208件中 71 - 80件表示
  • いしいひさいち

    いしいひさいちから見た渡邊恒雄渡邉恒雄

    特に読売新聞社の渡邊恒雄は、町内会長ナベツネツネオ(その実体は超人ワンマンマン)として「ののちゃん」に登場し、読売トップが朝日連載マンガの準レギュラー化するという事態に至った。この渡邊、日本の総理大臣であった中曽根康弘、朝鮮民主主義人民共和国の指導者であった金正日、広岡など当初は悪意をこめて描かれていた人間が長期化するうちに不思議な愛嬌をおびてくるという現象も顕著である。いしいひさいち フレッシュアイペディアより)

  • 中山泰秀

    中山泰秀から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    渡邉恒雄 - 読売新聞主筆中山泰秀 フレッシュアイペディアより)

  • フランク・正三・馬場

    フランク・正三・馬場から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    1995年4月21日、東京・六本木のアークヒルズ・ANAインターコンチネンタルホテル東京で昔世話になった日本の記者やジャーナリスト達による馬場と妻・文枝への感謝のパーティーが催され、井深大、渡邉恒雄、筑紫哲也、嶌信彦、そのほかの元ワシントン特派員など多くが参加している。フランク・正三・馬場 フレッシュアイペディアより)

  • 1964年自由民主党総裁選挙

    1964年自由民主党総裁選挙から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    もう一つが渡邉恒雄であった。渡邊は大野伴睦と親しい間柄であったが、総裁選で激しい党内争いをしていたとき、副総裁だった大野が脳溢血で倒れた。そのとき大野派では、総裁選で池田を推すか佐藤を推すかで派内で大議論の最中だった。渡邉は池田支持だったため、病床の大野に「あなたは佐藤には騙されたことがあるが、池田には騙されたことがない。今回も池田を支持すべきだ」と話したが、大野はかなり容体が悪く返事がない。渡邊は秘書の山下勇や中川一郎と仕掛け、大野が権力を維持するためには、大野が元気で、しっかり意思表示できるという証明がいると、まず面会謝絶にして、大野が毎日俳句を作っていることにしてそれを記者会見で発表した。俳句は多少心得のあった大野の第3秘書が書いた。その後、渡邉が大野事務所に行き「大野さんは池田支持に決めた」とみんなに言うと幹部の船田中や原健三郎が「大野先生の意向は決まった」と叫び、大野派40名が池田支持に回った。大野派の支持がなければ池田にとっては微妙な戦いだった。渡邊はこの功績によって池田に可愛がられるようになり、大野派を継いだ船田派番となり、旧大野派の窓口になって池田に直接閣僚人事を交渉したという。1964年自由民主党総裁選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 原寿雄

    原寿雄から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    2007年の衆参ねじれ国会の中起きた大連立構想の動きに対し、渡邉恒雄原寿雄 フレッシュアイペディアより)

  • 練馬大根ブラザーズ

    練馬大根ブラザーズから見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    渡邉恒雄がモデルで、「ドナベナベ」と呼ばれる。大根畑にドーム球場を建設しようとヒデキを誘う。ゴシップ記事の捏造を繰り返し訴えられたり、問題発言を繰り返しテレビ等のマスメディアで著名であったりする。女子ソフトボールチーム「練馬ドナベーズ」のオーナーでもある。実は大泉チルドレンの一人だったが、「時間が掛かりすぎた」と大泉に消されかける。練馬大根ブラザーズ フレッシュアイペディアより)

  • 落合信子

    落合信子から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    結果的に守備位置が重複してしまう博満は、出場機会を選び、巨人からの退団を決断。博満の名誉を保ちながら綺麗な形で退団させるかについて球団は苦慮し、渡邉恒雄オーナー自らが、博満と会見(一種のセレモニー)まで行っている。信子はこの場に同席し、オーナーに花束を渡されている。この模様はテレビでも大々的に取り上げられた。博満は日本ハムファイターズに移籍した。落合信子 フレッシュアイペディアより)

  • 九頭竜川ダム汚職事件

    九頭竜川ダム汚職事件から見た渡辺恒雄渡邉恒雄

    12月:ダム建設による水没補償問題で、水没鉱山主の依頼により児玉誉士夫と渡辺恒雄が電発との仲介をはじめる。九頭竜川ダム汚職事件 フレッシュアイペディアより)

  • 大野伴睦

    大野伴睦から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    読売新聞の渡邉恒雄は政治記者時代、大野の番記者として寵愛を受け、影響力を拡大することとなった。大野は渡邉が来ると人払いをするほどの関係にあり、渡邉は組閣の際の大野派からの派閥推薦者の選定や、大野の没後、大野派が村上派・船田派に分裂する際にも議員の割り振りにも関与している。大野伴睦 フレッシュアイペディアより)

  • 内山斉

    内山斉から見た渡邉恒雄渡邉恒雄

    北海道札幌市出身。北海道札幌西高等学校、日本大学文学部社会学科卒業。1957年4月、読売新聞社入社。地方部を中心に記者として活動する。制作局を担当していた当時、印刷拠点の分散化を経営トップに進言して功績が認められる。のちに渡邉恒雄から後継者指名を受ける。内山斉 フレッシュアイペディアより)

208件中 71 - 80件表示