208件中 61 - 70件表示
  • 2005年の読売ジャイアンツ

    2005年の読売ジャイアンツから見た渡邊恒雄渡邉恒雄

    6月23日 - 球団代表取締役会長に前球団オーナーの渡邊恒雄が就任2005年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • TSK・CCCターミナルビル

    TSK・CCCターミナルビルから見た渡辺恒雄渡邉恒雄

    元暴力団関係者が経営しているにもかかわらず、オープニングレセプションは読売新聞社の渡辺恒雄(その後同社会長)が運営委員を務め、司会は後に参議院議員となる女優の山口淑子が務めた。さらにゲストとして町井の後見人の児玉誉士夫と親しい岸信介元首相や園田直衆議院議員などの政界人や、岡田茂三越会長などの財界人、三田佳子などの芸能人から各国の特命全権大使までが駆けつけた。TSK・CCCターミナルビル フレッシュアイペディアより)

  • 氏家齊一郎

    氏家齊一郎から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    氏家 齊一郎(うじいえ せいいちろう、1926年(大正15年)5月17日 - 2011年(平成23年)3月28日)は、日本の実業家。日本テレビ放送網代表取締役会長、日本民間放送連盟会長、読売新聞グループ本社取締役相談役を歴任。読売新聞グループの総帥である渡邉恒雄の盟友として、同グループ内、特に日本テレビにおいて強大な発言力を有していた。趣味はパソコン。氏家齊一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 長岡實

    長岡實から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    1998年(平成10年)に巨人ファンということもあり、渡邉恒雄のバックアップも受けながらプロ野球セントラル・リーグ会長に内定しながら、当時1995年頃の大蔵スキャンダルの風潮もあったのか就任しなかった。さらにこの件は、府立一中の後輩で、その後同じく大蔵事務次官まで上り詰めた吉野良彦が日本銀行総裁就任を固辞したことと併せて、よく引き合いに出されもしたが、当時の斎藤次郎大蔵事務次官ら現役組が吉野、山口光秀、平澤貞昭らを推挙していたのに対して、長岡は当初から自身の次官時代に官房長を勤めた松下康雄を推挙していた。長岡實 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大学大学院情報学環教育部

    東京大学大学院情報学環教育部から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    渡邉恒雄(読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆)東京大学大学院情報学環教育部 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本プロ野球

    2012年の日本プロ野球から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    読売ジャイアンツは元代表の清武英利による球団会長の渡邉恒雄への告発問題で名誉を棄損されたとして、巨人と球団親会社の読売新聞グループ本社が清武に対し計1億円の損害賠償を求めた民事裁判の第1回口頭弁論が東京地方裁判所で開かれた。巨人・読売サイドと清武サイドの双方が対決姿勢2012年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本プロ野球

    2005年の日本プロ野球から見た渡邊恒雄渡邉恒雄

    6月23日 - 巨人の球団代表取締役会長に前球団オーナーの渡邊恒雄が就任2005年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 山藤章二

    山藤章二から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    読売新聞グループ本社会長の渡邉恒雄については権力を誇っていた1990年?2004年の読売新聞社長兼主筆時代に風刺の対象にしている。山藤章二 フレッシュアイペディアより)

  • 椿事件

    椿事件から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    椿は1982年に業界雑誌において「これまで報道が公平公正だと思ったことは一度もない」「東大安田講堂事件の時は学生たちに共感していた」と発言していたことが友人だった渡邉恒雄により指摘されており、渡邉は椿を偏向報道の確信犯と批判し、「日本のテレビ史に汚点を残した」と評している。椿事件 フレッシュアイペディアより)

  • 今道友信

    今道友信から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    東京生まれ。父は支店長も務めた銀行員。父の転勤で山形に移り住み、旧制鶴岡中学に入学。弁論大会で1年乙組代表として参加、「いそしむことの尊さ」を弁じて入賞。乙組の級長であった。担任は原子英太郎。中学2年2学期から高知の旧制城東中学に編入。中学4年で受験に失敗、5年までいた。東京府立一中補習科に在籍し、旧制成城高校、旧制一高を経て、1948年、東京大学文学部哲学科卒業、出隆の指導を受けた。読売新聞会長の渡邉恒雄は後輩で当時から交流があった。今道友信 フレッシュアイペディアより)

208件中 61 - 70件表示