149件中 41 - 50件表示
  • 小田切秀人

    小田切秀人から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    プロ棋士が来ることもあり、棋友館主催の将棋大会では渡辺明が大会の商品として扇子や色紙を寄贈している。小田切秀人 フレッシュアイペディアより)

  • 保木邦仁

    保木邦仁から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2007年に、Bonanzaとプロ棋士の渡辺明竜王の特別対局が組まれ話題となった。保木邦仁 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋ニュースプラス

    将棋ニュースプラスから見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    レディースオープントーナメント2006決勝三番勝負解説 - 佐藤天彦、戸辺誠、渡辺明、阿久津主税将棋ニュースプラス フレッシュアイペディアより)

  • 天下一将棋会

    天下一将棋会から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    この演出に関しては日本将棋連盟棋士の渡辺明竜王が実際にプレイし高評価を与えている。渡辺の感想では「ただ将棋を指すだけでなく、対局中の玉の囲いなどの派手な演出もすばらしかったし、たとえ初心者であっても安心して対局ができる」とのこと。この感想については、公式サイトで「インタビュー動画」として掲載されている。天下一将棋会 フレッシュアイペディアより)

  • 竹部さゆり

    竹部さゆりから見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    渡辺明の奨励会入門試験では試験官として対戦した。渡辺はこの対局に勝利し奨励会入りを決めた。竹部さゆり フレッシュアイペディアより)

  • 将棋の時間

    将棋の時間から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    2010年3月7日放送の第59期NHK将棋トーナメント準決勝「渡辺明 対 糸谷哲郎」の対局及び感想戦が早く終了した際に初めて放送された。解説は丸田祐三、聞き手は蛸島彰子であった。内容は、過去のNHK杯将棋トーナメントの名局(ラジオ放送時代の第1回NHK杯決勝戦の木村義雄と升田幸三との対局)を取り上げての解説であった。放送時間は20分であった。初回の放送では、なお、電子番組ガイド(EPG)では「NHK杯将棋トーナメント」とは分離されており別番組扱いであった。将棋の時間 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁・将棋フォーカス

    囲碁・将棋フォーカスから見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    第1回(囲碁)の最後のトークで石田秀芳は「あっという間の30分」、「もっともっと長くやっていたい」と述べ、第2回(将棋)の最後のトークでは渡辺明が「30分、あっという間で」、「解説がばたばたして」と感想を述べた(前身の番組「囲碁・将棋ジャーナル」より実質10分短縮された)。囲碁・将棋フォーカス フレッシュアイペディアより)

  • 石田和雄

    石田和雄から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    棋士となった弟子は、「教授」のニックネームがある勝又清和を筆頭に、2004年小学生将棋名人戦で 渡辺明以来となる4年生で優勝した佐々木勇気、門倉啓太、高見泰地、渡辺大夢と多数。その他、奨励会員にも弟子が多い。2014年度 赤旗名人の天野貴元やAWAKE開発者の巨瀬亮一など。石田和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部健治郎

    阿部健治郎から見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    兄弟子同様、序盤の研究家として知られ、阿部の考えた新手がトップ棋士に採用されることも多い。代表的な例は、第21期竜王戦第7局において、渡辺明竜王が採用した阿久津流急戦矢倉渡辺新手3三銀などがある。阿部自身も「新手を発信する立場でいたい」と発言している。阿部健治郎 フレッシュアイペディアより)

  • 相横歩取り

    相横歩取りから見た渡辺明 (棋士)渡辺明 (棋士)

    第84期(2013年度)棋聖第2局(渡辺対羽生戦)では、相横歩取りに誘導した後手の羽生に対し、渡辺は▲7七桂と跳ねて、飛車交換のない比較的穏やかな順を選んだ。結果は86手で羽生が勝利した。相横歩取り フレッシュアイペディアより)

149件中 41 - 50件表示

「渡辺明」のニューストピックワード