86件中 31 - 40件表示
  • 阪田流向かい飛車

    阪田流向かい飛車から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    後に小林健二や木屋太二によって改良された。その後、やや下火になるも、現代では流行している一手損角換わりと序盤の出だしが共通していることもあり、特に先手の趣向で序盤で▲7八金△9四歩の交換が入った場合、これらが後手が飛車を振る際にポイントになる手なので、後手が阪田流にすることも多く、佐藤康光、渡辺明、山崎隆之らが採用している。しかし、前述の通り、急戦策は成立しづらい為、前線に出た金で模様を良くし、持久戦を志向する。阪田流向かい飛車 フレッシュアイペディアより)

  • 振り飛車穴熊

    振り飛車穴熊から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    三間飛車穴熊・中飛車穴熊では左銀を4六に活用したあと袖飛車から攻める筋がある他、後手番なら△6四銀?△4五歩から四間飛車に転じ、千日手含みで指す矢倉流が有力で、矢倉規広により体系化され渡辺明らが用いている。振り飛車穴熊 フレッシュアイペディアより)

  • 妙手

    妙手から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2006年の第19期竜王戦第3局。先手佐藤康光対後手渡辺明戦の△7九角。妙手 フレッシュアイペディアより)

  • 熊坂学

    熊坂学から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    第30回(2001年度後期)三段リーグで、13勝5敗で大平武洋に次ぐ2位に入り、24歳で四段昇段。ちなみに三段リーグでは、当時中学3年生で後に永世竜王となる渡辺明と2度対戦し、いずれも勝利している。熊坂学 フレッシュアイペディアより)

  • 伊奈祐介

    伊奈祐介から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    第14期(2001年度)竜王戦6組で、渡辺明、松尾歩らを破り優勝(5組昇級)。決勝トーナメントでも2勝を挙げる。同年度、第51回NHK杯戦で本戦初出場し、南芳一を相手に1勝を挙げる。伊奈祐介 フレッシュアイペディアより)

  • 所司和晴

    所司和晴から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    プロ入りした門下生に渡辺明、松尾歩、宮田敦史、石田直裕、伊奈川愛菓(女流棋士)、渡辺弥生(女流棋士)らがおり、所司門下の奨励会員も多いため、同じく弟子の多い森信雄と並べて「平成の名門」あるいは「東の所司、西の森信」などと呼ばれる。所司和晴 フレッシュアイペディアより)

  • 小田切秀人

    小田切秀人から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    プロ棋士が来ることもあり、棋友館主催の将棋大会では渡辺明が大会の商品として扇子や色紙を寄贈している。小田切秀人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    第51期(2010年度)王位戦では、予選から勝ち進みリーグ入り。リーグ戦(紅組)では最終局で渡辺明竜王との3勝1敗同士での決戦で勝利。さらに挑戦者決定戦では、白組優勝の羽生善治名人を破り、タイトル初挑戦(六段昇段)。深浦康市王位との七番勝負においては得意戦法の四間飛車穴熊を多用し、4勝2敗2千日手で奪取に成功(2010年9月2日)。23歳にして初タイトル・王位を獲得した(七段昇段)。大学生のタイトル獲得は史上初である(当時4年生・在学6年目)。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁・将棋フォーカス

    囲碁・将棋フォーカスから見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    第1回(囲碁)の最後のトークで石田秀芳は「あっという間の30分」、「もっともっと長くやっていたい」と述べ、第2回(将棋)の最後のトークでは渡辺明が「30分、あっという間で」、「解説がばたばたして」と感想を述べた(前身の番組「囲碁・将棋ジャーナル」より実質10分短縮されている)。囲碁・将棋フォーカス フレッシュアイペディアより)

  • 新人王戦 (将棋)

    新人王戦 (将棋)から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    新人王が先手となるが、1999年の藤井猛、2005年の渡辺明は新人王戦の途中に竜王を獲得し八段まで昇段していたため、特例として振り駒が行われた。新人王戦 (将棋) フレッシュアイペディアより)

86件中 31 - 40件表示

「渡辺明」のニューストピックワード