208件中 121 - 130件表示
  • 務臺光雄

    務臺光雄から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    1991年4月30日に東京都中央区の聖路加国際病院で死去、94歳。務臺の死後、渡邉恒雄が読売新聞社社長に就任。読売は正力・務臺・小林の三頭体制から渡邉を中心とした集団指導体制に移行することとなった。務臺光雄 フレッシュアイペディアより)

  • 安心社会実現会議

    安心社会実現会議から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    渡邉恒雄 - 読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆安心社会実現会議 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た渡辺恒雄渡邉恒雄

    2015年5月6日、金鍾泌元国務総理は学生時代に慰安婦として朝鮮の妹が強制連行されるのを直接目撃したことがあり、2001年に日本に訪問した際に読売新聞の渡辺恒雄社長、産経新聞に抗議し朝日新聞には日本の歴史歪曲を伝えたと中央日報にて証言している。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 藤岡貴裕

    藤岡貴裕から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    自身の話題があがる日に、何故か必ず別の話題や出来事が起きたりするということを藤岡自身も語っており、ドラフト指名当日には巨人単独1位指名確実と言われた東海大学菅野智之が競合の末、日本ハムファイターズに1位指名されるという大きなサプライズが、正式契約の日には読売巨人軍の清武英利球団代表兼GM(当時)が渡邉恒雄球団会長を告発するという事件が、新人寮への入寮時には同期入団の中後悠平と益田直也が電車を乗り間違えて入寮に大遅刻をするというハプニングが発生、初のブルペン入りを果たした当日は、ダルビッシュ有がMLBレンジャースと正式契約となり、初の対外チームとの先発予定試合で、相手は巨人の澤村拓一と話題になるには充分な舞台が用意されたものの雨天中止、本拠地QVCマリンフィールドでのオープン戦初先発の日(2012年3月25日)には、アイドルグループAKB48の前田敦子がグループを卒業すると突然の発表を行ったというニュースがあり、話題をさらわれている。藤岡貴裕 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤の乱

    加藤の乱から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    11月9日夜、虎ノ門のホテルオークラ東京内日本料理屋「山里」での政治評論家(渡邉恒雄、早坂茂三、中村慶一郎、三宅久之、屋山太郎ら中曽根派に強い面子)たちとの会合で、内閣改造の話が出た際に倒閣を宣言。この発言から加藤の乱が始まった。加藤の乱 フレッシュアイペディアより)

  • フジサンケイグループ

    フジサンケイグループから見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    なお、2001年のシーズンオフに横浜ベイスターズの株式の53.85%(70万株)を保有していたオーナー企業のマルハが球団の株式をニッポン放送へ譲渡する事となり一度は合意したが、堤の事例と同様に巨人の渡邉恒雄オーナー(読売新聞グループ本社会長)が野球協約の縛りを持ち出し、異議を唱えたため問題となり、断念。代わって、球団の第3位の株主であったTBSが47万株、TBSの持分法適用関連会社の株式会社BS-i(現・株式会社BS-TBS)が23万株(17.69%)を引き受けることとなった。この結果、TBSが従来から保有していた20万株(15.38%)を合わせて51.54%の筆頭株主(TBSグループとして69.23%)となり、オーナー企業となった。その後も野球協約に抵触する問題として、本件が議題となることが多かった。2006年4月にはフジテレビがニッポン放送の資産を吸収することで、フジテレビがヤクルト球団と横浜ベイスターズの株式を保有し(横浜ベイスターズはニッポン放送名義)、野球協約に完全に抵触することになった。2011年12月2日にTBSホールディングスは球団持株の49.69%を、BS-TBSは球団持株の全株をそれぞれディー・エヌ・エー(DeNA)に譲渡して横浜DeNAベイスターズが誕生したが、ニッポン放送は依然として同球団の第2位株主となっていた。しかし、2013年3月期のディー・エヌ・エーの有価証券報告書によると同社の球団保有株は97.7%となっているため、この時点までにフジ・メディア・ホールディングスは保有株式をすべてディー・エヌ・エーに譲渡しており、野球協約に対する抵触問題を解消している。フジサンケイグループ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のスポーツ

    2016年のスポーツから見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    8日 - 【プロ野球】 読売ジャイアンツが東京都千代田区の読売新聞東京本社で緊急記者会見を開催し、投手の高木京介が野球賭博に関与していたことを発表。この事態を受けて、巨人は高木京を当面の間謹慎処分にすると共に、野球賭博を禁じた野球協約に違反したとして、日本野球機構(NPB)ならびにNPBコミッショナーの熊崎勝彦にも告訴することを表明。さらに球団オーナーの白石興二郎、球団会長の桃井恒和、そして最高顧問の渡邉恒雄の球団最高首脳3名も今回の責任を取って引責辞任することを明らかにした。2016年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男

    鈴木宗男から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    魚住昭の『渡邉恒雄 メディアと権力』(講談社)によると、昭一が立候補していたため、読売新聞グループの渡邉に立候補を断念するよう迫られ、鈴木が断るとマスメディアに大々的に鈴木批判の記事が掲載されたという。また同書によれば、鈴木側は「中川先生は世襲に否定的だった」という大義を下に出馬を決断したとしている。鈴木宗男 フレッシュアイペディアより)

  • 反共主義

    反共主義から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    多くの元共産主義者が反共産主義者に転向した。ベニート・ムッソリーニは共産主義者からファシズムに、ミハイル・ゴルバチョフは共産主義者から社会民主主義に、ポーランドのレシェク・コワコフスキ、日本の渡邉恒雄は共産主義者から有名な反共産主義者に、それぞれ転じている。反共主義 フレッシュアイペディアより)

  • 日本への原子爆弾投下

    日本への原子爆弾投下から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    しかし日本側は、鈴木貫太郎が降伏しようと決意した際に宮内省や政府要人がそれを阻止しようとした徹底抗戦派に襲われ、近衛師団の将校によって森赳近衛師団長が殺害されるような宮城事件があり、昭和天皇の失言を擁護している意見もある。漫画家の小林よしのりの『昭和天皇論』ではこの発言を触れており、アメリカから帰国したばかりで、日米関係が良好だった事に背景があり、また昭和天皇の発言は、久間の「原爆によって北海道は占領されずに済んだ」「私はアメリカを恨むつもりはない」と言う原爆によって北海道がソ連に占領されずに済んだと言う感謝するような発言はしていない事から天皇と久間の発言の違いを説明している。また昭和天皇の発言は生中継の記者会見であるのに対し、久間章生の発言は講演による自発的な発言である。読売新聞社の渡邉恒雄は「昭和戦争の多くの局面で天皇に国政を左右し、国運を決する判断と軍部に対する下命を求める事は不可能であった。昭和戦争の時代天皇には統帥の最高権力者としての能力は奪われまたは保有し得なかった事は間違いない」と昭和天皇よりも、周囲の反対を押し切って原爆投下命令を下したアメリカのトルーマン(しかし、トルーマンが原爆投下を許可した証拠は見つかっていない)、仲介と中立を破ってシベリア抑留させたソ連のスターリン、そして降伏を阻止しようとした日本の徹底抗戦派を非難の対象にしている。日本への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

208件中 121 - 130件表示