前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
208件中 1 - 10件表示
  • 読売新聞

    読売新聞から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    1979年 渡邉恒雄(現読売新聞グループ本社会長)が論説委員長に就任。読売新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 江尻良文

    江尻良文から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    神奈川県横浜市出身。早稲田大学法学部中退。中退後東京スポーツで20年、サンケイスポーツ、夕刊フジで15年、日本プロ野球担当記者一筋。1972年からの記者生活で最初の3年間は日本ハムファイターズを担当し、その後読売ジャイアンツ(以下、巨人)の担当になった。大の王貞治・渡邉恒雄シンパで知られる。江尻良文 フレッシュアイペディアより)

  • 平松庚三

    平松庚三から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    この頃、読売新聞ワシントン支局でアルバイトをしていた。そこで渡邉恒雄と知り合う。平松庚三 フレッシュアイペディアより)

  • 魚住昭

    魚住昭から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    1996年5月に、年功序列により京都支局デスクに異動。しかしこの頃、単行本化を進めていた瀬島龍三の記事について、上層部から記事の渡邉恒雄に関する部分を削除するように求められたのに反発。また京都支局では、東京本社や大阪支社の方針と何度も対立を繰り返す。結局、自分で取材をして記事を書きたいとの思いが強くなり、1996年8月に退社。東京に戻り、フリーライターとなり、渡邉恒雄の評伝取材を開始。魚住昭 フレッシュアイペディアより)

  • 三山秀昭

    三山秀昭から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    富山県生まれ。早稲田大学法学部卒業後の1969年(昭和44年)に読売新聞社に入社。政治部を経て、当時読売巨人軍オーナーを務めていた正力亨の秘書に抜擢。江川事件において所謂「空白の一日」を提案し、事後処理を無難に行ったことを高く評価された。その後は読売グループ幹部でのちに読売巨人軍オーナーになる渡邉恒雄に見出される形で政治部次長、秘書部長、政治部長、そして経理局長を務め、将来の読売新聞社社長候補とまで呼ばれていた。三山秀昭 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本プロ野球

    2004年の日本プロ野球から見た渡辺恒雄渡邉恒雄

    2月5日 - 近鉄はネーミングライツ問題について、巨人球団オーナーの渡辺恒雄やパ・リーグ会長の小池唯夫、プロ野球コミッショナーの根来泰周などの反対もあり、白紙撤回とする。2004年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 清武の乱

    清武の乱から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    清武の乱(きよたけのらん)は、2011年11月11日に起きたプロ野球チーム「読売ジャイアンツ」(以下「巨人」)の運営会社「株式会社読売巨人軍」清武英利球団代表による同社取締役会長渡邉恒雄への告発に関する問題である。清武はこの問題を理由に、同月18日読売巨人軍におけるすべての職を解任されている。清武の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生内閣

    麻生内閣から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    5月15日 - 安心社会実現会議にて、麻生首相が、厚生労働省分割の検討を表明。4日後、経済財政諮問会議にて、麻生は「安心社会実現会議の時に、厚生労働省の話が出た。あの時に私が言ったのは、単なる『厚生労働省を分割しましょう』という次元の話ではなくて、国民生活関係省と医療関係に分けるという話をした」と発言したうえで、内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)与謝野馨に二分割の具体案検討を指示。しかし、自由民主党から異論が相次ぎ、閣僚らの調整も不調に終わると、5月28日に麻生は一転して「(厚労省分割の検討を)やろうと言った覚えはない」と発言した。さらに、麻生は「渡辺さんが最初に言われたセリフだった」と主張し、麻生ではなく読売新聞グループ本社会長渡邉恒雄の提案だったと釈明した。これを受け、安心社会実現会議委員の山口美智子が「一委員の提案した厚労省分割・再編が報道された。衆院選のパフォーマンスを思わせる。党利党略だ」と批判。これら一連の発言に対し、渡邉が「取り消せ。無礼だ」と激昂する事態となった。麻生内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 池田勇人

    池田勇人から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    渡邉恒雄は「池田さんの経済政策が、現在の日本の繁栄を築いたことは間違いないでしょう。池田さん自身、ブレーンを使いながらも、自分自身で高度経済成長政策を考え、財政均衡を考えていたと思うよ(中略)池田さんは口癖のように『私は嘘を申しません』と言っていたけれど、本当に言ったことは守り、実行した人だった」などと評している。池田勇人 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球再編問題 (2004年)

    プロ野球再編問題 (2004年)から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    さらにこれを機に、経営難に陥っているパシフィック・リーグ各球団が人気のあるセントラル・リーグ球団からの救済を求めたことに加え、球界の独占的な支配を図っていると一般から見なされた読売ジャイアンツ(以下巨人。また肩書きも当時のもの)オーナー・渡邉恒雄を始めとした一部球団オーナーが球団数を大幅に削減しようと考えていたことにより、8 - 10球団の1リーグ制への流れが急速に進んでいったことも明らかになった。プロ野球再編問題 (2004年) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
208件中 1 - 10件表示

「渡辺恒雄」のニューストピックワード