86件中 41 - 50件表示
  • 羽生世代

    羽生世代から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    竜王戦は創設翌年の第2期に羽生が獲得して以来、「羽生世代」の棋士が七番勝負に登場しなかったことが、ほとんどない。第17期(2004年度)竜王戦で渡辺明が竜王を獲得して以降、05年に木村一基七段(当時)が挑戦した以外は、羽生世代の誰かが渡辺に挑戦する構図となっている。羽生世代 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋幸緒

    石橋幸緒から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    書道では石橋開雲と号する。旧知の仲の渡辺明が竜王位に就き揮毫をする機会が増えた頃、石橋が渡辺に書道の指南をした。NHK将棋講座「渡辺竜王の居飛車対振り飛車」(2007年度前期)では石橋が聞き手で、題字も石橋のものである。石橋幸緒 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉涼子

    千葉涼子から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2003年度から2005年度までの3年間、NHK杯テレビ将棋トーナメントで司会・聞き手を務めたが、その最後となる丸山忠久と渡辺明の決勝においては、頭の回転の速さや手が見える才能を遺憾なく発揮する。渡辺の63手目、▲3三桂不成と捨てる派手な妙手を(桂不成と桂成との違いがあったものの)ズバリと言い当て、解説の米長邦雄を驚嘆させる。米長は、「お、すごいね。それだよ! それ!それだ!!!」と叫んだ。そして渡辺が実際にその手を指したとき、米長は千葉に対して拍手をし、「素晴らしい一手を当てたとか感動を与えたとき、NHKから賞は出るの?」と言う。それに対して千葉は、間髪入れずに「実は出ないんですねー」。さらには、丸山の70手目△3四同銀(銀を犠牲にして自陣の安全などを得る好手)も言い当て、米長は「強いじゃないかー。今日は、もう、特別賞!」と褒めたが、千葉は、またも間髪入れずに「年間の失言で割り引かれて、マイナスのほうが……」とコメント。千葉涼子 フレッシュアイペディアより)

  • 山口恵梨子

    山口恵梨子から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    6歳・小学1年生のときアマ四段の父親に将棋を習う。その1週間後に地元の将棋まつりでプロ(当時七段の先崎学)に十枚落ちで教わり、プロのすごさに感動する。このときから早くも女流棋士になることを志し、毎日将棋道場に通いつめるようになる。そして、小学3年生のころにはアマ二段となり、二枚落ちでプロ(当時四段の渡辺明)に教わることができるほどまで上達する。山口恵梨子 フレッシュアイペディアより)

  • 棒銀

    棒銀から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    プロの対局でもしばしば現れ、加藤一二三、木村一基、渡辺明らは振り飛車に対して棒銀戦法を得意としている。棒銀 フレッシュアイペディアより)

  • 横歩取り3三角

    横歩取り3三角から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    内藤の指し方がそのまま定跡となり、しばらくは空中戦法と称される激しい攻め合いがこの戦型の特徴であったが、先手が中住まいに構えて後手の速攻を封じる指し方が登場し、後手の側にも修正が迫られるようになった。やがて中原誠が内藤流と中原囲いをミックスさせた新戦法を開発し一時代を築いたが、先手側の対策が進行した結果これも衰退した。後に飛車を8四の浮き飛車ではなく8五の高飛車に構える中座流(横歩取り8五飛)が登場し、丸山忠久や渡辺明らトップ棋士が好んで採用する流行戦法として三度復活を遂げた。現在では中座流に対する先手の対策が進み、以前ほどの人気はなくなったが、一部の棋士が細かい試行錯誤を積み重ねてなおも指し続けられている。横歩取り3三角 フレッシュアイペディアより)

  • 横歩取り8五飛

    横歩取り8五飛から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    横歩取り8五飛は、上記の丸山の例以外でもタイトル戦の大舞台でもたびたび現れる戦法となった。劇的な一手で勝負がほぼ決してしまうこともあり、2004年の名人戦(森内俊之が羽生善治から名人位を奪取)における▲7四歩、2004年竜王戦(渡辺明が森内俊之から竜王位を奪取)における△3七歩などはその例であろう。横歩取り8五飛 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋世界

    将棋世界から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    森内俊之・渡辺明・久保利明・広瀬章人・郷田真隆・豊島将之の6名の棋士に同一の局面などの質問をし、それぞれの見解を聞く企画。将棋世界 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬川晶司

    瀬川晶司から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2006年10月10 - 11日(現地時間)に、アメリカ・サンフランシスコで行われた第19期竜王戦第1局では記録係を務めたが、2日目の昼休憩に寝入ってしまい、休憩明けの開始時間に遅刻し対局が時間どおりに進まなくなるハプニングを引き起こした。この竜王戦にて他の関係者は交代で仮眠を取っていたが、記録係は対局中に交代できないため、時差ボケ解消のための仮眠は休憩時にしか取れなかった。休憩後に竜王の渡辺明が指そうとしたとき、記録係の瀬川がいなかったため指すことを控えた。立会人の深浦康市がストップウォッチを用意していたところで瀬川が入室し対局が再開された(ちなみにこの対局は渡辺竜王(当時)が1分将棋になった末に負けたが、その後勝ち越してタイトルは防衛している)。主催紙の読売新聞では、紙面にてこのトラブルを「前代未聞の事態」と報じた。瀬川晶司 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋のアマチュア棋戦

    将棋のアマチュア棋戦から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    羽生善治、佐藤康光、森内俊之、屋敷伸之、渡辺明らが輩出。将棋のアマチュア棋戦 フレッシュアイペディアより)

86件中 41 - 50件表示

「渡辺明」のニューストピックワード