208件中 91 - 100件表示
  • 渡部恒雄

    渡部恒雄から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    2005年(平成17年)、日本に帰国。三井物産戦略研究所主任研究員などを務め、東京財団上席研究員・政策研究部ディレクター(外交・安全保障担当)に就任したほか、戦略国際問題研究所非常勤研究員、沖縄平和協力センター上席研究員を兼任している。渡邉恒雄と同音異字であることを指摘されることが多い。渡部恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • アナタハンの女王事件

    アナタハンの女王事件から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    渡邉恒雄は当時週刊のタブロイド紙であった読売ウイークリーの若手記者時代に、アナタハンで暮らす日本人の情報をいち早くつかんでいた。当てもなく訪ねた三浦半島城ヶ島の漁師から偶然仕入れた話だったが、デスクが読売新聞に報告せず、ウイークリーの特ダネにしようとした結果、同紙が出る前日に毎日新聞が同じ話を社会面のトップで報じたため、特ダネを逃している。アナタハンの女王事件 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・マント

    ジェフ・マントから見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    、読売ジャイアンツに入団。年俸はそれまでの2千万程度から1億5千万円に跳ね上がる。右の長距離砲として期待され、武上四郎打撃コーチは「(本塁打を)70発は打つだろう」と評価したが、オープン戦で放った安打は僅か1安打。ペナントレースが開幕してもヒット3本、打率が1割台と低迷した。これを受けて、当時オーナーの渡邉恒雄が二軍降格を提案するが、当時の長嶋茂雄監督が「彼はテンプル大学出身だから、大丈夫でしょう」と擁護(意味は不明)、起用を続ける。。結局成績は向上せず、5月初旬に解雇されてしまった。ジェフ・マント フレッシュアイペディアより)

  • 九頭竜ダム

    九頭竜ダムから見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    このほか、鉱業権の収容が行われた。当地は鉱山が多く、水没地点にも複数の鉱業権が存在した。鉱業権を握る交渉は難航し、やむなく強制収用に踏み切った。また、水面下では政治的な介入も行われ、児玉誉士夫の命を受けた読売新聞の渡邉恒雄が中曽根康弘らとともに、補償交渉を円滑に進めるための資金工作を行っていた。だがこの工作は失敗に終わり、資金は全額児玉誉士夫から返還されたという。この経緯は鉱山経営を手がける日本産銅の社長だった緒方克行が『権力の陰謀 九頭竜事件をめぐる黒い霧』(現代史出版会)につづっている。九頭竜ダム フレッシュアイペディアより)

  • 一場事件

    一場事件から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    8月13日、読売ジャイアンツが2003年12月からの7ヶ月間、一場に対して“食事代” “交通費” “小遣い”などの名目で数回にわたり総額約200万円の現金を渡していたことを明らかにし、土井誠社長、三山秀昭球団代表を始めとする編成に関与した幹部4人を解任、渡邉恒雄オーナーと堀川吉則会長も引責辞任すると発表した。渡邉オーナーは辞任後、会長に就任した。一場事件 フレッシュアイペディアより)

  • 五島昇

    五島昇から見た渡辺恒雄渡邉恒雄

    40年来の友人である「中曽根康弘を総理にする会」を作り支援。中曽根の総理就任後は瀬島や渡辺恒雄らと共にブレーンとして中曽根政権を支えた。新行革審の会長ポストを巡る争いや、売上税導入問題など、激務により体調を崩し1987年(昭和62年)、日本商工会議所会頭会長に退く。五島昇 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    1947年、雑用係からキャリアをスタートさせたが、まわりは岡田を大学出の文学青年ぐらいにしか思っていなかったようで、よく言いがかりを付けられたが、売られた喧嘩は絶対に買った。生意気だけど喧嘩が強そうと次第に認められた。製作進行係として最初に担当したマキノ雅弘監督の『金色夜叉』(1948年)の撮影のとき、エキストラのトラブルでやくざと大立ち回りをした武勇伝は、他社にも鳴り響いたという。当時、製作のトップにいたマキノ光雄に師事。翌1948年、24歳で製作主任に昇格。以前から温めていた企画、戦死した学友達の話を後世に残さなければならない、と戦没学生の遺稿集『はるかなる山河』の映画化を決意。山本薩夫監督で映画化しようと東宝が動いていたが、岡田が先に映画化権を買った。東京大学全日本学生自治会総連合の急先鋒でわだつみ会の会長だった氏家齊一郎や、副会長だった渡邉恒雄が「天皇制批判がない」とクレームを付けたり、会社の看板スターで役員でもあった片岡千恵蔵、月形龍之介とも「会社が潰れかかっているのに、この企画では客は来ない」と猛反対されたりした。当時は大物役者がノーと言えば映画は作れない時代だった。絶対にこの映画は当たると大見得えを切り、黒川社長への直訴が実り、マキノの助け舟もあって、自ら陣頭指揮を執って1950年、映画は完成。タイトルを『日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声』に変更し公開。珠玉の反戦映画、と評価を得て当時では最高の大ヒット、瀬死の状態にあった東横映画を救ったが、当時まだ配給網を持っていなかった東横映画には、あまりお金が入ってこなかった。本作品での岡田のクレジットは「製作担当」であるが、これが岡田の実質的な初プロデュース作。1948年、京都撮影所(以下、京撮)に従業員組合(労組)が創立され書記長。翌1949年、新執行部の選出で二代目労組委員長に就任。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た渡邊恒雄渡邉恒雄

    2000年11月21日、衆議院本会議において森内閣不信任決議案が野党から提出された。当時宏池会会長で自民党の次期総裁候補の一人と目されていた加藤紘一は、森不信任は国民の多数が支持すると考え、YKKの盟友、山崎拓とともに、それぞれ自派を率い党の方針に反して本会議を欠席した。このとき、加藤は渡邊恒雄と自民党重鎮等が集まる懇談に出席した際、政権内の内閣参与である中村慶一郎がいる前で反乱の意向を明らかにしたため、この情報はただちに森に筒抜けとなった。YKKの残る1人で、森派会長を務めていた小泉純一郎は率先して加藤の倒閣の動きを党内で拡散して加藤に近い若手の動きを牽制、野中広務らも猛烈な切り崩し工作を展開した。結果、宏池会で加藤に従った者は一部に留まり、内閣不信任決議案は否決された。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 椿貞良

    椿貞良から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    渡邉恒雄 - 椿のワシントン特派員時代からの友人。椿事件以降、椿のことを厳しく批判している。椿貞良 フレッシュアイペディアより)

  • 徳間康快

    徳間康快から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    読売新聞社経済部記者の氏家齊一郎、政治部記者の渡邉恒雄と親しく、生涯その盟友関係を保った。徳間康快 フレッシュアイペディアより)

208件中 91 - 100件表示