前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
149件中 1 - 10件表示
  • 2017年度の将棋界

    2017年度の将棋界から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    8日 - 第30期竜王戦挑戦者決定戦が行われ、羽生善治二冠(対松尾歩八段)が勝利し渡辺明竜王への挑戦権を獲得。2017年度の将棋界 フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ将棋

    コンピュータ将棋から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2005年6月2日にBonanza ver.1.0が公開。その棋力の高さは公開直後から渡辺明が自身のブログで「プロが平手で餌食になった」「奨励会有段者クラスがコロコロ負けているらしい」とたびたび話題にし、渡辺自身も「10秒将棋だと10回に1、2回はやられる」と述べた。将棋倶楽部24でのレーティングは約2400。(Pentium4 2GHz,1手 18秒)コンピュータ将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年度の将棋界

    2016年度の将棋界から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    15・16日 - 第29期竜王戦七番勝負第1局が行われ、渡辺明竜王が先勝(渡辺明竜王 1-0 丸山忠久九段)。2016年度の将棋界 フレッシュアイペディアより)

  • 順位戦

    順位戦から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    第75期順位戦(2016年度)より、B級2組以下の対局については、ストップウォッチ計時による1分未満の消費時間切り捨てから、チェスクロック計時(実際はタブレット端末を使うため「タブレットクロック」とも呼ばれる)による1分未満の消費時間算入に改められた。これは、主として記録係を担当する奨励会員の高学歴化が進み、学校を休む必要がある者が増えたためである。少しでも負担を軽くするため、日をまたぐ対局を極力減らし、記録係がなるべく宿泊せず帰宅できるようにする目的がある。このルール変更により、終局が「(平均すると)1時間は早くなりそう」と渡辺明は予想している。また、同年6月から他の棋戦を含め昼食・夕食休憩がそれぞれ50分から40分に減らされた(タイトル戦は従前どおり1時間である)。これも同じく、対局時間短縮の意図がある。これらの変更により、両者がバランス良く持ち時間を使い切ると、B級2組以下では23時20分ごろ、A級とB級1組では0時30分ごろに両者1分将棋に突入することになる。順位戦 フレッシュアイペディアより)

  • 阿久津主税

    阿久津主税から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    5?6歳ごろに父親より将棋を教わるが、それほど専念はしていなかった。小学4年生ごろ、父親の転勤により東京都町田市に転居し、父に連れられ将棋会館へ顔を出すようになる。それから子どもスクールに通い卒業、八王子将棋クラブへ通うころにはすっかり将棋に熱心になっていた。小学5年生で、研修会に入る。同学年の佐藤慎一が奨励会を受験するのを聞き、自身も奨励会試験を受けることを意識するようになり、小学6年生9月期で入会を果たす。同奨励会試験の1位は渡辺明で2位は橋本崇載だった。阿久津主税 フレッシュアイペディアより)

  • 糸谷哲郎

    糸谷哲郎から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    第59回(2009年度)NHK杯戦で、3人の永世称号資格者(谷川浩司=十七世名人資格者、森内俊之=十八世名人資格者、渡辺明=永世竜王資格者)を破り、永世六冠の資格を持つ羽生善治名人と決勝で戦うが、敗れて準優勝となった。なお、準決勝の対・渡辺戦では、糸谷得意の早指しに渡辺も早指しで対抗して対局が早々と終了したため、放送時間の後ろに久々に臨時番組が挿入された(「NHK杯将棋名局選」 = 丸田祐三九段による昔のNHK杯戦の解説)。糸谷哲郎 フレッシュアイペディアより)

  • Bonanza

    Bonanzaから見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2005年6月にver.1.0が公開。その棋力の高さは公開直後から渡辺明が自身のブログで「プロが平手で餌食になった」「奨励会有段者クラスがコロコロ負けているらしい」とたびたび話題にし、渡辺自身も「10秒将棋だと10回に1、2回はやられる」と述べた。また、コンピュータらしくない自然な手を指すとの評が確立した。棋力の指標となる将棋倶楽部24でのレイティングは2006年当時で2400以上(アマチュア五段相当=主要アマチュア棋戦の県代表争いレベル)に達した。Bonanza フレッシュアイペディアより)

  • 谷川浩司

    谷川浩司から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2007年度、2008年度と、タイトル戦登場も優勝もない年度が続いたが、2009年度はJT将棋日本シリーズで優勝し、同棋戦での最多優勝記録を6に更新した。なお、前年度獲得賞金・対局料ランキング13位だった谷川には、もともと日本シリーズへの出場権がなかったが、渡辺明(竜王として出場予定)が近親者から新型インフルエンザを感染している可能性があって欠場したため、繰り上げ出場した。優勝後のインタビューでは、「本来、出場できる立場ではなかった」とし、優勝賞金(500万円)は主催者や連盟と相談の上、小学生への普及のために使ってほしいとの旨を語った。そして、翌年の9月に3000セット(東京都に2000セット、大阪市に1000セット)の将棋盤と駒を寄付した。谷川浩司 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生世代

    羽生世代から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    竜王戦は創設翌年の第2期に羽生が獲得して以来、「羽生世代」の棋士が七番勝負に登場しなかったことが、ほとんどない。第17期(2004年度)で渡辺明が竜王を獲得して以降、05年に木村一基七段(当時)が挑戦した以外は、羽生世代の誰かが渡辺に挑戦する構図となっている。第26期(2013年度)で森内が竜王を奪還、渡辺の竜王10連覇を阻止した。羽生世代 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤天彦

    佐藤天彦から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2011年4月21日、第24期竜王戦3組準決勝で富岡英作に勝ち、4期連続昇級で2組への昇級を決めるとともに六段に昇段(2組昇級・連続2回昇級による)。その1週間後(2011年4月28日)、第82期棋聖戦本戦決勝(挑戦者決定戦)で深浦康市と戦うが敗れ、タイトル初挑戦を逃す。なお、本戦決勝に勝ち進む中で、二次予選で森内俊之・木村一基らに勝ち、本戦では渡辺明・郷田真隆らに勝っている。第24期竜王戦3組では決勝でも勝ち、初の組別優勝と本戦進出を果たす(本戦初戦で2組2位の山崎隆之に敗れる)。10月、第42回新人王戦決勝三番勝負で豊島将之を下し、2度目の優勝。佐藤天彦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
149件中 1 - 10件表示

「渡辺明」のニューストピックワード