208件中 31 - 40件表示
  • 三浦甲子二

    三浦甲子二から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    魚住昭は、池田勇人退陣(1964年10月)の頃に「三浦の威光は朝日の社内を圧倒していた」としているが、前述のように、この頃、三浦は村山事件で社内の後ろ盾を失い、失脚の危機に立たされていた。魚住は、その理由について「後に社長になる広岡知男に引き立てられ、村山長挙社主の夫人・於藤にもかわいがられていたからだ」としているが、村山事件後の朝日で最も深刻だったのが広岡と村山藤子の対立だった。また、発送部のアルバイトから労組幹部としての活動実績によって記者に抜擢された三浦について、筑紫哲也の言葉として「彼にはナベツネさんのような深刻な左翼体験もありません」と主張した。三浦甲子二 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ホワイティング

    ロバート・ホワイティングから見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    の支援を受けながら通学し、在学中にアメリカへ赴任予定だった読売新聞社勤務の渡邉恒雄に英語を教える家庭教師のアルバイトをした。自由民主党の派閥をテーマとした卒業論文を書き、1969年に学位を取得して上智大学を卒業した。ロバート・ホワイティング フレッシュアイペディアより)

  • 西村欣也

    西村欣也から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    主にプロ野球を専門としている。特に、2004年のプロ野球再編問題では再編反対の論陣を張り、注目を集めた。読売ジャイアンツオーナー(当時)の渡邉恒雄に質問し、「たかが選手が」と返されて注目された。(最も西村の質問である「明日、選手会と代表レベルの意見交換会があるんですけれども、古田選手会長が代表レベルだと話にならないんで、できれば、オーナー陣といずれ会いたいと(言っている)」といった内容は後日古田敦也に発言自体を全面否定されており、捏造を元にした取材であった可能性も指摘されている)西村欣也 フレッシュアイペディアより)

  • 村上勇

    村上勇から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    大野派分裂の際、当時読売新聞の政治部記者で、大野伴睦に食い込んでいた渡邉恒雄は村上を嫌っていたため、後援企業に村上派への政治献金を取り止め、船田派に一本化するよう要請する挨拶状に差出人として名を連ねた。これにより資金パイプがますます細り、一定の効果はあったようである。村上勇 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・コシミズ

    リチャード・コシミズから見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    ・児玉人脈には韓国の朴正煕元大統領、中曽根康弘、渡邉恒雄、山口組三代目組長の田岡一雄、力道山、東声会の町井久之等がいる。リチャード・コシミズ フレッシュアイペディアより)

  • 力石定一

    力石定一から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    広島県尾道市生まれ。旧制三高から旧制東京大学経済学部に進み、学生運動に身を投じる。東大共産党細胞において渡邉恒雄らとの路線闘争を繰り広げ勝利。1948年には武井昭夫、沖浦和光らと全学連(全日本学生自治会総連合)を結成。全学連の理論面での指導者とされた。力石定一 フレッシュアイペディアより)

  • ベロベロベースボール

    ベロベロベースボールから見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    ワタナベ球団社長(渡邉恒雄ベロベロベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 黒田清

    黒田清から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    読売新聞の論調が、当時論説委員長のポストであった渡邉恒雄の主導により東京読売は保守・右派であるが、大阪読売では黒田のスタンスである反権力、反差別、革新・左派色が強く、会社のカラーが合わなくなって来た為、1984年には黒田を干すために編集局次長専任へ異動となり、コラムである「窓」のみしか仕事が無くなった。結果、1987年1月10日に大阪読売を退社。その後は「黒田ジャーナル」を主宰するフリージャーナリストとして、ミニコミ紙「窓友新聞」発行の他、テレビ、ラジオのコメンテーター業、日刊スポーツ・大阪本社版に連載「黒田清のぶっちゃけ・ジャーナル」を、しんぶん赤旗日曜版に連載「半共ジャーナル」等のコラムを執筆して行った。黒田清 フレッシュアイペディアより)

  • 細胞 (政党)

    細胞 (政党)から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    1945年、日本が第二次世界大戦で敗北すると、その後の民主化政策で合法化された共産党は、戦争への反対を貫いたことなどから支持を拡大した。急増した党員はソ連共産党にならって居住地や職場ごとに組織化され、地区や各都道府県の委員会を通じて中央委員会の指令や統率に服することになった。また、各細胞はその職場や学校などで活発に党の活動を行い、労働運動や学生運動で強い影響力を持った。特に東京大学細胞では、後に共産党幹部となった上田耕一郎・不破哲三兄弟の他、共産党を離党してマスコミや経済界や転じた渡邉恒雄、氏家齊一郎、堤清二、それに社会主義の構造改革論者となった安東仁兵衛など、その後の日本社会に影響を与える人材を輩出した。1950年代前半に共産党が武装闘争を展開すると、山村工作隊、中核自衛隊などの軍事行動についても各細胞が実行部隊として携わることになった。細胞 (政党) フレッシュアイペディアより)

  • 超ぽじてぃぶ! ファイターズ

    超ぽじてぃぶ! ファイターズから見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    本気になると後ろに巨大な人物の影が現れる。超ぽじてぃぶ! ファイターズ フレッシュアイペディアより)

208件中 31 - 40件表示

「渡辺恒雄」のニューストピックワード