渡辺明 ニュース&Wiki etc.

渡辺 明(渡邊 明、わたなべ あきら、1984年4月23日- )は、将棋棋士。永世竜王の資格を保持。所司和晴門下。棋士番号は235。 (出典:Wikipedia)

「渡辺明」Q&A

  • Q&A

    渡辺明さんは電子機器の持ち込み禁止令の後の勝率悪いように思うんですがどうですか? 僕…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月30日 05:50

  • Q&A

    第25回 今思いついた有名人を2人答えてください。 ルールは思い付いた有名人を即答で…

    [続きを読む]

    回答数:37質問日時 - 2016年11月28日 21:27

  • Q&A

    あなたは技巧を使ってどの程度この知恵ノートを書くために検証しましたか。 このように…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年11月28日 17:44

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「渡辺明 (棋士)」のつながり調べ

  • 将棋界

    将棋界から見た渡辺明 (棋士)

    七番勝負のタイトル戦における3連敗4連勝が一度もなかったこと(囲碁界では以前から何度も発生している)。1978年の第17期十段戦(中原誠対米長邦雄)で米長が3連敗3連勝し、2006年(2005年度)の第55期王将戦(羽生善治対佐藤康光)では佐藤が3連敗3連勝したが、いずれも最終局で負けていた。→ 2008年12月、第21期竜王戦で渡辺明が羽生を相手に3連敗4連勝を達成(防衛)。また、そのわずか9か月後の2009年9月にも、第50期王位戦で深浦が木村一基を相手に達成(防衛)。(将棋界 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤能

    伊藤能から見た渡辺明 (棋士)

    その他にも、要所要所で見せ場を作っている。第19回全日本プロ将棋トーナメント1回戦(2000年6月16日)では、後に初代永世竜王となる渡辺明に棋士人生初の黒星を喫させ、第61期順位戦・C級2組3回戦(2002年8月20日)では、第30回将棋大賞・連勝賞を受賞した山崎隆之の連勝を16で止めさせた。(伊藤能 フレッシュアイペディアより)

「渡辺明 (棋士)」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「渡辺明」のニューストピックワード