渡辺恒雄 ニュース&Wiki etc.

渡邉 恒雄(わたなべ つねお、1926年(大正15年)5月30日 - )は、日本の新聞記者、実業家。勲等は旭日大綬章。株式会社読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆、株式会社読売巨人軍取締役会長。「ナベツネ」の通称で知られる。 (出典:Wikipedia)

「渡辺恒雄」Q&A

  • Q&A

    巨人と「ナベツネ」は築地移転の闇で暗躍してますか? 読売新聞「ナベツネ」が気になる築…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月1日 13:40

  • Q&A

    この人は誰か 1加藤紘一 2山城新伍 3佐藤二朗 4大谷翔平 5加藤清正 反乱と脱…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月30日 19:29

  • Q&A

    安倍首相と読売ナベツネらマスコミ幹部がまた“癒着”会食! 共同通信社長は仲間入りのた…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年9月6日 10:44

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「渡邉恒雄」のつながり調べ

  • 川島廣守

    川島廣守から見た渡邉恒雄

    渡邉恒雄・読売新聞グループ本社社長とは昵懇な間柄で、そのことに関し、コミッショナー職の中立性を疑問視する声もあった。従来のコミッショナーの前職は野球畑とは別の官界や学界等であったが、セ・リーグ会長からの就任であった。(川島廣守 フレッシュアイペディアより)

  • エリック・ヒルマン

    エリック・ヒルマンから見た渡辺恒雄

    結局、1998年は1度も登板せずシーズン途中で解雇となった(渡辺恒雄球団社長(当時)は「金をやるから出ていけ!」と大激怒したという)。2シーズンに満たない在籍期間で、登板数2試合、投球回数6回で5億円を受け取りながら、「俺をミッチェルやグリーンウェルと一緒にしないでくれ」とマスコミに反論し、巨人退団決定後には「巨人に復帰するのが夢だ」とコメント。最後は「肩が治ったら巨人の入団テストを受けに帰って来る」と言い残して日本を去った。退団後のにヒューストン・アストロズ傘下の2Aラウンドロックで1試合に登板しているが、巨人の入団テストを受けた事はない。(エリック・ヒルマン フレッシュアイペディアより)

「渡辺恒雄」のニューストピックワード