前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示
  • Bonanza

    Bonanzaから見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2005年6月にver.1.0が公開。その棋力の高さは公開直後から渡辺明がブログで「プロが平手で餌食になった」「奨励会有段者クラスがコロコロ負けているらしい」とたびたび話題にし、渡辺自身も「10秒将棋だと10回に1、2回はやられる」と告白した。また、コンピュータらしくない自然な手を指すとの評が確立した。棋力の指標となる将棋倶楽部24でのレイティングは2006年当時で2400以上(アマチュア五段相当=主要アマチュア棋戦の県代表争いレベル)に達した。2011年10月、Bonanza を6台クラスタリングしたボンクラーズはレーティング3300を超え、将棋倶楽部24の最高記録を作った。Bonanza フレッシュアイペディアより)

  • 阿久津主税

    阿久津主税から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    幼稚園か小学一年になる頃に、父親より将棋を教わるがそれほど専念はしていなかった。小学4年生ごろ、父親の転勤により東京都町田市に転居し、父に連れられ将棋会館へ。それから子どもスクールに通い卒業、八王子将棋クラブへ通うころにはすっかり将棋に熱心になっていた。小学5年生で、研修会に入る。同学年の佐藤慎一が奨励会を受験するのを聞き、自身も奨励会試験を受けることを意識するようになり、小学6年生9月期で入会を果たす。同奨励会試験の、1位は渡辺明で2位は橋本崇載。阿久津主税 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本崇載

    橋本崇載から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    渡辺明らと同世代で、有望な若手棋士の一人と評される。子供教室講師の経験者でもあり、立会解説を行うなど、将棋普及にも熱心である。橋本崇載 フレッシュアイペディアより)

  • 竜王戦

    竜王戦から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    永世称号である永世竜王は、竜王位を連続5期もしくは通算7期以上保持した棋士に与えられる。2012年11月現在、永世竜王の資格を持つ棋士は渡辺明のみ。但し羽生善治が通算6期で永世竜王に王手をかけており、あと1期獲得すると竜王を含む7大タイトル全てで永世称号を与えられる事となる。しかし2002年に失冠して以降10年間、羽生は竜王位から遠ざかっている。竜王戦 フレッシュアイペディアより)

  • 中村太地

    中村太地から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    第23期(2010年度)竜王戦で6組優勝(5組昇級)。渡辺明竜王への挑戦権を争う本戦トーナメントでは、初戦で戸辺誠に敗れる。中村太地 フレッシュアイペディアより)

  • 永瀬拓矢

    永瀬拓矢から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    奨励会三段リーグには第43回(2008年度前期)から参加。当時中学3年生であったため、1期目で四段昇段すれば「中学生棋士」(過去には加藤一二三・谷川浩司・羽生善治・渡辺明)となるところであったが、13勝5敗の好成績を収めるも昇段には届かなかった。永瀬拓矢 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤天彦

    佐藤天彦から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2011年4月21日、第24期竜王戦3組準決勝で富岡英作に勝ち、4期連続昇級で2組への昇級を決めるとともに六段に昇段(2組昇級・連続2回昇級による)。その1週間後(2011年4月28日)、第82期棋聖戦本戦決勝(挑戦者決定戦)で深浦康市と戦うが敗れ、タイトル初挑戦を逃す。なお、本戦決勝に勝ち進む中で、二次予選で森内俊之・木村一基らに勝ち、本戦では渡辺明・郷田真隆らに勝っている。第24期竜王戦3組では決勝でも勝ち、初の組別優勝と本戦進出を果たす(本戦初戦で2組2位の山崎隆之に敗れる)。佐藤天彦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2003年度、第51期王座戦では、10代で羽生より一回り以上若い挑戦者・渡辺明五段を迎える。1勝2敗とされてからの2連勝で辛くも防衛。最終第5局では、終盤で勝ちが確実となったときに手が激しく震え、駒をまともに持てなかった。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤康光

    佐藤康光から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2007年、第78期棋聖戦で渡辺明竜王の挑戦を3-1で退けて防衛し、6連覇。一方、同年の竜王戦では、逆に渡辺に2年連続で挑戦するも2-4で再び奪取に失敗し、三冠制覇のチャンスを逃す。互いに自分のタイトルを防衛・連覇し合う結果となった。佐藤康光 フレッシュアイペディアより)

  • 谷川浩司

    谷川浩司から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2007年度、2008年度と、タイトル戦登場も優勝もない年度が続いたが、2009年度はJT将棋日本シリーズで優勝し、同棋戦での最多優勝記録を6に更新した。なお、前年度獲得賞金・対局料ランキング13位だった谷川には、もともと日本シリーズへの出場権がなかったが、渡辺明(竜王として出場予定)が近親者から新型インフルエンザを感染している可能性があって欠場したため、繰り上げ出場した。優勝後のインタビューでは、「本来、出場できる立場ではなかった」とし、優勝賞金(500万円)は主催者や連盟と相談の上、小学生への普及のために使ってほしいとの旨を語った。そして、翌年の9月に3000セット(東京都に2000セット、大阪市に1000セット)の将棋盤と駒を寄付した。谷川浩司 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示

「渡辺明」のニューストピックワード