208件中 131 - 140件表示
  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た渡邊恒雄渡邉恒雄

    6月11日の日本ハム戦でNPB史上55人目となる通算3000塁打を達成した。最終的に77試合の出場で打率.278の成績を残し、代打の切り札として代打打率.395を記録し、翌シーズンも現役続行の意向を示していたが、クライマックスシリーズ敗退を受けて今季限りでの勇退を表明した原の後任として球団より監督就任要請を打診され、10月23日に、渡邊恒雄取締役最高顧問、白石興二郎取締役オーナー(いずれも当時)と面会の上、翌2016年シーズンからの監督就任を受諾することを報告、同時に2015年シーズンをもって現役を引退することを表明。10月26日には監督就任会見を行い、11月5日に日本野球機構(NPB)より任意引退公示された。高橋の引退及び監督就任が突然の決定であったことから、球団側では「ファンから(引退式を行って欲しいという)要望も多く、こちらも何かの形にしたかった」として11月23日のファンフェスタ(東京ドーム)で高橋の現役引退式並びに監督就任セレモニーが執り行われた。なお、背番号は現役時代より引き続き24となった。NPBでは史上初の「昭和50年代生まれ及び逆指名入団の監督」となる。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽雄哉

    丹羽雄哉から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    渡邉恒雄(読売新聞政治部時代の上司)丹羽雄哉 フレッシュアイペディアより)

  • 清武英利

    清武英利から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    2011年11月11日、清武は文部科学省において緊急記者会見を開き、読売新聞グループ本社会長兼主筆・読売巨人軍球団会長である渡邉恒雄が、オーナーやGMである自分の頭越しに、予め球団が決定し承認したコーチ人事を覆したことに対して重大なコンプライアンス違反であると告発した。11月18日、こうした動きを受け、球団側が『渡邉恒雄への告発会見などにより、球界を混乱させたこと』を理由として、清武を読売巨人軍の一切の役職から解任した。清武英利 フレッシュアイペディアより)

  • 源田実

    源田実から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    元343空隊員・加藤種男は「6年毎の選挙に関西地区の選対責任者として司令の防衛作戦の活動に御協力申し上げた事を心の誇りとして来た」という。三島由紀夫は、今後ますます重要になる日本の安全保障問題を考えると深い体験と専門知識を持ち国際的な視野を持った源田のような政治家を持つかどうかで日本の将来が大きく変わると応援した。児玉誉士夫は「政治家に選挙費用を出すのはアホウのやることだ。例外は源田実だけだ」と話していた。瀬島龍三を児玉に紹介したのは源田と考える者もいる。渡邉恒雄は「僕が記者クラブにいた頃、源田さんは記者会見で気に入らない質問をされると『文句があるなら、俺のT-33練習機に乗れ。俺が戦闘機の操縦を、おまえらに教えてやる』と言っていた」という。源田実 フレッシュアイペディアより)

  • 正力松太郎

    正力松太郎から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    戦後は、MLB選手を日本に招聘して日米野球を興行するなど野球界で尽力したが、一方で長期にわたる中央情報局(CIA)への協力(非公式の工作活動)をおこなっていたことが、アメリカで保管されている公文書により判明している。また、自由民主党総裁の座も狙っており、渡邉恒雄を参謀の中曽根康弘との連絡役にしていた。正力松太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 広岡達朗

    広岡達朗から見た渡辺恒雄渡邉恒雄

    西武退団後は評論家となり、NHKの野球解説者となる。1988年には巨人から王貞治の後任として藤田元司より先に監督就任を要請された。湯浅武代表や務臺光雄読売新聞名誉会長にも会い、巨人もついに自分を認めたかという気持ちも一部にあったが、広岡は自らヘッドコーチを志願し、王は解任せず、投手コーチに宮田征典、サードベースコーチに黒江透修か近藤昭仁を主なスタッフとして入れると充分優勝できる、と答えて首をタテに振らなかった。1980年に長嶋を解任して人気がガタ落ちした巨人が、現在のプロ野球隆盛の最大の功労者であるもう一人の王を、同じような格好でクビにしてはいかんというONに対する敬意が裏にあったのだが、広岡はそのあたりを読み違えてしまい、巨人軍監督という最大のチャンスを逃した。務臺?川上ラインで藤田の再登板が決まったとされる。巨人OBは広岡に「なぜ、監督を受けなかったか」と怒る者が多かったといわれる。広岡は後に渡辺恒雄から礼状を渡され、そこには「あなたがかつて巨人監督就任を固辞されたことは、承知している。いま思えば残念至極」とあった。広岡達朗 フレッシュアイペディアより)

  • 読売新聞

    読売新聞から見た渡辺恒雄渡邉恒雄

    1966年12月24日、朝刊一面トップで「総選挙にかける」という特集記事が組まれ、「黒い霧の審判 歓迎されぬ首相の応援」「史上最低の不人気内閣」「(支持率)二五パーセントの不人気首相」と、渡辺恒雄記者による佐藤内閣への批判キャンペーンがおこなわれる。1961年以降、旧大蔵省関東財務局・国有財産局であった「国有地の払い下げ」問題がこじれたためであった。跡地は日比谷通りに面した一等地のため、100社以上の応募が殺到。読売新聞は、49番目の応募だったが、「角さん、俺のとこに社屋の土地をよこせよ」(渡辺恒雄の田中角栄への直談判の時の発言)と、熾烈な政界工作を展開。1963年、読売への払い下げが決定された。ところが水野成夫産経新聞社長の巻き返しで、1966年夏、払い下げは白紙撤回。そのため1966年12月22日、業を煮やした務台光雄副社長は、読売新聞本社部長会の席上、「大手町の国有地を払い下げるとはっきり約束した。この約束が反故になったら日本の政治はもうおしまいだ。道義は地に墜ちてしまう。そうなったら内閣と一戦交えるしかない」と発言。12月24日朝刊記事は、国有地を読売にわたさない佐藤内閣へ、解散総選挙を利用した圧力であった。1966年12月27日、「黒い霧解散」で衆議院が解散される。12月29日、務台光雄と佐藤栄作は、首相官邸で会談をおこなう。読売新聞は、460万部の部数をバックにして、大手町の国有地を手に入れることに成功した。読売新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 三輪芳朗

    三輪芳朗から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    1995年から1997年にかけて行政改革委員会規制緩和小委員会で委員を務め、規制緩和と再販制度の廃止を主張し、日本新聞協会の渡邉恒雄と激しく対立。渡邉から鶴田俊正(専修大学教授)・金子晃(慶應義塾大学教授 ※当時)と共に国会で「三悪人」と糾弾される。三輪芳朗 フレッシュアイペディアより)

  • 林則清

    林則清から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    また読売新聞本社会長・主筆の渡邉恒雄と確執があるらしく、渡邉に対してかなりの苦言を呈していたことが知られている。林則清 フレッシュアイペディアより)

  • 逸見政孝

    逸見政孝から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    1993年8月1日、目黒のカトリック碑文谷教会で催された、設楽りさ子と三浦知良の披露宴で司会を務めた(媒酌人は、渡邉恒雄夫妻)。逸見政孝 フレッシュアイペディアより)

208件中 131 - 140件表示