228件中 41 - 50件表示
  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た中央公論新社

    日本新聞協会会長。経営難に陥った「中央公論社」の営業権を買収し、中央公論新社を設立。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見たりそな銀行

    1934年(昭和9年)、恒雄が8歳のとき、不動貯金銀行(旧協和銀行の前身・現りそな銀行)に勤めていた父・平吉が東京・杉並区の自宅玄関で突然吐血、胃がんで一週間後に死去した。父が残した十一軒の貸家からの家賃収入で当面の生活費には困らなかったが、稼ぎ手をなくした一家には将来の生活の不安が重くのしかかった。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た朝日新聞社

    東京大学文学部哲学科卒業後は読売新聞社に採用試験次席で入社(その年の採用試験首席は、後に作家となる三好徹)。東京新聞の採用試験にも合格している。また、「朝日新聞社に入社したかったが採用試験で不採用になった」と週刊朝日のインタビューで答えている。「中央公論」の入社試験も不合格となっており「頭が良すぎて採用されなかった」と、こちらもリップサービスなのか不明。なお、中央公論に関しては渡邉が読売新聞社長時代に買収している。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た協和銀行

    1934年(昭和9年)、恒雄が8歳のとき、不動貯金銀行(旧協和銀行の前身・現りそな銀行)に勤めていた父・平吉が東京・杉並区の自宅玄関で突然吐血、胃がんで一週間後に死去した。父が残した十一軒の貸家からの家賃収入で当面の生活費には困らなかったが、稼ぎ手をなくした一家には将来の生活の不安が重くのしかかった。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た三好徹

    東京大学文学部哲学科卒業後は読売新聞社に採用試験次席で入社(その年の採用試験首席は、後に作家となる三好徹)。東京新聞の採用試験にも合格している。また、「朝日新聞社に入社したかったが採用試験で不採用になった」と週刊朝日のインタビューで答えている。「中央公論」の入社試験も不合格となっており「頭が良すぎて採用されなかった」と、こちらもリップサービスなのか不明。なお、中央公論に関しては渡邉が読売新聞社長時代に買収している。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た飯尾潤

    伊藤隆, 御厨貴, 飯尾潤 『渡邉恒雄回顧録』(中央公論新社)ISBN 4-12-002976-X渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た御厨貴

    伊藤隆, 御厨貴, 飯尾潤 『渡邉恒雄回顧録』(中央公論新社)ISBN 4-12-002976-X渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た堀内恒夫

    2003年オフに、原が監督を辞任して堀内恒夫の監督就任したが、これについて渡邉は「読売グループ内の人事異動だ」と発言した1渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た伊藤隆 (歴史学者)

    伊藤隆, 御厨貴, 飯尾潤 『渡邉恒雄回顧録』(中央公論新社)ISBN 4-12-002976-X渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見た高史明

    日本共産党山村工作隊を取材するため奥多摩のアジトに潜入し、拘束されるも、無事解放される。このとき隊のリーダーだった人物が、『生きることの意味』の著者、高史明であったという。このスクープが認められて政治部に異動。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

228件中 41 - 50件表示

「渡辺恒雄」のニューストピックワード