228件中 21 - 30件表示
  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た一場靖弘

    8月13日、プロ野球再編騒動の最中に、明治大学の一場靖弘をめぐる裏金事件が発覚。渡邉は土井誠球団社長、三山秀昭球団代表とともに責任をとって辞任、滝鼻卓雄読売新聞東京本社社長にオーナーの座を譲った。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見たいしいひさいち

    アクの強いキャラクターのため、いしいひさいちの四コマ漫画ではよくネタとして取り上げられており、朝日新聞(朝刊)連載中の四コマ漫画ののちゃんに、町内会長のナベツネツネオ(時にワンマンマンというヒーローに変身する)として、準レギュラーで登場している。ナベツネツネオは人差し指を立てて円を描くように振り回しながら「バカヤロー、バカヤロー」と連呼するのが特徴。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た岡崎郁

    2011年11月11日、清武英利巨人軍専務取締役球団代表兼ゼネラルマネージャー・編成本部長・オーナー代行は「読売巨人軍のコンプライアンス上の重大な件」とする記者会見を行い、球団が発表した岡崎郁ヘッドコーチの留任について、渡邉がそれを覆し江川卓をヘッドコーチに決めたことについて、「ツルの一声で決めてしまうなど、球団を私物化するようなことがあっていいものか」として渡邉を批判している。なお、清武は同年11月18日に全ての役職から解任されている。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た三浦知良

    1992年、読売サッカークラブを母体に「ヴェルディ川崎(現「東京ヴェルディ」)」を設立し、翌1993年に正式スタートした日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に参加。三浦知良・ラモス瑠偉などの人気選手を擁して優勝し、初代チャンピオンの栄誉を獲得した。なお、1993年8月1日に目黒区内のサレジオ教会で行われた三浦と日テレの歌番組出演していた設楽りさ子の結婚式では、媒酌人も務めた。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た正力亨

    渡邉自身、元々野球について詳しくなく、巨人軍の経営に参加するようになったのは、読売新聞社副社長時代の1989年に球団内で組織された最高経営会議のメンバーに選ばれてからである(他のメンバーは務臺光雄(同社名誉会長)・小林與三次(同社社長)・正力亨(巨人軍オーナー))。1991年に務臺が死去した後しばらくは沈黙していた渡邉だったが、務臺の一周忌が済むとその発言が徐々に球界に強い影響力を及ぼすようになり、1996年に正力を名誉オーナーに祭り上げる形で自身がオーナーに就任。「野球はやったこともなく興味もなかった」と公言するも、その後野球界をすばやく学習し、これまでの巨人軍の人気、資金、読売新聞と日本テレビ放送網という巨大メディアを背景に、影響力のあるチームオーナーとして球界に君臨、コミッショナーの人事も決める男と言われた。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た小泉純一郎

    盟友の中曽根を強引に引退させた小泉純一郎政権に対しては極めて批判的であった。小泉首相の靖国神社参拝に際し、「もしもメルケル(ドイツ首相)がヒトラーの墓参りをしたらどうなるのか」「(靖国神社の)遊就館は非常に有害な場所であり、あれは閉鎖しなければならない。産経新聞を除いて日本のメディアは戦争の責任と靖国神社等の問題について重要な共通認識をもっている」「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである。今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。…もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す」と答えている。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見たアンゲラ・メルケル

    盟友の中曽根を強引に引退させた小泉純一郎政権に対しては極めて批判的であった。小泉首相の靖国神社参拝に際し、「もしもメルケル(ドイツ首相)がヒトラーの墓参りをしたらどうなるのか」「(靖国神社の)遊就館は非常に有害な場所であり、あれは閉鎖しなければならない。産経新聞を除いて日本のメディアは戦争の責任と靖国神社等の問題について重要な共通認識をもっている」「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである。今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。…もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す」と答えている。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た日本共産党

    東京大学在学中の1945年12月に日本共産党に入党を申し込む。日本青年共産同盟の同盟員としてビラ貼りや演説会の勧誘など下積みのような活動を経験して、1947年頃、正式な党員として認められる。東大学生細胞(共産党が地域・職場などに設けた末端組織の旧称)に所属し、他大学でも演説を行い党員を増やしたが、1947年12月、自ら離党届を提出し、結果的に離党ではなく除名される。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た日本新聞協会

    株式会社読売新聞社社長、株式会社読売巨人軍オーナー、社団法人日本新聞協会会長などを歴任した。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た横綱審議委員会

    1977年、編集局総務(局長待遇)に就任、同年2月18日付の『読売新聞』社説は百里基地訴訟一審判決の違憲立法審査権の存在意義を説いていたが、1981年7月8日付紙面では一転し、二審判決の統治行為論を支持して裁判所の政治介入を制限する主張に変わった。読売新聞が渡邉の主張を取り入れて、中道から保守に傾斜していく過程の一エピソードである。同年、取締役論説委員長に就任した。1984年からは元旦の社説を執筆するようになった。1991年に読売新聞社社長、横綱審議委員、1999年には日本新聞協会会長に就任した。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

228件中 21 - 30件表示

「渡辺恒雄」のニューストピックワード