182件中 41 - 50件表示
  • 黒田清

    黒田清から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    革新・左派色が強いと見られ、渡邉恒雄の意を体した上司に干されるようになった。その結果、1987年退社。読売の派閥闘争に破れた「黒田軍団」は、散り散りになった。その後は「黒田ジャーナル」を主宰するフリージャーナリストとして、窓友新聞発行の他、テレビ、ラジオ、新聞などで活躍。日刊スポーツ・大阪本社版に連載「黒田清のぶっちゃけ・ジャーナル(後に「にゅーすらいだー」と改題)」を、しんぶん赤旗日曜版に連載「半共ジャーナル」を執筆した。黒田清 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇特例会見

    天皇特例会見から見た渡辺恒雄渡邉恒雄

    渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長は、2009年12月19日に出演したテレビ番組で、1ヶ月ルールについて、「官僚的なバカバカしいルール作り。弊習、陋習だ」と批判した。天皇特例会見 フレッシュアイペディアより)

  • 村上勇

    村上勇から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    大野派分裂の際、当時読売新聞の政治部記者で、大野伴睦に喰い込んでいた渡邉恒雄は村上を嫌っていたため、後援企業に村上派への政治献金を取り止め、船田派に一本化するよう要請する挨拶状に差出人として名を連ねた。これにより資金パイプがますます細り、一定の効果はあったようである。村上勇 フレッシュアイペディアより)

  • 大任町

    大任町から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    『週刊文春』によれば、2005年5月度の政府財政制度等審議会財政制度分科会の合同部会における渡邉恒雄による、『福岡県の田川郡は暴力団の町だ』との発言が生まれた背景にあるのは主にこの町のこうした状況のことであり、この発言はこの町のことを主に指しているとしている。大任町 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤隆 (歴史学者)

    伊藤隆 (歴史学者)から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    渡邉恒雄回顧録』(御厨貴共編、中央公論新社、2000年)伊藤隆 (歴史学者) フレッシュアイペディアより)

  • 長老支配

    長老支配から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    渡邉恒雄 読売新聞の主筆。長老支配 フレッシュアイペディアより)

  • 氏家齊一郎

    氏家齊一郎から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    氏家 齊一郎(うじいえ せいいちろう、1926年(大正15年)5月17日 - 2011年(平成23年)3月28日)は、日本の実業家。日本テレビ放送網代表取締役会長、日本民間放送連盟会長、読売新聞グループ本社取締役相談役を歴任。読売新聞グループの総帥である渡邉恒雄の盟友として、同グループ内、特に日本テレビにおいて強大な発言力を有していた。趣味はパソコン。氏家齊一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大野伴睦

    大野伴睦から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    読売新聞の渡邉恒雄は政治記者時代、大野の番記者として寵愛を受け、影響力を拡大することとなった。大野は渡邉が来ると人払いをするほどの関係にあり、渡邉は組閣の際の大野派からの派閥推薦者の選定や、大野の没後、大野派が村上派・船田派に分裂する際にも議員の割り振りにも関与している。大野伴睦 フレッシュアイペディアより)

  • 長岡實

    長岡實から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    1998年(平成10年)に巨人ファンということもあり、渡邉恒雄のバックアップも受けながらプロ野球セントラル・リーグ会長に内定しながら、当時1995年頃の大蔵スキャンダルの風潮もあったのか就任しなかった。さらにこの件は、府立一中の後輩で、その後同じく大蔵事務次官まで上り詰めた吉野良彦が日本銀行総裁就任を固辞したことと併せて、よく引き合いに出されもしたが、当時の斎藤次郎大蔵事務次官ら現役組が吉野、山口光秀、平澤貞昭らを推挙していたのに対して、長岡は当初から自身の次官時代に官房長を勤めた松下康雄を推挙していた。長岡實 フレッシュアイペディアより)

  • 球技 (2ちゃんねるカテゴリ)

    球技 (2ちゃんねるカテゴリ)から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    デフォルト名無しの由来は、元読売ジャイアンツオーナー・渡邉恒雄の再編問題に絡む発言である。ただし実際には「無礼な事を言うな(笑)。分を弁えにゃいかんよ、たかが選手が」が正しい。球技 (2ちゃんねるカテゴリ) フレッシュアイペディアより)

182件中 41 - 50件表示

「渡辺恒雄」のニューストピックワード