことから、国際金融畑に明るく、ヨーロッパを中心とした金融市場についての研究書を多数上梓している。吉野直行(後の金融庁金融研究研修センター長)や北脇保之(後の浜松市市長)らとの共著もある。渡邊博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊博史

    渡邊博史から見た北脇保之

    大蔵省国際金融局での経験が長く、財務官としても活動したことから、国際金融畑に明るく、ヨーロッパを中心とした金融市場についての研究書を多数上梓している。吉野直行(後の金融庁金融研究研修センター長)や北脇保之(後の浜松市市長)らとの共著もある。渡邊博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊博史

    渡邊博史から見た日本銀行

    2007年度末ころから、日本銀行総裁候補や副総裁候補として名前が度々挙がっており、民主党幹事長の鳩山由紀夫は渡辺の名が挙がった際に「財務官の方が世界が広い。国際金融に詳しいことは間違いない。財務省(出身)だからすべてだめと言っているわけではない」と評し、容認する姿勢を見せていた。内閣総理大臣の福田康夫も、渡辺の能力、経験、人物が副総裁に相応しいと語っており、ねじれ国会の下で日銀正副総裁が欠ける異常事態の中で2008年4月7日、内閣から衆議院、参議院に対し、日本銀行副総裁候補として提示された。渡辺副総裁案は日銀出身と財務省出身が交互に総裁職を務めるたすきがけ人事などの慣行的人事を崩すという一方で、財務官僚の中で過去2回提示された財政寄りとされた武藤敏郎や田波耕治と異なり金融寄りの渡辺博史ということに参議院野党にアピールをする形で日本銀行政策委員会のメンバーに財務省出身の人間を入れることを目的とした妥協案でもあった。渡邊博史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊博史

    渡邊博史から見た犬塚直史

    2008年4月9日の参議院本会議では、渡辺の副総裁人事案に対し、自由民主党や公明党だけでなく、民主党と統一会派を構成する国民新党の全議員が賛成した。さらに、民主党からは渡辺秀央、大江康弘、藤原正司が賛成し、犬塚直史、風間直樹は棄権、桜井充、木俣佳丈は欠席するなど、造反議員が相次いだため、票差は6票差にまで迫ったものの不同意となった。2007年から2009年までのねじれ国会下の中で参議院で不同意となった人事案件の中では票差が最小となったが、民主党内では渡辺副総裁案に賛成する議員が多く出る中で、最終的に反対という方針を決定したことにおいて党内意思決定過程の問題を露呈し、3人の造反議員の招くことになった(後述)。それに対し、衆議院では渡辺の人事案は同意された。両院から同意されなかったことで、渡辺の副総裁就任は不可となった。渡邊博史 フレッシュアイペディアより)

94件中 11 - 20件表示

「渡辺博史」のニューストピックワード