208件中 151 - 160件表示
  • 週刊文春

    週刊文春から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    2004年に鈴木が編集長に就任して以来、読売新聞および読売新聞グループ本社会長・渡邉恒雄を徹底的に批判しているが、読売から損害賠償請求や謝罪広告を求める訴訟を起こされ、その多くで敗訴している。週刊文春 フレッシュアイペディアより)

  • 飯尾潤

    飯尾潤から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    渡邉恒雄回顧録』(中央公論新社, 2000年、中公文庫, 2007年)、伊藤隆・御厨貴と聞き手飯尾潤 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・D・エルドリッヂ

    ロバート・D・エルドリッヂから見た渡邊恒雄渡邉恒雄

    Japan’s Backroom Politics: Factions in a Multiparty Age (Lexington Books, forthcoming 2012)(渡邊恒雄『派閥と多党化時代―政治の密室』の英訳)ロバート・D・エルドリッヂ フレッシュアイペディアより)

  • 橋本五郎

    橋本五郎から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    地方部浜松支局に配属。1975年、 本社(現:東京)社会部に異動。1976年、本社政治部に異動し、政治部次長・論説委員・政治部長を歴任。渡邉恒雄の腹心といわれるようになる。橋本五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ 26-0 東北楽天ゴールデンイーグルス

    千葉ロッテマリーンズ 26-0 東北楽天ゴールデンイーグルスから見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブの球団合併を発端とする2004年のプロ野球再編問題は、その後第2の合併騒動や渡邉恒雄・読売ジャイアンツオーナー(当時)の「無礼なこと言うな。分をわきまえなきゃいかんよ。たかが選手が」発言などで政界・経済界・労働界までをも巻き込む一大騒動に発展した。千葉ロッテマリーンズ 26-0 東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 長嶋一茂

    長嶋一茂から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    2005年1月1日より当時球団会長渡邉恒雄の推薦で読売新聞グループ本社社長室付けスポーツアドバイザー、並びに巨人球団代表特別補佐(アドバイザー)として招聘され、2011年1月1日まで務め、同日付で野球振興アドバイザーに就任した。スポーツキャスターや芸能活動は継続する。長嶋一茂 フレッシュアイペディアより)

  • オール与党

    オール与党から見た渡辺恒雄渡邉恒雄

    2007年には、渡辺恒雄の呼びかけにより、ねじれ国会となっていた中央政界を打開を目的に自民党総裁福田康夫と民主党代表小沢一郎との間で大連立に向けて党首会談が行なわれ、国会でのオール与党実現が検討された。オール与党 フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    2011年11月11日、2012年シーズンから江川を巨人ヘッドコーチに起用すべく招聘する案が渡邉恒雄球団会長によって進められていたことが、清武英利球団代表の記者会見で明らかになっているが、江川自身は球団側から正式な要請を受けていないとしており、仮にコーチの話を受けたとしても入団時の経緯もあり、この年のヘッドコーチである岡崎郁に迷惑を掛けられないので「受けないだろう」と江川は述べている。結果、岡崎はヘッドコーチ留任となり、江川の入閣は行われなかった(「清武の乱」参照)。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社問題

    靖国神社問題から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    社としての公式見解は、靖国神社に対する批判派、靖国神社参拝は反対派。読売新聞グループ本社会長の渡邉恒雄は、「産経新聞以外の日本のメディアは戦争の責任と靖国神社等の問題について重要な共通認識をもっている」としている。渡邉自身、首相の靖国神社参拝には反対の立場を取っており、「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである。すべての日本人はいずれも戦犯がどのような戦争の罪を犯したのかを知るべきである。」「今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。…もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す」と述べている。靖国神社問題 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    東京都知事の石原慎太郎は「文明工学的に白痴的」「技術に関してはあの発言は論外」と批評した。読売新聞社会長・主筆の渡邉恒雄も事業仕分けに言及し、蓮舫を非難した。蓮舫は後日、「1位を目指すのは当然で、あえてそう聞くことにより納得のいく答弁が聞けるかと思ったが、残念ながら聞けなかった」という趣旨の発言をしている一方、「我々は削減するとは決めていない」と明言した。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

208件中 151 - 160件表示