208件中 21 - 30件表示
  • ナベツネ

    ナベツネから見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    ナベツネ フレッシュアイペディアより)

  • 後藤基夫

    後藤基夫から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    東大在学中に昭和研究会の教育機関「昭和塾」に入り、三木清の影響を受けた。「室町将軍」と呼ばれた同郷の右翼の大物三浦義一(父親が元大分市長、衆議院議員)と親しく、政界の裏情報にも通じて「書かざる大記者」と呼ばれた。宮沢喜一は後藤を「一番親しい友人」と呼んでいる。「書かざる大記者」ゆえに敵対する政治家の双方から相談を持ち込まれることも多く、政治記者として読売新聞社の渡邉恒雄も一目置く存在だった。後藤基夫 フレッシュアイペディアより)

  • 番記者

    番記者から見た渡辺恒雄渡邉恒雄

    番記者は取材対象者と距離が近くなるため、癒着が生まれることもある。これは政界においては顕著であり、金銭の授受や工作、果ては事件のもみ消しに加担する等の行為が過去に行われた。実際、読売新聞社主筆の渡辺恒雄は、著書「渡辺恒雄回顧録」で政治部記者時代に、1960年に起こった安保騒動で、当時大学生だった樺美智子が圧死する事件が起こった際に、首相官邸裏の官房長官官舎で政府声明の文章を執筆したことを明らかにしている。番記者 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦りさ子

    三浦りさ子から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    1993年8月1日、目黒区内のサレジオ教会にて結婚。挙式で司会を務めた人物は、日本テレビの歌番組『夜も一生けんめい。』で共演した逸見政孝で、媒酌人は当時・夫がキャプテン在任中のヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)を運営する読売グループのドン、渡邉恒雄夫妻。三浦りさ子 フレッシュアイペディアより)

  • 代理人交渉制度

    代理人交渉制度から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    1999年8月の労使交渉で弁護士有資格者に限るという条件付きで、代理人の同席を認める答申が出されて、代理人交渉制度が運用されるようになった。2001年に契約更改交渉の大半を弁護士単独で行っていた日本ハムファイターズの下柳剛について、日本弁護士連合会は2001年1月26日に参稼報酬調停で代理人の出席を認めないのは選手に対する権利侵害であるとともに弁護士業務に対する重要な侵害である旨見解を発表した。最終的に参稼報酬調停における代理人の出席が認められた。読売ジャイアンツの渡邉恒雄オーナー(当時)は12球団の中で最後まで認めていなかったが、渡邉が2004年に辞任して以降は一転し、巨人も代理人交渉制度を容認した。代理人交渉制度 フレッシュアイペディアより)

  • 植木光教

    植木光教から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    京都府生まれ。京都府立京都第一中学校を経て、第三高等学校にて学んだ。その後、東京帝国大学の法学部に入学した。東京大学時代は学生運動に関わり、渡邉恒雄らとともに、共産党勢力を排除した新「新人会」の立ち上げに加わった。またクリスチャンでもあったため、東大YMCA代表も務めた。植木光教 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤次郎

    斎藤次郎から見た渡辺恒雄渡邉恒雄

    2007年11月、自民党の福田康夫と民主党の小沢一郎の間で取り沙汰された、大連立内閣を組む大連立構想において、渡辺恒雄とともに仲立ちした一人として暗に名前があがった。斎藤次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上田健一 (ジャーナリスト)

    上田健一 (ジャーナリスト)から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    1951年早稲田大学政治経済学部卒業。読売新聞の渡邉恒雄とは東京大学新聞研究所(現・東京大学大学院情報学環教育部)の同期で、長きに渡る交友がある。1951年4月毎日新聞東京本社入社。社会部および政治部記者としてキャリアを積み、同社ワシントン支局長、政治部長、論説委員長、大阪副代表兼編集局長を経て、1980年同社取締役に就任、同年主筆兼東京本社編集局長。1983年同社顧問。1965年より1990年まで、随時TBS系列の「JNNニュースコープ」などの番組でニュースキャスターとして出演。1989年4月より10年間桐朋学園大学教授。上田健一 (ジャーナリスト) フレッシュアイペディアより)

  • REGGIE

    REGGIEから見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    かつての球界のドン。先代オーナーが夢見た「純血集団のみによる打倒メジャー」に深く共鳴しており、平山を監督に招聘した後に球団から退く。レジーの活躍を快く思わず、小津のトレードを実現するとともに球団社長に急遽復帰する。モデルは渡邉恒雄REGGIE フレッシュアイペディアより)

  • ピューリッツァー賞 一般ノンフィクション部門

    ピューリッツァー賞 一般ノンフィクション部門から見た渡辺恒雄渡邉恒雄

    渡辺恒雄・小野瀬嘉慈訳『大統領になる方法』(弘文堂、1964年)ピューリッツァー賞 一般ノンフィクション部門 フレッシュアイペディアより)

208件中 21 - 30件表示

「渡辺恒雄」のニューストピックワード