208件中 51 - 60件表示
  • エリック・ヒルマン

    エリック・ヒルマンから見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    結局、1998年は一度も登板せずシーズン途中で解雇となった。当時球団オーナーの渡邉恒雄は「金をやるから出ていけ!」と激怒したという。2シーズンに満たない在籍期間で、登板数2試合、投球回数6回で5億円を受け取りながら「俺をミッチェルやグリーンウェルと一緒にしないでくれ」とマスコミに反論し、巨人退団決定後には「巨人に復帰するのが夢だ」とコメント。最後は「肩が治ったら巨人の入団テストを受けに帰って来る」と言い残して日本を去った。退団後のにヒューストン・アストロズ傘下のAA級ラウンドロックで1試合に登板しているが、結局は巨人の入団テストを受けなかった。エリック・ヒルマン フレッシュアイペディアより)

  • 早坂茂三

    早坂茂三から見た渡辺恒雄渡邉恒雄

    1982年に渡辺恒雄と共に、中曽根康弘の首相就任に奔走した。中曽根嫌いの田中が矛を収めたのは早坂の手腕が大きいという。なお、中曽根は首相就任後、渡辺と共に料亭で早坂と面会し、中曽根が土下座し田中や早坂へ賛辞を述べた。早坂茂三 フレッシュアイペディアより)

  • 日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声

    日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    クレジットは「製作担当」であるが、後の東映社長・岡田茂が、入社2年目24歳の時に手掛けた実質的な初プロデュース作品。日本初の「反戦映画」ともいわれる。岡田は、戦死した学友たちの話を後世に残さなければ、学友たちが浮かばれない、と1947年に東京大学協同組合出版部の編集によって出版された東京大学戦没学徒兵の手記集『はるかなる山河に』刊行後から映画化を決意。しかし、東京大学全日本学生自治会総連合の急先鋒でわだつみ会の会長だった氏家齊一郎や、副会長だった渡邉恒雄が「天皇制批判がない」とクレームを付けたり、会社の看板スターで役員でもあった片岡千恵蔵、月形龍之介とも「会社が潰れかかっているのに、この企画では客は来ない」と猛反対を受けた。当時は大物役者がノーと言えば映画は作れない時代であったが、絶対にこの映画は当たると大見得えを切り、マキノ光雄の助け舟もあって1950年、映画を完成させた。手記集の続編として1949年に出版された日本戦歿学生手記編集委員会編『きけわだつみのこえ 日本戦歿学生の手記』(東京大学協同組合出版部)のタイトルに因んで、映画の題名を『日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声』に変更し公開した。本作は珠玉の反戦映画と評価を得て大ヒット、瀬死の状態にあった東横映画を救ったが、当時まだ配給網を持っていなかった東横映画には、あまりお金が入ってこなかったといわれる。しかしこの映画こそ翌1951年創立される東映の原点となり、東映の魂ともなる記念碑的作品となったと評される。日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声 フレッシュアイペディアより)

  • 小林至

    小林至から見た渡辺恒雄渡邉恒雄

    『合併、売却、新規参入。たかが…されどプロ野球!』(宝島社、2004年、一リーグ制・アジアシリーズなどを提言した書。巻末に渡辺恒雄読売巨人軍会長とのインタビューが収録されている。ISBN 4-7966-4431-8)小林至 フレッシュアイペディアより)

  • 川島廣守

    川島廣守から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    渡邉恒雄・読売新聞グループ本社社長とは昵懇な間柄で、そのことに関し、コミッショナー職の中立性を疑問視する声もあった。従来のコミッショナーの前職は野球畑とは別の官界や学界等であったが、セ・リーグ会長からの就任であった。川島廣守 フレッシュアイペディアより)

  • 日本新聞協会

    日本新聞協会から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    渡邉恒雄(1999年6月 - 2003年6月、読売新聞社)日本新聞協会 フレッシュアイペディアより)

  • 主筆

    主筆から見た渡辺恒雄渡邉恒雄

    読売新聞主筆の渡辺恒雄は著書の中で「社長は経営の最高責任者、主筆は筆政(編集部門や論説部門を合わせたものを指すものと見られる)の最高責任者である。」と述べており、同新聞における主筆の役割が垣間見える。主筆 フレッシュアイペディアより)

  • 主筆

    主筆から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    渡邉恒雄(1985年6月26日 - ) - 現職、持株会社会長を兼務主筆 フレッシュアイペディアより)

  • 1960年自由民主党総裁選挙

    1960年自由民主党総裁選挙から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    この総裁選の後、当時、自民党政治家のゴーストライターをやっていた渡邉恒雄に『サンデー毎日』から、「大野伴睦の名前で、池田の金権政治に抗議するという内容の手記を書いてくれ」という注文がきた。大野は鷹揚で「大野さん、『サンデー毎日』から手記を頼まれましたけども、書いていいですか」と渡邉が聞いたら「おう、適当に書いておいてくれ」という調子で、「原稿を見てくれませんか」と言っても「いい、いい、任せた」などと言われた。それで大野の手記の体裁で『サンデー毎日』1960年7月31日号に「陰謀政治は許されない 伴睦ここに大死一番」というタイトルで30枚の記事を書いた。当時の渡邊の原稿料は1枚千円だったが、大野の名前で書いた原稿料は1枚1万円で30万円になった。渡邊の月給は当時2万円だったので、思わぬ大金が入り毎晩後輩記者を飲ませていたら「渡邊が派閥を作っている」と言われたという。なお、大野は池田が一年生ながら大蔵大臣に抜擢された際に、猛反発する党人派を宥めて池田を推したことから、大野と池田は仲が良く、大野が「池田は正々堂々と(?)戦ってくれた。池田に恨みは全くない」と渡邊に「池田に言って衆議院議長を取ってきてくれ」と頼み、渡邊が仲の良い大平に頼んだが、衆議院議長はダメで副総理を予定したが、佐藤栄作が反対し、1962年の第2次池田内閣 (第2次改造)のとき、副総理に就任している。1960年自由民主党総裁選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の読売ジャイアンツ

    2011年の読売ジャイアンツから見た渡邊恒雄渡邉恒雄

    11月11日 - 球団代表の清武英利が、「読売巨人軍のコンプライアンス上の重大な件」として文部科学省記者クラブで会見を行い、同球団のコーチ人事について巨人軍会長の渡邊恒雄が介入し、対立してると批判(清武の乱)2011年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

208件中 51 - 60件表示

「渡辺恒雄」のニューストピックワード