228件中 91 - 100件表示
  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た天皇杯全日本サッカー選手権大会

    読売グループでは、1968年のメキシコオリンピックで日本代表が銅メダルを獲得したことによるサッカー人気の高まりに乗る形で、1969年に読売サッカークラブを創設。1977年からは当時のトップリーグである日本サッカーリーグ (JSL) 1部に昇格し、1980年代にはJSLや天皇杯を何度も制する強豪チームに育て上げていた。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た葬儀

    『私の死亡記事』(文藝春秋 2004年)という本の中では、自分の死去はカラスを打ち落とそうとして、屋根から転落死(実際、自宅の庭に置いてある野鳥のエサを食べに来たカラスをゴム鉄砲で打ち落そうとしたが、石につまづいて大怪我をした事がある。その後、それが元で日本野鳥の会を除名された)。葬儀は音楽葬の形式で、また、読売ジャイアンツが2000年から2019年に亘って20連覇し、2018年には長嶋茂雄が世界最年長のプロ野球監督としてこの年新設された“ノーベルスポーツ賞”を初受賞する事が、最大の私への餞別だと記載している(ただし、この分野のノーベル賞は2010年現在、現実には存在しない)。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見たクラシック音楽

    前述の通り、政界では中曽根康弘との親交の深さが殊に有名。ほかにも、大手新聞社の実力者であることを武器に、様々な分野において影響力を発揮してきた。趣味は読書(哲学書など。新進気鋭の哲学者の著書は必ず目を通すという)とクラシック音楽鑑賞。ハムスターを飼っている。葉巻とパイプ、野鳥の餌付けをこよなく愛する。TVドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(橋田壽賀子脚本)の大ファン。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た東日本大震災

    2011年、3月11日に発生した東日本大震災の影響でプロ野球の開幕が当初の3月25日の予定から延期になることについて、3月16日の読売巨人軍激励会の挨拶で、「この前の大戦争で負けた後、選手、監督から3カ月でやりたいという声が上がってプロ野球をやった歴史もある」と話し、予定通り25日の開幕を主張した。また延期を決めたパ・リーグに対しては「こういう時には何もやらない方が良いというなら勝手にしろ」と話したが。その後セ・リーグもパ・リーグ同様4月12日に開幕になったが渡邉は「いいんじゃないか。もう、しゃあない。(国などが)ガーガー言ってるんだから」と話した。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た百里飛行場

    1977年、編集局総務(局長待遇)に就任、同年2月18日付の『読売新聞』社説は百里基地訴訟一審判決の違憲立法審査権の存在意義を説いていたが、1981年7月8日付紙面では一転し、二審判決の統治行為論を支持して裁判所の政治介入を制限する主張に変わった。読売新聞が渡邉の主張を取り入れて、中道から保守に傾斜していく過程の一エピソードである。同年、取締役論説委員長に就任した。1984年からは元旦の社説を執筆するようになった。1991年に読売新聞社社長、横綱審議委員、1999年には日本新聞協会会長に就任した。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た博文館新社

    『ポピュリズム批判――直近15年全コラム』(博文館新社, 1999年)渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た大阪近鉄バファローズ

    2004年、パ・リーグにおいて、人気が低迷していた大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブ(現:オリックス・バファローズ)の間に合併話が持ち上がった。更に、同リーグの福岡ダイエーホークスと西武ライオンズ親会社の経営危機による身売り説が飛び交っていた。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た東洋経済新報社

    『永田町見聞録――政界・派閥・権力の実像』(編著, 東洋経済新報社, 1980年)渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た文藝春秋

    『私の死亡記事』(文藝春秋 2004年)という本の中では、自分の死去はカラスを打ち落とそうとして、屋根から転落死(実際、自宅の庭に置いてある野鳥のエサを食べに来たカラスをゴム鉄砲で打ち落そうとしたが、石につまづいて大怪我をした事がある。その後、それが元で日本野鳥の会を除名された)。葬儀は音楽葬の形式で、また、読売ジャイアンツが2000年から2019年に亘って20連覇し、2018年には長嶋茂雄が世界最年長のプロ野球監督としてこの年新設された“ノーベルスポーツ賞”を初受賞する事が、最大の私への餞別だと記載している(ただし、この分野のノーベル賞は2010年現在、現実には存在しない)。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た弘文堂

    『派閥――保守党の解剖』(弘文堂, 1958年/増補版, 1964年)渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

228件中 91 - 100件表示

「渡辺恒雄」のニューストピックワード